廃妃に転生した私は小説を書く ネタバレ134話【韓国漫画】第一皇子の思惑

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』は原作GUWO先生、漫画BEIBEI先生の作品でピッコマで配信されています。

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』134話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
陛下と仲がいいことがばれてはいけない瑜槿は、陛下のことを虐めるのですが…。
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『廃妃に転生した私は小説を書く』134話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「廃妃に転生した私は小説を書く」133話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

廃妃に転生した私は小説を書く134話の見どころと注目ポイント!

突然行われることになった、第一皇子主催の園遊会。

第一皇子は自分が今後の実権を握りたいため、今のうちに第二皇子(陛下)を蹴落とそうとして、陛下を虐めている瑜槿をさらに煽ってもっとひどい仕打ちをしようと企みます。

本当は愛する陛下にこんなことはしたくないと思いながらも、陛下を虐め続けなければならない、心苦しい瑜槿です…。

廃妃に転生した私は小説を書く134話のあらすじ込みネタバレ

突然始まった園遊会

天気がものすごくいいので授業は皇帝陛下の意向により取りやめになり、その代わりに第一皇子主催の園遊会が行われることになりました。

二人一組でペアになり競技に参加するのですが、沛から言われて陛下とペアを組むことになった瑜槿です。

瑜槿と陛下が仲がいいように見えては困るので、思う存分虐める覚悟の瑜槿は陛下に対して不敵な笑みを浮かべるのでした…。

やりたい放題の瑜槿と心配する沛霖

一種目の遊戯は毽球で、宮中で人気の高い遊戯だそうです。

毽球は中国で行われている羽蹴りゲームのことで、時間内に最も多く蹴れた組の勝ちになります。

羽を蹴るたびにとんでもない方向に飛ばし、陛下に遠くまで羽を拾わせに行く瑜槿。

 

あまりにも的外れな場所に蹴り飛ばし、都度陛下に拾わせに行く瑜槿を注意する沛霖。

ですが幼少期は気弱でいじめられっ子体質であった陛下は怒る様子もなく、自分は羽をちゃんと蹴れないから駄目なんだと自虐を含めた反応をします。

兄から注意されるほどに陛下のことを虐められているということは、仲が悪いふりをする作戦はうまくいっているようです…。

第一陛下の思惑

二種目目は投げクナイで、的に刺すか、的の上に置いてあるリンゴに刺すかをして、合計点数で競うものです。

また自分がクナイを投げて陛下を虐めようとした瑜槿ですが、自分たちの組が負けないように、陛下が先に二回投げたのですが、的の中心とリンゴの中心を射抜き、高得点を挙げるのです…!

あと残りは全て瑜槿が好きなように投げなさいと耳打ちする、かっこいい陛下を見て、目がハートマークになってしまう瑜槿でした…。

 

しかしそのままでは陛下のことを虐め足りないので、リンゴを陛下の頭に括り付け、それに向かってクナイを投げるというとんでもない方法を思いついた瑜槿。

本当に危険なので、やめろと怒鳴る沛霖ですが、それを制止したのは陛下の兄でもある、第一皇子だったのです…!

頭のいい君ならわかると思うが、皇子同士色々と複雑なのだから止めるな、と警告する第一皇子です…。

 

瑜槿が何かしでかしてしまった時の責任は自分がとるのでやらせておけという第一皇子を見て、仕方なく従う沛霖ですが、

瑜槿はもちろん陛下を傷つけたいわけではないので、心が痛みますが陛下に直接当たらないように、ひやひやしながら陛下にクナイを投げ続けるのでした…。

廃妃に転生した私は小説を書く134話の感想

いくら皇帝陛下や第一皇子が見ているからとはいえ、陛下との不仲を見せつけるために、愛する人に向かってクナイを投げ続けなければならないのは辛いですよね…。

同じ兄弟だと言えども、自分が権力を持つためなら弟である第二皇子のことを虐げるというのは、衛家の兄妹とは全く違い、胸が苦しくなりました…。

本当に陛下は辛い境遇の中、幼少期を過ごしてきたことがよくわかりました。

 

瑜槿も辛い立場ですよね…。

さっさとこの第一皇子主催の園遊会が終わってほしいです!

まとめ

今回は漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』134話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

廃妃に転生した私は小説を書くの134話のまとめ
  • 授業の代わりに行われることになった第一皇子主催の園遊会で、陛下とペアを組むことになった瑜槿です。
  • 陛下(第二皇子)のことを陥れたい第一皇子は、瑜槿が陛下を虐めているのを見て、もっとやれと煽るのです。
  • 陛下を傷つけたくない瑜槿ですが、皇帝陛下や第一皇子に陛下との不仲を見せつけるために全力で虐めるのでした…。

≫≫次回「廃妃に転生した私は小説を書く」135話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら