お兄ちゃんたちに気をつけて!ネタバレ&感想

漫画『お兄ちゃんたちに気をつけて!』31話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
ユージンにかかる重圧とギリギリの精神状態が見ていて辛い!
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『お兄ちゃんたちに気をつけて!』31話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「お兄ちゃんたちに気をつけて!」30話はこちら

お兄ちゃんたちに気をつけて!31話の見どころと注目ポイント!

屋敷に帰ってきてからもキャベルはユージンを避け続けました。

それは勝手に帰ってきてユージンが怒っていると思っていたからです。

 

ユージンが迎えに行ったことも聞かされていなかったキャベル。

2人はようやく誤解を解くことができました。

 

キャベルの誤解は解けたものの、子供だけの状況は変わりません。

ユージンは精一杯1人で頑張っていますが、まだ子供なのです。

 

ある日ユージンは右足を怪我してしまいます。

レノルド夫人は、当主を弟たちに譲ればいいとまで言い出しました。

 

ハリも大人しく聞いているばかりでは気が済みません。

たまには言い返したりもするのです。

 

レノルド夫人は、ぶるぶる体を震わせて怒りを顕にします。

 

そしてユージン。

親族からの突き上げもあるでしょうし、家族にも心配事が…。

 

ユージンの肩に当主と長兄という重荷がのしかかっています。

お兄ちゃんたちに気をつけて!31話のあらすじ込みネタバレ

ユージンとキャベルがお互いの思いを伝え合うのを見たハリは、エーリッヒの元へ行きました。

キャベルのところに行かなくていいのかと訊ねると、兄さん同士でなんとかするだろうし、自分が行っても仕方ないと言うエーリッヒ。

 

ハリはエーリッヒの様子から、一度目の人生のときより自分に厳しくないと思います。

そんなハリに、エーリッヒは何見てんだ、見るなと突っかかりました。

 

勘違いだった…と思うハリ…。

呆然と立ち尽くすユージンの姿

その夜もハリはエーリッヒを見守るため遅くまで起きていました。

寝不足だ、と思いながら階下へ下りるとそこにはユージンの姿が。

 

ハリは声をかけようと思いましたが、ユージンはどこを見るわけでもない無機質な目でただ前方を見据え佇んでいました。

その姿がものすごく悲しく見えたハリは、声をかけることができません。

 

そしてその姿が長いこと目に焼き付いて離れないのでした。

無力感に襲われるユージン

エルンストの親族会議があった次の日、ユージンは落馬をして足を怪我した状態で帰宅しました。

キャベルもエーリッヒも心配してひどく暗い顔をします。

 

大丈夫だと強がるユージン。

ハリはあんなにたくさんいたのに親族の人たちは何をしていたんだと怒りを顕にします。

 

兄さんを助けないで何をしていたんだと声を荒げました。

ユージンは感情のない声で「さあ」と言います。

 

どうすれば俺を降参させられるか相談でもしてたんだろうと言うと、自分ではもう大人だと思っていたけどまだまだ子供だったんだと呟きました。

 

こんな無力感は初めてだと、悔しそうに拳をぎゅっと握るユージン…。

レノルド夫人にやり返すハリ

秋になっても相変わらずレノルド夫人はハリをいじめていました。

どこの馬の骨とハリを嘲ります。

 

さらに、ユージンも右足が不自由になって大変だとまでのたまいました。

ハリは心のなかで、そこまで深刻な怪我じゃないのにと悪態をつきます。

 

レノルド夫人が、当主にはユージンの代わりに弟たちを就かせればいいと口にするので、ハリは、まるで自身が何か権限があるような口ぶりだと言いました。

 

エルンストに関するすべての権限はユージンにあると告げると、年を取るとボケると聞いたけど…と皮肉りました。

レノルド夫人は体を震わせて憤ります。

 

何を言い出すのとハリを諌めるレノルド夫人。

夫人のことが心配で、と言うハリに、ぶたれなきゃ口の聞き方も直せないのかと怒鳴りました。

 

ハリは足に皮膚を保護するハチミツを塗ってあったので全然怖くないのでした。

エルンスト家をバカにするレノルド夫人

レノルド夫人が帰る時間になったのでハリは玄関まで見送りました。

他の子供が誰もいないことに苛立ったレノルド夫人は、公爵夫人の教育が悪かったと嫌味を言います。

 

特にキャベルのことを気にしているので、ハリは不思議に思いました。

 

レノルド夫人はユージンのことを足が不自由、キャベルのことを乱暴者、エーリッヒはろくに口も聞けない、そしてハリのことを素性のわからない汚らしい小娘と口汚く罵ります。

 

エルンストも落ちぶれたものねと酷いことを言いました。

怒りに震えるハリ。

 

そこへユージンがやってきました。

大変だから見送りはいいと心にもない言葉をかけるレノルド夫人に、ユージンは叔母殿に対してそんな無礼はできないと言います。

 

レノルド夫人は満更でもない顔をしました。

ユージンに届きますように…

その夜もエーリッヒは夢遊病の発作で屋敷をさまよいます。

ハリはその後ろを静かについていきました。

 

一度目の人生で、この次期をどうやって乗り越えたのか…。

ハリは思い出せません。

 

最初より悪化しているようにも感じるのです。

 

エーリッヒがよろけて倒れてしまいました。

手を取り立ち上がらせると、エーリッヒはハリの手をとり歩きだします。

 

2人が手をつないで廊下を歩いていると、ユージンに出くわしました。

こんな時間に何をしているのかとユージンが訊こうとしますが、エーリッヒの様子がおかしいことに気付きます。

 

エーリッヒはぼんやりと空を見てとぼとぼと歩いて自分の部屋に入っていきました。

 

ユージンはハリにいつからだと訊ねます。

背を向けていてもユージンが酷い顔をしているのが感じられました。

 

ユージンは私の気休めの言葉なんか望んでいないだろうと思うハリ。

でも、大丈夫、兄さんは頑張っていると声をかけました。

 

きっとすぐになんとかなる、大丈夫だから心配しないでと…。

1人ですべてを抱え込んでいるユージンに、この言葉が届くことをハリは願うのでした。

お兄ちゃんたちに気をつけて!31話の感想

もうほんとにまともな親族はいないのか!?って思いますね。

ユージンが手強いからって、怪我をしたのを幸いに弟に当主を譲ればいいなんて酷すぎます。

 

エーリッヒなら上手く操縦できると思ったのでしょう。

レノルド夫人だけじゃなく、他にも同じことを考えている人たちがうようよいるかと思うとゾッとします。

 

ユージンにずっしり重圧がかかっているのに、エーリッヒのことまで。

知らなかったことを責めているでしょうね、ユージンは…。

 

ハリは中身は大人なんだから頼って!って思いますが、さすがにそんなことは言えませんし。

言っても信じないでしょうけど。

まとめ

今回は漫画『お兄ちゃんたちに気をつけて!』31話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

キャベルの誤解が解けてユージンとの仲も元に戻りましたが、状況は相変わらずです。

レノルド夫人はハリをイジメているしエーリッヒの夢遊病も改善しません。

そんな矢先、ユージンは怪我をしてしまい、まだ子供だと思い知らされて落ち込んでしまいました。

さらに、エーリッヒが夢遊病で毎夜徘徊していることを知ってしまいます。

 

≫≫次回「お兄ちゃんたちに気をつけて!」32話はこちら

無料漫画アプリおすすめ

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

コミックDAYSコミックDAYS

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・講談社の公式漫画アプリだから安全安心!

・オリジナル作品や、アニメ化・ドラマ化・映画化された有名作品、雑誌の人気作を毎日更新♪

☆電子書籍で読むメリット☆

無料で漫画を読める「違法サイト」はありますが、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

・登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

・毎日最大50%ポイント還元!

1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪