皇帝の一人娘 ネタバレ132話【ピッコマ漫画】冬の樹の下でアリアドネはハーベルに遭遇!
スポンサーリンク

漫画『皇帝の一人娘』132話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
アリアドネとハーベルの会話の内容とは…?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『皇帝の一人娘』132話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「皇帝の一人娘」131話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
スポンサーリンク

皇帝の一人娘132話の見どころと注目ポイント!

冬の樹の先客

外の景色に冬の気配を感じ、アリアドネはアシシとともに冬の樹へ向かいました。

アリアドネはすっかり冬の樹に魅了されていたのです。

しかし今日は、冬の樹の下には思わぬ先客がいたのでした。

スポンサーリンク

皇帝の一人娘132話のあらすじ込みネタバレ

気持ちを切り替えて冬の樹へ!

カイテルがのほほんとした平和で穏やかな環境で育ったわけではない…ということくらいは、誰が見ても分かるでしょう。

家族みんなで和気あいあいと過ごしているカイテルの姿なんて想像できないとアリアドネは思い、想像しようとしてゾッとしました。

でも、そんな平和な生活ではなくても、少なくとも苦労することはなく育ったのだろうと勝手に思っていたのです。

 

あの自己中な姿を見れば、それが当然な環境で育ったのだと普通は思うだろうとアリアドネは思います。

しかし、ドランステから聞いたカイテルの過去は、アリアドネの想像をはるかに超える凄惨なものでした。

当時の状況やカイテルの胸中を思い、アリアドネは胸が苦しくなってしまいます。

 

小さくため息をついたアリアドネに、何か悩みごとでもあるのかとアシシが尋ねました。

アリアドネは一瞬返答に迷います。

しかし結局、そんなんじゃないと答えてごまかしました。

 

アシシはそれならよかったと答えて、それ以上詮索することはありませんでした。

そんなアシシに、アリアドネは冬の樹を見に行こうと声をかけます。

アシシは快諾してアリアドネを連れていきました。

 

時が経つのは早いもので、すっかり冬らしくなってきました。

外の空気は冷たくなり、あたりの木々も葉を落として冬支度を始めています。

そんな冬の気配を目の当たりにすると、一年中同じ姿をしている冬の樹が妙に恋しくなるのでした。

 

アリアドネは外を歩きながら葉を落とした木々を見上げます。

冬の樹のことは、最初はこんな木もあるのか程度にしか思いませんでした。

それなのに、いつのまにこんなに冬の樹に魅了されてしまっていたのだろうとアリアドネは不思議に思います。

ハーベルに遭遇!

冬の樹の近くまでやってきたところで、アリアドネは小さく声を漏らしました。

どうやら先客がいたようです。

冬の樹の下でアリアドネたちに気付いて顔を上げたのはハーベルでした。

 

お前…と困惑したように呟くハーベルに、アリアドネは奇遇だね!と笑顔で声をかけます。

ハーベルは無言でアリアドネをじっと睨みました。

アリアドネは内心うんざりしながらも、冬の樹綺麗でしょうと問いかけます。

 

ハーベルは小さく、うんと答えました。

めちゃくちゃに睨んでくるくせに質問にはちゃんと答えてくれるのかと思い、アリアドネは可笑しく思います。

ハーベルがプレツィアの私生児だということは、アリアドネにとって特に大した問題ではありませんでした。

 

相変わらずアリアドネのことは嫌っているようですが、この前のように敵意むき出しという感じではないのでまだマシだとアリアドネは思います。

冬の樹の幹に触れると、この中に精霊が眠っているのだとアリアドネはハーベルに教え、不思議だよねと呟きました。

アグリジェントの神話であり伝説でもあります。

 

いつかその冬の精霊という存在に会ってみたいとアリアドネはひそかに思っていました。

しかしその精霊に会うのは、この大陸が雪で覆われない限り無理だと聞いたので、半ば諦めています。

いくら会いたいと思っていてもこの世が滅びたら困るからです。

 

今までさんざん冬の樹を見てきたくせにまだ不思議なのかとハーベルは怪訝そうに尋ねました。

不思議なものは不思議なのだとアリアドネは一蹴します。

ハーベルは返事に詰まり、お前嫌いとアリアドネを睨んで宣言しました。

 

私もあんた嫌いとアリアドネはさっくり答えます。

ハーベルが口で自分に勝てるわけがないので、何を言われても一瞬で言い負かしてやろうと思ったのでした。

またも返事に詰まったハーベルは…?

続きはピッコマで!

スポンサーリンク

皇帝の一人娘132話の感想

身近な人の悲惨な過去を知ったらどうしたらいいか分からなくなるのはみんな一緒だと思います。

こればっかりは時間の解決を待つしかないのではないでしょうか。

今のカイテルにとって一番の救いは、きっとアリアドネと一緒に過ごすことでしょう。

 

ハーベルは捻くれているようですが、質問に素直に答える姿は可愛らしいです。

この先何だかんだでアリアドネと仲良くなっていくような気がします!

まとめ

今回は漫画『皇帝の一人娘』132話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

皇帝の一人娘の132話のまとめ
  • ドランステから聞いたカイテルの過去に、アリアドネは落ち込んでいました。
  • 気持ちを切り替えて、アシシと冬の樹を見に行くことにします。
  • 先に冬の樹を見ていたハーベルにアリアドネは話しかけました。

≫≫次回「皇帝の一人娘」133話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら



スポンサーリンク