皇帝の一人娘 ネタバレ122話【ピッコマ漫画】ドランステとアリアドネの賭けは継続中!?
スポンサーリンク

漫画『皇帝の一人娘』122話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
ドランステの正体を当てるためのヒントとは…?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『皇帝の一人娘』122話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「皇帝の一人娘」121話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
スポンサーリンク

皇帝の一人娘122話の見どころと注目ポイント!

一人納得するドランステ

アリアドネはまた突然現れたドランステに、母親がブレティの人だったらしいと話しました。

ブレティという名前をドランステは知らなかったそうですが、北の魔女王国と呼ばれている国だと聞いて納得したように微笑みます。

以前、ドランステがアリアドネに見えるのは、血統によるものだとドランステは説明していました。

やはりアリアドネの血筋の影響だったようです。

スポンサーリンク

皇帝の一人娘122話のあらすじ込みネタバレ

アリアドネが特別だった理由

アリアドネは乳幼児だった頃を思い出します。

今は喋れるからいいものの、当時は本当にもどかしかったのです。

何よりドランステが自分にしか見えないということがずっと不思議でした。

 

アリアドネの身体に流れる魔女の血が精霊の血と合わさって刺激を受けたのだろうとドランステは推測します。

確かに赤ん坊の頃から普通じゃないとは思っていたと伝えてニヤリと笑いました。

つまり今までのおかしな現象は全部そのせいだったということかとアリアドネは問いかけます。

 

自分にドランステが見えることや、ドランステに自分の心の声が聞こえること、子どもの頃から考えがハッキリしていたのもすべてその影響なのかと考えると腑に落ちるような気がしました。

そうじゃなきゃあそこまで物事を理解できる赤ん坊がいるわけないだろうとドランステは笑います。

身体能力はまったくダメだったのにとアリアドネは不思議に思いました。

 

精神面での発達はずば抜けていましたが、身体的には普通の赤ちゃんだったからです。

寝返りやハイハイができるようになるまでも長くて、平凡そのものでした。

言葉を話すのが少し早かったのは、一人前になりたかったアリアドネの努力の賜物です。

 

とにかくアリアドネはドランステから聞いた話に驚き、同時にワクワクしていました。

私は魔女だったんだ!と思ったのです。

それじゃあ私は魔法が使えるのかと目をキラキラさせてドランステに尋ねました。

 

しかしドランステは調子に乗るなと一刀両断します。

血が混ざっているくらいで魔法が使えるわけがないと話すのです。

ドランステの口調にイラッとしながらも、アリアドネは自分を抑えました。

ヒントとは…

それで分かったのか?とドランステがアリアドネに尋ねます。

一瞬なんのことか分かりませんでしたが、アリアドネはすぐにドランステと賭けをしていたことを思い出しました。

すっかり忘れていましたが、賭けはまだ続いているようです。

 

ドランステの正体なんてさっぱり分かりません。

手がかりもないし誰も知らないのに、どうやって正体を調べろというのかとアリアドネは困惑しました。

ヒントもなくドランステの正体を当てるなんて無理に等しいと主張します。

 

ドランステは少し考えると、それなら一つヒントをやるとアリアドネに伝えました。

アリアドネは本当かと聞き返します。

まさかこんなに素直に応じてくれるとは思いませんでした。

 

アリアドネはヒントに期待しましたが、ドランステからのヒントは力と権力の象徴という抽象的な言葉でした。

いったい何のことだとアリアドネはさらにわけがわからなくなります。

その後アリアドネは急いでペルデルの授業にやってきました。

 

宿題を提出し、宿題に目を通したペルデルはうむ…と呟きます。

3つ目は誰に聞いたのか分かる気がすると漏らしました。

アリアドネは苦笑します。

 

ドランステと話していて時間がなくなったので、結局カイテルに聞いた内容をそのまま書いて提出したのです。

どうかと思う内容ではありますが、間違ってはいないから良いかと思ったのでした。

そういえばダンスのレッスンも受けるのかとペルデルが話しかけます。

 

アリアドネは頷きました。

もうすぐカイテルの誕生日なので練習するようにとセルイラから聞いていたのです。

それを聞いたペルデルは顔を輝かせました。

 

嫌な予感を覚えたアリアドネは…?

続きはピッコマで!

スポンサーリンク

皇帝の一人娘122話の感想

アリアドネが生まれてすぐに考えがしっかりしていたりドランステと心の中で会話したりしていたのは転生の影響か何かかと思っていました。

アリアドネの血筋のせいだったんですね。

魔女の血を引いているなら魔法を使えたらいいのにと思いますが、そんな簡単な問題でもなさそうです。

 

ドランステのヒントは役に立つのでしょうか?

力と権力の象徴っていうと…ライオンとかイヌワシとかしか思いつきません…。

まとめ

今回は漫画『皇帝の一人娘』122話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

皇帝の一人娘の122話のまとめ
  • ドランステの説明を聞いたアリアドネも、驚きながらも納得しました。
  • 賭けについてドランステは、とても抽象的なヒントをくれます。
  • ペルデルの授業に向かったアリアドネは、3人から聞いたことを書いた宿題を提出しました。

≫≫次回「皇帝の一人娘」123話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら



スポンサーリンク