廃妃に転生した私は小説を書く ネタバレ119話【韓国漫画】皇帝に隠し事は通用しない
スポンサーリンク

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』119話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
衛がずっと隠し事をしていることを気にしていた皇帝ですが、全て打ち明けることを決意した衛でした…。
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『廃妃に転生した私は小説を書く』119話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「廃妃に転生した私は小説を書く」118話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
スポンサーリンク

廃妃に転生した私は小説を書く119話の見どころと注目ポイント!

愛する衛がずっと自分に隠し事をしているのであろうと思ってはいましたが、触れずに来た皇帝。

骨の髄まで愛しているのでもう全て包み隠さずに話してほしいと懇願します。

一方男尊女卑の考えが激しい余家で今までずっと冷遇されていた余美人の処遇にも変化が起こります…!

スポンサーリンク

廃妃に転生した私は小説を書く119話のあらすじ込みネタバレ

衛に身分が正式に保証される

いままで身分がなかったがためによくないことが起きてしまったと考える皇帝は、急いで衛に身分を保証する書類を作成します。

嬉しいがそこまで急がなくとも、という衛に対して、今まで何か事情があるのだろうとは気づいていたが、敢えて深く話を聞かないようにしていた皇帝。

衛は本当のことを言って皇帝に嫌われないかと心配をしていますが、もう既に骨の髄まで衛を愛しているという皇帝は、もうこの思いを変えようがないと伝えます。

この物語の真実

本来囲碁に例えるのであればこの世が「基盤」だとすれば、衛は月曼金の「石」のような存在だったのです。

しかし学を持っていた「石」である衛が「意思」を持ち始め、反逆を始めたのでこの物語の中で衛を排除しようとしたようです。

どんなにひどいことをされても、愛を知り、その辛さを耐え抜いたことにより大きく物語を変化させてきたのが衛の存在でした。

 

物語は読者がいてこそ成り立つもので、この物語の読者はこの地の市民にあたるそう。

月曼金は余喗陰の狂気的な人物設定により読者を魅了してきたのですが、衛は読者を奪うために物語を変えようと考えました。

余は今まで京城一の色男と言われていましたが、衛は余が二度と側室を取れないようにすることと雷家のご子息に代理であることをしてもらうことにより、京城を征服しようと思い付いたのです。

衛の計画の実行

一方余家では余喗陰の祖母と名乗る人物が外で、余喗陰は余家のものではなく、自分の孫であることを大声で叫びながら泣きわめいていました。

衛はその役を自分の祖母に演じさせたのでした。

ちょうど噂にもなり始め、このことに関してはこれ以上騒ぎ立てられたくない余家は鎮めようとするのですが、ちょうどその頃余家に皇帝が到着したのでした。

 

皇帝は、自身の皇后が余美人から素晴らしいもてなしを受けたのでそのお礼を伝えに来たが、その感謝は余美人に対してのもので、余家に対するものではないと言います。

今までの余美人への対応はなかったかのように、余美人への感謝は余家への感謝と同じだという余美人の祖母ですが、今までの余美人への冷遇、余家の男尊女卑が激しい環境を知っていた皇帝は、その手のひらを返したかのような対応の変化を指摘するのでした。

 

衛の祖母が騒ぎ立てたのも後押しして、余喗陰は実の孫ではないと余美人の祖母に白状させた皇帝です。

衛の祖母は衛の命を奪おうとしたり、全財産を奪ったりと今までひどい事ばかりしてきたのですが、そんな祖母もうまく利用した衛は、一枚上手なのでした。

そしてこれで晴れて余美人の存在は認められ、あとは雷家のご子息と結ばれるのでした…。

スポンサーリンク

廃妃に転生した私は小説を書く119話の感想

衛は自分のことを利用した身内までもうまく利用して、物語を書き換えたのですね…。

学があり、心も優しい今の衛を皇帝が骨の髄までほれ込むのはよく理解できますね。

余美人も、これからは雷家のご子息と仲良く、美味しいご飯を日々食べて幸せに暮らしてほしいです。

 

二人のご子息が生まれる日も、近いかもしれませんね!

これからクライマックスに向けて、どうなっていくのか楽しみです。

まとめ

今回は漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』119話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

廃妃に転生した私は小説を書くの119話のまとめ
  • 皇帝が衛の身分を保証する書類を作成してくれ、皇帝に今までのことを全て話す衛です。
  • 衛の祖母を雇い、余家に波乱を起こします。
  • 余美人はもう冷遇を受けることなく、雷家のご子息と結ばれます。

≫≫次回「廃妃に転生した私は小説を書く」120話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら



スポンサーリンク