廃妃に転生した私は小説を書く ネタバレ122話【韓国漫画】幼少期に戻った衛妃
スポンサーリンク

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』は原作GUWO先生、漫画BEIBEI先生の作品でピッコマで配信されています。

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』122話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
目が覚めると幼少期に戻っていた衛妃は…!?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『廃妃に転生した私は小説を書く』122話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「廃妃に転生した私は小説を書く121話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
スポンサーリンク

廃妃に転生した私は小説を書く122話の見どころと注目ポイント!

もう二度と貴方を失わないように、何を言っても理解するよと皇帝に言われ、眠った衛妃。

目を覚ますとどうやら衛家が全盛期だった、幼少期に戻ってきたようです。

物語の登場人物である衛妃に任されたことが悔しい、月曼金が何か企んでいる様子ですが…!?

スポンサーリンク

廃妃に転生した私は小説を書く122話のあらすじ込みネタバレ

また別の世界に目覚める衛妃

衛妃(瑜槿)と結ばれるため、また瑜槿に何かを言われても全て信じるよ、と約束する皇帝。

物語のキャラクターである衛妃に負けたことに苛立つ作者ですが、まだ機会はあると一か所だけ物語に訂正を加え、また衛妃に勝負を挑むのでした…。

そしてまた、眠りについた衛妃は何者かに揺さぶられながら、眠りから起こされるのです。

幼少期に戻る衛妃

目を覚ますと目の前には楊玉凛がいました。

どうやら衛妃は子供の頃に戻ってしまったようで、いまはお父さんのお酒を飲んで寝てしまっていたようでした。

楊玉凛は何故か起きたばかりの瑜槿に、次の望みは何?と聞きますが、何故そんなに自分の望みを聞いてくるのか理解できず、今日は私の誕生日か何かなの?と尋ねます。

 

当たり前ですが、娘の中には大人になった衛妃が入っているなんて考えもしない楊玉凛は、

また姪である瑜槿が誕生日を従っているのだと勘違いしていて、少量でもお酒を飲んだことにより記憶を失ったのかと思っている様子です。

瑜槿は周りを見ると、もう元の世界では亡くなっている紫陽叔父さんや緑叔父さん、黄叔父さんもいたのです…!

 

衛妃が冷宮を出た時には既に衛家は滅びていて、紫陽叔父さんは首吊り、黄叔父さんは誰かにはめられ囚われていた獄中にて亡くなっていて理由は分からずのままでした。

もうしばらく一族の人間にもあっていなく、自分のことを心から可愛がってくれるような人物に会っていなかったのでとても嬉しい気持ちになった瑜槿です。

衛府が最盛期の時代で、その中でもとても貴重とされていた女の子だった瑜槿はみんなから溺愛されていただろうと考えます。

よりによってこんな時代に戻るというのは皮肉だと思う瑜槿でした…。

とにかく溺愛されていた

溺愛されていただろうということは分かりますが、今日は何故こんなに望みを聞かれていたのでしょうか?

話を聞くうちにわかってきたのですが、どうやら今日は記念日のようで、陛下からどんな願いでも3回はなんでも叶えてくれるという機会だそうで、何となく理解できた様子の瑜槿です。

しかしその記念日というのが、瑜槿が三字経という中国伝統の初学者用学習書を暗記してから一周年の記念だそうで、やって当たり前のことをやって褒美をもらえていることにびっくりします。

 

それはいかに瑜槿が幼少期溺愛され、甘やかされて生活していて、我儘になっていたかということを物語っていました…!

そんな幼少期の自分の我儘ぶりの生活を思い出したところで、昔兄の金魚の命を奪ってしまったことを思い出し、兄を悲しませたことがあり、それを防ぎたいと思って金魚のいる池に走り出します。

まだ金魚が生きているのか心配になりますが、無事池に着いた瑜槿は兄に話しかけます。

 

過去の記憶の中での兄の様子とちょっと違うようにも感じますが、今度こそ金魚をすくおうと、過去と違う行動に出ようとする瑜槿。

すると本来の人物設定を逸脱してしまったとみなされ、動悸を感じてしまい、思った通りに行動できない瑜槿ですが…!?

スポンサーリンク

廃妃に転生した私は小説を書く122話の感想

瑜槿もいろんな時代を行き来していて大変ですね…!

作者は今度は物語のどこを変えて、勝利しようとしていたのでしょうか?

兄の金魚は無事救えるのでしょうか?

まとめ

今回は漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』122話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

廃妃に転生した私は小説を書くの122話のまとめ
  • 何を言ったとしても衛妃の行ったことを信じると、約束をしてくれた皇帝です。
  • 目覚めたら幼少期の頃に戻っていた衛妃です。
  • 溺愛され、我儘だった自分の過去を思い出す衛妃です。

≫≫次回「廃妃に転生した私は小説を書く」123話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら



スポンサーリンク