廃妃に転生した私は小説を書く ネタバレ&感想

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』20話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
あの人に正体がバレちゃう!
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『廃妃に転生した私は小説を書く』20話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「廃妃に転生した私は小説を書く」19話はこちら

廃妃に転生した私は小説を書く20話の見どころと注目ポイント!

また一人、ユキン=無名之友を知る人が

ズイケイ・ズイシンに聞かれて凡人修仙記の続きを語っていたユキンはある人に立ち聞きされていることに気がつきませんでした。

 

こうしてまた一人、無名之友の正体を知る人が増えてしまいます。

廃妃に転生した私は小説を書く20話のあらすじ込みネタバレ

「転生モノ」、「強制システム」ってなに?

ユキンから凡人修仙記の展開を聞いたズイケイとズイシンは目が点。

いったいなんのお話なんですか?と聞く二人にユキンはこれが転生モノという小説で、魏の脳内の声は強制システムだと解説します。

 

魏は二回目の人生を歩んでいるうえに、武力も身につけました。

さらに美しい女性まで手に入れるなんて話がうますぎます。

 

だから脳内の試練をクリアしない限り、ことには及べないようなしくみを設定したのだと得意げなユキン。

より親密な行為をしたければ魏は任務をこなすしかないのです。

 

哀れだけどおもしろい!とズイケイ、ズイシンが納得したとき、素晴らしい!と手を叩く音がしました。

なんと陰から余美人とその侍女が現れたのです

 

お皿を返しに来ただけで盗み聞きしようとしたんじゃないわという二人の目はあやしく光っており、ユキンは皇帝が来るときでもそんなに目が光ってないんじゃないとツッコミを入れてしまったほど。

 

しかしユキンが無名之友であると知った余美人は止められません。

少しお待ちを、と駆け出していった余美人たちはしばらくすると毛布を持って戻ってきました。

泊まり込みで執筆を監視!?

今後はここで寝泊まりしてユキンの執筆を監視すると言って、ユキンの寝床の近くに毛布を敷き始めた二人。

しかも地面は冷えるという侍女の提案で勝手に机と椅子をどかし、風通りの良い窓際に陣取ります。

 

あまりの厚かましさにユキンも降参です。

好きにしてもいいけど、3つ約束をしてほしいと言いました。

 

それは無名之友の正体を絶対にバラさないこと、内容のネタバレ禁止、最後は自分の院で寝ること。

最初の2つは二つ返事で了解した余美人ですが、3つめの約束を聞くと衛貴人は自分のことが嫌いなのかと騒ぎ立てます。

 

そういう意味じゃないというユキンの胸元に抱きつき、それならここにいてもいいでしょうという余美人ですが、ユキンに言うこと聞かないなら見せないと言われてあっさり引き下がります。

 

三冊目はいつ読めるの?内容を教えてくれたらどくから、となおもユキンに抱きついて離れない余美人ですが、そこへ何をしているのかと皇帝の怒鳴り声

余美人は慌ててユキンから離れると、そそくさと自分の院へ帰って行きました。

 

皇帝にまたいじめられたのかと聞かれたユキン。

そんなにいじめられそうに見えますかというユキンに、前科があるからなという皇帝ですが、実は気になっているのは余美人がユキンにべったりくっついていたこと

 

以前のユキンは人に触れられるのを嫌がっていたし、自分だってまだユキンにあれほど触れたことがないのにと拗ねた顔でつぶやく皇帝でした。

 

それはそうと、今回皇帝が来たのは賭けの精算をするためです。

運びこまれた金子にユキンは大興奮。

 

しかし皇帝の宮中では賭け事が禁止されているからそのまま渡すわけにはいかないという言葉にユキンは固まってしまいました。

廃妃に転生した私は小説を書く20話の感想

ついに余美人に正体がバレてしまいましたね〜。

ちょこちょこユキンのもとへ出入りしていたから危ないと思っていましたが、運悪く盗み聞きされてしまうとは、油断していましたね。

 

余美人は秘密を守ってくれるかもしれませんが、これでますます催促地獄から抜け出すのは難しくなってしまいましたね。

 

さて、皇帝が約束の金子を持ってきてくれました。

百両はすごい量でユキンが興奮するのも納得です。

 

でもこのまま渡すわけにはいかないってどういう意味なのでしょうか?

まさかチャラにするなんて、そんなケチくさいこと皇帝がするわけないと信じたいです。

まとめ

今回は漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』20話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

ズイケイ・ズイシンに小説の内容を語っていたユキンは盗み聞きをしていた余美人に無名之友であることがバレてしまいます。

余美人に正体をバラさないことを約束させたところへ、賭けの精算のために皇帝が金子を持ってやってきました。

≫≫次回「廃妃に転生した私は小説を書く」21話はこちら

無料漫画アプリおすすめ

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

コミックDAYSコミックDAYS

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・講談社の公式漫画アプリだから安全安心!

・オリジナル作品や、アニメ化・ドラマ化・映画化された有名作品、雑誌の人気作を毎日更新♪

☆電子書籍で読むメリット☆

無料で漫画を読める「違法サイト」はありますが、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

・登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

・毎日最大50%ポイント還元!

1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪