皇帝の一人娘 ネタバレ103話【ピッコマ漫画】天才の教え方とは…?アリアドネの衝撃!
スポンサーリンク

漫画『皇帝の一人娘』103話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
アシシがアリアドネに剣術を教えてくれようとしますが…?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『皇帝の一人娘』103話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「皇帝の一人娘」102話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
スポンサーリンク

皇帝の一人娘103話の見どころと注目ポイント!

アリアドネが剣を学ぼうと思ったのは…

アリアドネが剣術を教えてほしいとアシシに頼んだのは、自分の身を自分で守れるようにしなければという思いからでした。

危険だからという理由でアシシは反対します。

さらにカイテルにまで遠回しにお前には無理だと告げられてしまい、アリアドネは駆け出します。

その場を離れたかったからで、まさかアシシが追ってきて声を掛けてくるとは夢にも思いませんでした。

スポンサーリンク

皇帝の一人娘103話のあらすじ込みネタバレ

アシシがアリアドネを追いかけてきた理由

アリアドネは走りすぎてぐったりしていました。

茂みの陰に息を切らせて座り込みます。

自分でも自分の体力のなさに変に感心してしまいました。

 

後ろからアシシが大丈夫かと声を掛けます。

アシシがついてきていたことに気付かなかったアリアドネは飛び上がるほど驚きました。

どうしてついてくるんだとアリアドネはアシシを睨みます。

 

アシシは何かを決意したような顔をしていました。

自分が剣術を指導するとアリアドネに伝えます。

アリアドネは耳を疑い、さっきまで危ないと言っていたくせに!とアシシにつっかかりました。

 

もちろん心配ではあるが、学びたいという意思を尊重しようと思うとアシシは真剣に答えます。

自分が教えた方が安心かとも思いますしと付け加えました。

自分の意思を尊重してくれるというアシシの言葉を、アリアドネは噛み締めます。

 

その代わり本当に気を付けてくれとアシシは念を押しました。

分かった!とアリアドネは元気よく返事をします。

アグリジェント最高の黒騎士から剣術を教わることができるなんて夢のようです。

 

アシシの才能をこんなことに使わせるということへの後ろめたさはありましたが、自分の護衛なんだしいいだろうとアリアドネは自分に言い訳しました。

アシシは木刀を握り、アリアドネにも小さな木刀を握らせます。

よくご覧になってくださいとアリアドネに声をかけ、アリアドネも気合を入れてアシシを師匠と呼びました。

木刀を握ったアシシ

アシシは木刀を握っても様になるなとアリアドネは感心します。

実は剣術というのはさほど難しいものではないので、基本さえしっかり身につけられたらあとは少しの運動神経でどうにでもなるのだとアシシは語りました。

アリアドネはアシシを舐めていたということを、直後に思い知ります。

 

アシシはだてに天才と呼ばれているわけではありませんでした。

アシシは剣を握ってみせます。

このように剣を掴み、こうやって振りかざせば…と話しながら、木刀を振るってみせました。

 

アシシの先にあった木がスパッと綺麗に斬れたのです。

ほら、簡単でしょう?とアシシはアリアドネに笑いかけます。

アリアドネは目が点になっていました。

 

今握っているのは木刀じゃなかったのかと心の中で突っ込みます。

少し練習すれば皇女様にもできるようになると告げて、アシシは嬉しそうに笑顔を浮かべました。

えっと…とアリアドネは言葉に詰まりながら、ただ握って振りかざすだけ…?と震える声で尋ねます。

 

アシシは迷わずはいと答えました。

アリアドネはイラッとして、アシシは人に何かを教えたことないでしょう?と尋ねます。

そんなことないとアシシは慌てて否定しました。

 

たまに騎士たちや兵士たちに教えることがあるそうです。

しかしアシシはふと思い出したようでした。

そういえば自分が教えると、みんな途中で泣き出したり逃げ出したりすることが多々あったと悲しそうな顔をします。

 

そこまで難しい訓練ではなかったはずなのだが、自分の教え方が少し悪かったのかもしれないとアシシはアリアドネに伝えました。

少しどころではありません。

習う側の意欲を完全に喪失させる才能があるとアリアドネは心の中で呟きます。

 

皇女様のことは自分が最後まで責任を持って教えると伝えようとしたアシシにアリアドネは…?

続きはピッコマで!

スポンサーリンク

皇帝の一人娘103話の感想

本人に才能があっても、教えるとなればまた別問題ですよね。

アシシが人に教えている姿はあまり想像がつきません。

やはり天才というだけあって、感覚で身につけたものなのでしょうか?

 

せっかく教えてくれるという話になっても、これではアリアドネがやる気をなくしそうです。

本人にその自覚がないのがまた辛いですね。

まとめ

今回は漫画『皇帝の一人娘』103話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

皇帝の一人娘の103話のまとめ
  • 逃げ出したアリアドネをアシシが追ってきて、自分が剣術を教えるとアリアドネに伝えました。
  • 驚くアリアドネでしたが、ありがたく教えてもらうことにします。
  • しかしアシシの教え方は天才の感覚そのもので、アリアドネには到底理解できませんでした。

≫≫次回「皇帝の一人娘」104話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら



スポンサーリンク