廃妃に転生した私は小説を書く ネタバレ143話【韓国漫画】瑜槿が大病を患っている…?

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』は原作GUWO先生、漫画BEIBEI先生の作品でピッコマで配信されています。沛霖

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』143話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
瑜槿の暴食が止まらず、その様子を見て陛下は何か気づいた様子で…!?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『廃妃に転生した私は小説を書く』143話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「廃妃に転生した私は小説を書く」142話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

廃妃に転生した私は小説を書く143話の見どころと注目ポイント!

酸っぱい調味料ばかり入れて爆食を続ける瑜槿。

その様子を見てある病ではないかと推測し、大医を呼び、診察をしてもらうことに。

まだ瑜槿や周りの人には公表しないようにと、大医と陛下が話しているのを聞いてしまった蕊慧は、瑜槿が大病にかかってしまったと勘違いしてしまって…!?

廃妃に転生した私は小説を書く143話のあらすじ込みネタバレ

瑜槿の異変

食事の間にお菓子などを挟んでもなお、食べても食べてもお腹が空いてしまっている様子の瑜槿は、蕊慧にまたご飯を作ってもらいます。

その料理の中に更に山ほど酢を入れてから食べている瑜槿を見て、その酢のかけ方の異常さにびっくりする陛下と蕊慧です…。

その様子を見て、陛下は今日瑜槿が食べた物を蕊慧に確認します。

 

すると梅酢や酸辣湯など酸っぱいものばかりだったそうで、それを聞いてにやけが止まらない陛下です…。

そして大医を呼んできなさいという陛下ですが、恐らく酸っぱいものを過剰に欲したり、食欲が止まらない様を見て、瑜槿が妊娠しているのでは、と思ったようです…。

診察の結果

大医が到着し、瑜槿と陛下二人とも診察をしてもらいます。

おおよそ瑜槿の病について想像がついている陛下は、なるべく秘密にしようと、蕊慧に席を外させようとして明日の陛下の朝食の準備をしてほしいと頼みます。

しかし陛下の朝食は基本的に出来立てのものを出しているので、夜仕込むことはしないため、陛下の行動を疑い始める蕊慧です…。

 

結局席を蕊慧が席を外さなかったため、屋敷の外で大医と陛下が話すことになりました。

きっと何かを隠していると思った蕊慧は、二人の後を追って盗み聞きをしていました…。

距離が離れていたためとぎれとぎれでしか聞こえなかったのですが、何とか聞こえた部分だけ聞くと、どうやら脈が不安定で、今本人に言えば驚いてしまうので瑜槿にも言わない方がいい、と言っていたようです。

 

更に蕊慧にもこの件は隠すように、と伝えた陛下の言葉を聞き、瑜槿と蕊慧に隠さなければいけないほどのことということは、命にかかわるような重大な病が見つかったのか、と誤解する蕊慧です…。

蕊慧の様子がおかしい

翌日、瑜槿の元を蘇が訪れました。

蘇は見るからに健康そうでしたが仕事で疲れているため、美味しいものが食べたいとのことで、蕊慧に最高の酒を用意させます、という瑜槿。

そこに現れた蕊慧は暗くて、いつもの様子とは全く違うのでした…。

 

蕊慧にお酒を頼んだはずが、持ってきたのは体によさそうな薬膳スープでした。

お酒が欲しいという瑜槿ですが、その瑜槿の手を握りしめ、お願いだからお酒ではなくてスープを飲んでほしいと頼み込むのです…。

終始そんな様子でいつもとなにか違う蕊慧に違和感を感じた瑜槿は、蘇にも蕊慧のことを相談し、お見送りの際に蘇が蕊慧にこっそりと悩みを聞きだすのです…。

 

すると蕊慧は蘇に泣きつき、瑜槿が重い病にかかっているようだと伝えると、二人で不安になってしまったのでした…。

廃妃に転生した私は小説を書く143話の感想

酸っぱいものばかり食べている、というとおそらく瑜槿は妊娠しているのかな、と思うのですが、なんだか大変な話になってきていますね…!

蕊慧は瑜槿をただ心配しているだけですが、陛下の知らない間にとんでもない噂が広まってしまいそうな予感がします…。

この間違った情報が広まらないように願いたいところです。

まとめ

今回は漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』143話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

廃妃に転生した私は小説を書くの143話のまとめ
  • 酸っぱいものばかり爆食している瑜槿を見て、とある病ではないかと推理して大医を呼んで診察してもらいました。
  • 大医と陛下が瑜槿のことを話しているのを聞いてしまった蕊慧は大病をしていると勘違いしてしまって…!
  • 瑜槿のことを過剰に気遣う蕊慧が気になって、蘇が相談に乗ってあげ、また間違った情報が広まってしまいました…。

≫≫次回「廃妃に転生した私は小説を書く」144話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら