皇帝の一人娘 ネタバレ92話【ピッコマ漫画】カイテルの隣で眠りにつくアリアドネ
スポンサーリンク

漫画『皇帝の一人娘』92話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
カイテルはアリアドネを側に呼び寄せると…!?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『皇帝の一人娘』92話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「皇帝の一人娘」91話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
スポンサーリンク

皇帝の一人娘92話の見どころと注目ポイント!

親子で就寝

二人はいつものように一緒に寝ようとします。

しかしアリアドネが横になったのは、カイテルから少し離れた場所でした。

カイテルはアリアドネを呼び寄せます。

近付いてきたアリアドネを、まるで大事なものに触れるかのように優しく、カイテルが抱き締めました。

スポンサーリンク

皇帝の一人娘92話のあらすじ込みネタバレ

カイテルはアリアドネを抱き寄せて…?

来ないのか?とカイテルがアリアドネに尋ねました。

すでに二人とも同じベッドに入っているのに何を言っているのかとアリアドネはきょとんとします。

二人の間に微妙な距離があるので、隣まで来いという意味かとアリアドネは解釈しました。

 

せっかくこんなに広いベッドなのに不思議です。

くっついて寝たら広さがもったいないとアリアドネは思いました。

しかしカイテルは黙ったままじっとアリアドネを見ています。

 

無言の圧力をかけてくるカイテルに呆れました。

バカバカしいと思いながらも、アリアドネはベッドの上を転がってカイテルの隣まで辿り着きます。

カイテルの隣に横たわって、じっとカイテルの目を見つめました。

 

これで満足だろうかと考えていると、カイテルがそっとアリアドネを抱き締めます。

突然のことに、アリアドネは驚きました。

温もりにホッとして、思わず笑みが零れます。

 

嬉しいか?とカイテルが問いかけ、アリアドネがうん!と答えました。

カイテルは微笑みながらアリアドネを抱き寄せています。

結局いつもこの安堵感にやられてしまうとアリアドネは思いました。

 

昔はこの腕が窮屈で仕方なかったのに、落ち着くようになるとは不思議です。

人の適応能力はすごいと改めてアリアドネは思いました。

今では一人で寝るのが寂しいくらいです。

 

カイテルはアリアドネが喜んでいる姿を見て、満足そうに小さく笑います。

そこへ、思い出したようにアリアドネが声を上げました。

来月パパ誕生日だねと話しかけたのです。

誕生日プレゼントについて話をする父娘

プレゼント何がいい?と笑顔を浮かべました。

言えばなんでももらえるのか?とカイテルが真顔で答えます。

何も聞かなかったことにしてくれと呟き、アリアドネはすごすごと引き下がりました。

 

そういえばこの人は皇帝です。

欲しい物の質問なんて愚問でしかありませんでした。

誕生日にやった騎士団はなぜ使わないのかと、逆にカイテルがアリアドネに尋ねます。

 

アリアドネは驚き、私があの騎士団を上手く活用できると思っているのかと聞き返しました。

カイテルは即答で頷きます。

いつ何に使うというのか、アリアドネは尋ねてみました。

 

カイテルはアリアドネの顔をじっと見つめて考えます。

騎士団と隠れんぼ?とカイテルは疑問形で答えました。

そんなことで由緒正しい騎士団を使ってもいいのかとアリアドネは衝撃を受けます。

 

パパ…よくまだ部下が残ってるね…とアリアドネは思わず呟きました。

カイテルの下では絶対に働きたくないと思っていたのです。

自分だったらすぐに辞めるとアリアドネは確信していました。

 

困惑したようなリアルなアリアドネの表情を見て、カイテルは無言になります。

やがて、早く寝なさいと声を掛けました。

返す言葉もないのかとアリアドネは心の中で笑います。

 

ぐっすり寝るようにとカイテルが囁き、アリアドネの額に優しくキスをしました。

アリアドネも微笑んで、おやすみなさいとカイテルに伝えます。

これも最初は慣れなかったものの、今となっては日常の一コマでした。

 

気持ちよく寝れそうだと思い、アリアドネは幸せそうな顔で目を閉じます。

アリアドネの頭を撫でるカイテルの手は、少し雑ですがあたたかいものでした。

アリアドネの意識がだんだん遠のいていきます。

スポンサーリンク

皇帝の一人娘92話の感想

カイテルがアリアドネを溺愛しているのが一目で分かるシーンだらけです…!

そもそも溺愛していなければ、カイテルは一緒のベッドで眠ろうとしない気がします。

カイテルはイケメンだし、アリアドネは可愛いし、眼福です!

こんなに愛されていても、アリアドネには溺愛されている自覚は芽生えないのでしょうか。

まとめ

今回は漫画『皇帝の一人娘』92話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

皇帝の一人娘の92話のまとめ
  • カイテルとアリアドネはベッドに横たわりました。
  • 少し離れていたアリアドネをカイテルが呼び寄せてそっと抱き締めます。
  • 額にキスされ、アリアドネは幸せな気持ちで眠りに落ちました。

≫≫次回「皇帝の一人娘」93話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら



スポンサーリンク