廃妃に転生した私は小説を書く ネタバレ140話【韓国漫画】風南至の誤解を解く

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』は原作GUWO先生、漫画BEIBEI先生の作品でピッコマで配信されています。

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』140話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな

風南至はもうすぐにここを去ってしまうようで…!?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『廃妃に転生した私は小説を書く』140話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「廃妃に転生した私は小説を書く」139話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

廃妃に転生した私は小説を書く140話の見どころと注目ポイント!

直接「風南至が好きではない」と口に出すことができない瑜槿は、風が辺境に行ってしまう前に何とか自分の気持ちを伝えようとします。

聡明ないまの瑜槿は上手い言葉遣いで風の誤解を解くことに成功し、瑜槿の夢に今回の戦いは勝利したというような内容を見ました。

ですが、沛霖も同じ夜に何やら回想の夢を見ていたようで、このままではまずいと行動を起こそうとします…!

廃妃に転生した私は小説を書く140話のあらすじ込みネタバレ

胸が苦しい…

なかなか風南至のことを好きではないという瑜槿の気持ちが沛霖に伝わらなく、誤解されたままなので、最近オーバードーズになっていなかったので直接的な言葉で思いを兄に伝えました。

ですがやはり物語の内容に大きく背いた意思表示は許されていないようで、胸が苦しくて息ができなくなる瑜槿です。

旨の苦しさが落ち着いたころに、沛霖に風南至が家に帰ったのか確認すると、帰ったようですが、陛下の勅令で今晩に辺境に行ってしまうので今日が京城に居られる最後の日だったようでした…。

まさかの落とし穴

まさかの事態に、急いで馬を用意させ、すぐに風南至に会いに行くという瑜槿。

沛霖と一緒に馬に乗り、風南至を追いかけます。

最近月曼金の影が感じられず、落ち着いていたので今回はもう瑜槿の勝利だと思い込んでいましたが、そう思わせておいて裏で月が動いていたようでした。

 

風が勘違いしたまま辺境に行ってしまったら、数年後ここに戻ったときに瑜槿の気持ちについての誤解を解こうとしても遅すぎます。

沛霖の誤解を努力も今まで何度もしてきましたが、聞く耳を持ってくれないのでこのまま誤解が解けない以上、また瑜槿は同じ末路をたどってしまうことになります…!

風に会えた

何とか追いついた二人はですが、風はもう愛する瑜槿のことしか見えていません。

沛霖は瑜槿と風を二人きりにして、その場を去りました。

直接風に自分の思いを伝えることはできないのですが、風は聡明な人なので直接的な言葉を使わずとも意図を理解してくれるし、わかってくれれば兄さんの勘違いを解いてくれると思った瑜槿です。

 

詩会で瑜槿が読んだ詩を返してほしいと伝え、風の書いた詩を解説しながら、風はこの国のために武功を上げることが進むべき道だと伝えます。

ひとりの人を想うのではなく、国を想うことが風の進む道だと伝え、更に瑜槿の書いた詩は第二皇子(陛下)と過ごした時間について書いたものだと匂いわせるようなことを言いました。

それらの瑜槿の言葉ですべてを察した風は謝り、瑜槿に詩を書いた紙を返してくれたのです。

 

その後沛霖にも事情を伝えてくれ、全ての誤解が解けたのです。

不思議な夢

その夜瑜槿の夢には白いもやがかかってはっきりと姿が見えない女性が現れます。

そしてその女性は瑜槿に何かを告げると、巻物を渡します。

そこには「勝者は答えを書け」と書いてあったのです…!

 

一方沛霖は頭が割れるように痛くなったのちに、過去の映像が走馬灯のように浮かんできました。

そして見えたその映像を本当だとするのであれば大変なことになると思い、すぐに行動を開始する沛霖でした…。

廃妃に転生した私は小説を書く140話の感想

風南至には可哀想ですが、ちゃんと瑜槿の気持ちが伝わってよかったですね!

やはり風は頭がいいので、直接「好きではない」とは言えない瑜槿の遠回しの言葉でも理解をしてもらえたようです。

そして瑜槿と沛霖は不思議な思いをして、瑜槿は戦いに勝利したようですが、沛霖は何やら行動を起こそうとしています。

 

その行動によって、瑜槿の運命まで変わってしまうのでしょうか?

次回沛霖がどんな行動をとるのか楽しみです。

まとめ

今回は漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』140話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

廃妃に転生した私は小説を書くの140話のまとめ
  • 風南至が好きではないと言えない瑜槿は、オーバードーズを起こします。
  • 風南至が辺境に行くので、その前に瑜槿の気持ちについて誤解を解いておきます。
  • 瑜槿は不思議な夢を見て、沛霖は突然過去の映像が頭に浮かんできます…!

≫≫次回「廃妃に転生した私は小説を書く」141話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら