野獣のような皇太子に愛されすぎてる ネタバレ64話【ピッコマ漫画】再度、謎の男が接近

漫画『野獣のような皇太子に愛されすぎてる』64話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
花蓮に忍び寄る金髪の男性は何者?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『野獣のような皇太子に愛されすぎてる』64話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」63話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

野獣のような皇太子に愛されすぎてる64話の見どころと注目ポイント!

武巳が別の女性から言い寄られているのを目の前で見せられ、面白くない花蓮。

飲めないはずのお酒を飲んで、酔っぱらった勢いで武巳に甘え始めます。

何とか理性を保っていた武巳ですが、花蓮が覆いかぶさってきて…。

 

もしかしての展開もほのめかしたまま前回は終わってしまいました。

64話では、旅の途中で一度会った謎の2人組が再登場します。

野獣のような皇太子に愛されすぎてる64話のあらすじ込みネタバレ

その夜の出来事

花蓮は武巳に文句を言いながら、勢いよく倒れ込みました。

のしかかられた状態の武巳は、首筋に花蓮の吐息を感じてドキドキと胸が高鳴ります。

花蓮が酔っぱらっていると知りながらも、少し期待してしまう武巳。

 

ところが、それ以降、花蓮に反応はなく…。

武巳を押し倒しておいて、無邪気に寝息をたてる花蓮。

せめて今の状況から解放して欲しいという武巳の願いは届きませんでした。

占い師の言葉を思い出して

翌日、南香川の上流を目指して歩を進める武巳と花蓮。

武巳の返事がそっけないので、花蓮は自分が何かしでかしたのではないかと昨日のことを思い出そうとします。

しかし、おんぶで宿まで運んでもらった後の記憶が全くありません。

 

花蓮が必死に頭を捻っていた頃、武巳は占い師から言われたことが気になっていました。

自分のことを「龍」だと見極めた占いの結果はバカに出来ず、そうなると花蓮に近付く「獣神」という存在が確かにいるということです。

花蓮に男装させてはいますが、危険であることに変わりはなく、なぜか嫌な予感もしていました。

 

花蓮の姿を隠せるような羽衣を買ってくるからと、武巳は人込みをかき分けて行きます。

待つように言われた花蓮が一人たたずむ姿を、誰かが見張っていて…。

偶然の再会を演出?

花蓮と武巳が立ち寄った「あずま亭」で、たまたま出会った男性2人組が、花蓮のことを注視していました。

金色の長髪の男性を「陛下」と呼ぶ狐目の男は、指示された通り、複数人に銀貨を渡します。

銀貨を受け取った者たちは、狐目の男の言う通りに同じ店へとお団子状態になって駆けて行きました。

 

花蓮は道の脇へと押し出されてしまい、よろけます。

すると、金色の長髪の男性が花蓮を身体を支えました。

あくまで偶然を装いながら、自分の姿を猛アピールします。

 

目を瞠る花蓮に、初めて会った時のことを思い出してくれたのかとほくそ笑む男性ですが…。

花蓮は全く覚えていないようです。

自分の金髪を見ても、正体がバレないことにショックを受ける男性。

 

5年間、桓帝国との戦に出てばかりいたからかと勝手に納得します。

彼は真っ赤なお花をどこからともなく取り出すと、花蓮の耳にかけました。

とりあえずお礼を言う花蓮。

男性は、微笑んだ花蓮に不覚にもドキッとしてしまいます。

可憐な花を摘み取るために

謎の男性と別れた後、武巳と合流できた花蓮。

武巳は花蓮から普段はしない匂いがすると、誰かと居たのかと聞いてきます。

また、赤い花のことも不思議に思われましたが、男性に近寄られたと分かったら武巳が激怒するだろうと思って、花蓮は適当に誤魔化しました。

 

金髪の男性は狐目の男を秋呂と呼び、作戦は成功だと力説しています。

秋呂は、男性の勘違いに呆れながら、青年相手に本気なのかと尋ねました。

輸国の神虎として名を馳せた自分が、そんな些細なことを気にするはずもないと言う金髪の男性。

 

「黒留の支部長」に花蓮を連れてくるよう命じろと秋呂に伝えます。

金髪の男性は何としても花蓮を我が物にしようとしているのでした。

野獣のような皇太子に愛されすぎてる64話の感想

占い師は、花蓮を狙う「獣神」は武巳より厄介と言っていたはずです。

おそらく、その「獣神」は今回登場した金髪の男性を指しているのでしょう。

もしかすると、武巳は戦場ですでに会ったことがあるかもしれません。

 

花蓮は髪と目の色を変え、男装している状態です。

金髪の男性が花蓮に執着する理由とは一体…。

武巳は野性的な勘を発揮していますが、金髪の男性が差し向けようとしている「黒留の支部長」なる人物から、花蓮を守ることができるのでしょうか。

まとめ

今回は漫画『野獣のような皇太子に愛されすぎてる』64話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

野獣のような皇太子に愛されすぎてるの64話のまとめ
  • 酔っぱらっていた花蓮は、武巳を困らせる。
  • 南香川の上流を目指す武巳と花蓮。
  • 雨の降る夜に出会った男性2人組が花蓮の様子を探っていた。
  • 金髪の男性は、「陛下」「輸国の神虎」などの呼び名を持つ外国の武人である様子。
  • 彼は花蓮を手に入れようと画策していて…。

≫≫次回「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」65話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら