リベンジウェディング ネタバレ41話【漫画】娘に近付かないと心に決めたセヤラ
スポンサーリンク

漫画『リベンジウェディング』41話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
セヤラの子育てとは…?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『リベンジウェディング』41話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「リベンジウェディング」40話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
スポンサーリンク

リベンジウェディング41話の見どころと注目ポイント!

子育てに挫折したセヤラ

セヤラは必死に子育てをしようとしていました。

しかしメルケディアが熱を出しただけで責められたり、オシャレにしか興味がないと貶されたりしているうちに、自分でもダメな母親だと思い込んでしまいます。

その結果、彼女は娘に近付かないようにしようと心に決めたのでした。

スポンサーリンク

リベンジウェディング41話のあらすじ込みネタバレ

セヤラはあまりにも世間知らずだった

セヤラは産後も変わらない美しさを持て囃されると同時に、オシャレにしか興味がないダメな母親だと周囲の人々に陰で非難され続けていました。

それでもセヤラはメルケディアにオシャレをさせ続けました。

そうでなければメルケディアが不機嫌になってしまうからです。

 

そんなある日、メルケディアが熱を出しました。

人々は皆、セヤラを母親失格だと責め続けたのです。

イザークにも怒られてしまいました。

 

憔悴しきったセヤラは、自分がダメな母親なのだと思い込んでしまいます。

子どもなんて産まなきゃよかったと思っていました。

何をしても人々から非難されてしまい、何をしたら正解なのか、何を持っていい母親だと言えるのか、セヤラには分かりませんでした。

 

どんな子育てが正しいのかも分かりません。

よちよち歩きをするメルケディアが転んでしまうことも、そのくらい世間ではよくあることなのだと知らないのです。

メルケディアが泣く姿を見る度に、セヤラも涙を堪えていました。

 

良いと思ってやったことが全て裏目に出てしまい、セヤラはますますやつれていきます。

頭をぶつけて泣くメルケディアを見ては傷薬がないと焦り、メイドにお願いするしかないとあたふたしました。

子どもを産んで母になっても、セヤラ・サーシャであることに変わりなかったのです。

 

メルケディアの体調が回復してからは、今後娘の傍には近付かないと心に決めました。

解雇した乳母を呼び戻し、自分の代わりに世話をさせたのです。

数年後、メルケディアが初めて魔法を使った日がありました。

 

笑顔で魔法を見せてくる我が子に、セヤラは自分の感情を上手く伝えることができませんでした。

気持ちを言葉にできなかったセヤラは、無理やりメルケディアの髪を切ってしまったのです。

突然母親に無理やり髪を切られたメルケディアは、当然恐怖に怯えて号泣しました。

 

セヤラはそんな我が子を慰めることしかできませんでした。

子どもの世話をまともにできず、子どもと向き合ってこなかったセヤラ。

何が子どものためになるのかということさえも彼女には分かっていませんでした。

メルケディアが両親に怒りをぶつける

だからこそ勝手な行動に走ってしまったのです。

しかしセヤラは、これが娘のためだと信じて疑いませんでした。

時は現在に戻り、泣き出すセヤラをイザークがなだめています。

 

その姿をメルケディアは困惑して見つめていました。

普通ならあんな場所で結婚させるということ自体危険だということに気付くでしょう。

呆れたようにそう呟くメルケディアに、セヤラは反論しようとしました。

 

それを止めたのはイザークです。

それでも特に問題はなかっただろうとメルケディアに尋ねました。

あまりにも勝手な言葉が信じられず、メルケディアはブチ切れそうになります。

 

無理やり結婚させておいて問題ないとはいったいどういうつもりなのでしょうか。

それも適当に用意した相手をあてがっただけです。

あなたたちは娘の意思なんて一切考えていないのだとメルケディアは両親を突き放しました。

 

イザークとセヤラはメルケディアの言葉に黙り込み、言葉に詰まったように娘を見つめました。

メルケディアにはまだまだ言いたいことがあります。

続きはピッコマで!

スポンサーリンク

リベンジウェディング41話の感想

セヤラは不器用だったんですね。

周囲から監視されるような環境で初めての子育ては精神的にとてもキツいと思います。

助けてくれないのに口だけ出すなんて迷惑でしかないですよね!

 

そう割り切れるほど世の中を知らなかったセヤラは気の毒です。

そんな母に振り回されたメルケディアも可哀想ですね。

親子の会話が気になります。

まとめ

今回は漫画『リベンジウェディング』41話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

リベンジウェディングの41話のまとめ
  • セヤラは周囲からの中傷から子育てに挫折し、メルケディアの世話を乳母に任せていました。
  • 子どもとの向き合い方が分からず、何が子どものためになるのかも分かっていません。
  • そんな両親に、メルケディアが不満をぶつけます。

≫≫次回「リベンジウェディング」42話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら



スポンサーリンク