悪女に義理などありません ネタバレ11話【漫画】|母の遺言

漫画『悪女に義理などありません』11話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
ルスランは魔法を使うと瞳の色が!?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『悪女に義理などありません』11話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「悪女に義理などありません」11話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

悪女に義理などありません11話の見どころと注目ポイント!

シャロテの母への思いが止まりません。

好きではない母を思い出しながらジュジュの目には涙が溢れて・・・。

辛いことを経験してジュジュとして生まれ変わったシャロテの決意も見どころです。

悪女に義理などありません11話のあらすじ込みネタバレ

のどかな麦畑の中に立つルスランとジュジュ。

田舎で神殿以外遊ぶところがなかったと懐かしそうにジュジュが話します。

アルベルトたちは大きな夢を叶えるためにモーデンから出て行きたがっていましたが、シャロテは単純に家を出られれば幸せになれると信じていただけでした。

 

丁寧に手入れされた庭園を思い出しながらモーデンの邸宅に向かいます。

辿り着くとそこには荒れ果てた姿のモーデンの邸宅。

庭の木を引き抜き、墓石を残さない一家を滅亡させる典型的な帝国のやり方について、後処理は完璧と笑いながらジュジュは話しました

 

イペニアも同じように滅ぼされたとルスランは告げました。

ジュジュはそのまま続けて、暖炉のあった場所を指して母が大切にしていたトパーズの飾りについて話します。

シャロテが私生児であることを知っているかルスランに尋ねるとルスランは遠慮がちに返事を返します。

 

いつも母について語るジュジュ。

仲が悪く、私生児であるシャロテを嫌うのも理解していたため、シャロテも母を好きになろうとはしなかったと・・・。

ですが、アンジェラに託した遺言は「ごめんね」でした

 

声を荒げながら母に思っていたことを伝えます。

ルスランに腕を引かれて振り返ったジュジュの目には涙が溢れていました。

どうして、どうしてと呟きながらジュジュは泣いています。

 

そんなジュジュをルスランは抱きしめ、星空の空間を魔法で創りました。

思わず見上げるジュジュはモーデンの風景じゃないそこを魔法なのか尋ねます。

魔法であってもただの幻と話すルスランの髪色はシルバーでした。

 

景色だけではなく、ルスランの髪色も変わったことを呟きます。

ジュジュを慰めることに全力をつかているためです。

そう話す彼の美しい青い瞳を見つめながらもジュジュが平気なことがわかるとルスランは魔法を解きました。

 

指が鳴った瞬間、モーデンの風景に戻りました。

オレンジ色のモーデンの風景の中でシャロテが皇族たちを手にかけたことは間違いだったかルスランに問います。

ルスランは今も昔も血塗られていない王冠の方が珍しいと答えます

 

シャロテもそう信じており、そうでなければ自分が消されていたため、これまで手にかけた皇族へ冥福は後悔はしていないとジュジュは言います。

ですが、東部の腐敗、流民の子どもたち、リヒト大公の死、本来のジュジュの命・・・

アルベルトは皇帝として間違っていると告げました。

 

シャロテがアルベルトを皇帝にしたのなら、引きずり下ろすのもシャロテの役目。

その後についてルスランは尋ねます。

ジュジュに生まれ変わることを決めたシャロテが何も考えていないわけではないとルスランは思っていました。

 

ルスランはイペニア唯一の後継者

後の反乱を恐れた先代皇帝は生き残ったイペニアの民を帝国各地へ強制的に移り住ませたため、国民も生き残っています。

散らばってはいるものの、後継者であるルスランが皇位を奪うつもりであればまた一つになれるとジュジュは考えていました。

 

ルスランが皇帝の座を望めば手伝うと言いますが問題があります。

過去に倒された他の群小国家が万が一イペニアに刺激を受けて立ち上がれば大陸分裂に繋がる恐れがありました。

ルスランの目的が復讐以上の混乱だったらジュジュは止めるつもりです

 

これからどうするのか?

イペニアの王子にジュジュは問います。

悪女に義理などありません11話の感想

シャロテはお母様を好きになりたくてもなってはいけないという葛藤をずっとしていたように感じました。

自分の私生児という立場からの考えなのかもしれません。

同じくお母様も葛藤してから最期に「ごめんね」と伝えたのかもしれませんね。

 

悲しい出来事を繰り返さないためにルスランと向き合うジュジュ。

ルスランはなんて答えるのでしょうか。

まとめ

今回は漫画『悪女に義理などありません』11話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

悪女に義理などありませんの11話のまとめ
  • モーデンの邸宅は墓石ひとつない状態で荒れていた。
  • シャロテと母と仲が悪かったが、母の遺言は「ごめんね」であった。
  • ルスランは魔法を使うと髪色と瞳の色が変わる。
  • ルスランが復讐以上の混乱が目的であればジュジュは止めるつもりでいる。

≫≫次回「悪女に義理などありません」11話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら