野獣のような皇太子に愛されすぎてるネタバレ&感想

漫画『野獣のような皇太子に愛されすぎてる』9話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな

家柄・ルックス・財力・学力全てが申し分がない皇太子。
しかし皇太子妃を選ぶことはないと考える柳江。その理由とは?

こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 野獣のような皇太子に愛されすぎてる』9話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」8話はこちら

野獣のような皇太子に愛されすぎてる9話の見どころと注目ポイント!

皇帝の策略により、花蓮を皇太子妃を決める大会に出るように仕向けられた柳忠。

柳忠が退職すれば溺愛する娘が、皇太子妃として嫁いでしまうと思った柳忠は、怒りを爆発させます。

 

目の前で怒りで言葉を発する柳忠を、右から左へ受け流す蓮皇帝。

しかし同席していた花蓮の兄柳江は、花蓮が皇太子妃として選ばれるのはすごく難しいことだと冷静に判断します。

 

それより問題なのは、皇太子自身であることに不安を覚える柳江。

戦場で残虐性が目立つ皇太子が、皇太子妃をちゃんと選ぶのか?

 

そして、花蓮は皇太子妃を決める大会に出ることになるのか?

今後の話の展開が気になります。

野獣のような皇太子に愛されすぎてる9話のあらすじ込みネタバレ

娘を嫁がせたくない柳忠 VS 皇太子を自慢する蓮皇帝

親子である柳忠と息子である柳江の口論を右から左へ流していた蓮皇帝。

しかし、怒りで自身の感情も入れた言葉で口論する柳忠よりも、冷静に客観性を入れて自身の意見を言う柳江に感心します。

 

一方で昔、仕事で別国へ1回訪問をしてほしいと伝えた長男は、絶望的な目と一発暴れそうな狂気の雰囲気を出していたことを思い出し背筋が凍る思いをしたと思い出します。

冷静に物事を判断して説得する柳江に、長い時間皇太子と一緒にいたせいで正気じゃなくなったと言う柳忠。

 

自身の感情論で物事を捉えるその様を見た蓮皇帝は、柳一家で1番まともなのは次男である柳江だと考えます。

そもそも長い時間眠り続けた娘を溺愛することは、理解できなくはありませんが自身の娘である花蓮がとんでもなく美人で自分に似ていると周りに自慢する様を見て、花蓮の印象を盛って話していると思っている蓮皇帝。

 

そんな皇帝の口ぶりに、さらに怒りを募らせた柳忠は売り言葉に買い言葉で、信じなくても花蓮が美しいのは事実であり絶対に皇太子に嫁がせるつもりもないと断言します。

その言葉に、今度は蓮皇帝が苛立ちます。

 

蓮皇帝の息子である皇太子は、容姿端麗である上に逞しい体格に実力そして家柄も申し分がありません。

しかも学歴も財力も問題ないため、帝国内では1番の婿候補として理想的だと主張する蓮皇帝。

 

蓮皇帝の皇太子の良さを伝える、その言葉を聞いた柳忠は静かな声で自身の娘だったら本当に嫁がせるのかと蓮皇帝に質問しました。

その言葉に一瞬、躊躇する蓮皇帝。

 

柳忠も息子である柳江同様、皇太子のことはよく知っていました。

女性関係は派手で多くの遊女を自身の宮へ出入りさせ、国中の酒を飲むほどの大酒飲み。

 

いきなり自分から進んで戦場に行ったと思えば、血に飢えた猛獣のように残酷な戦い方をし敵味方関係なく攻撃していた皇太子。

そのあまりにも残虐さに怯えた敵国が、降参するほどでした。

 

そんな男の元に、自分の娘を嫁がせるのかと聞く柳忠。

危険で信用ができないと思っている皇太子に絶対に嫁がせないと主張する柳忠とそんな皇太子でもルックスや知能や財力や家柄に申し分がないと主張する蓮皇帝で新たな口論が始まりました。

 

そんな2人を止めることを諦めた柳江は、静かに茶を飲み家で待っているであろう妹へ思いを馳せていたのでした。

家族団欒の夕食 雰囲気は最悪

その出来事があり、怒りとストレスのピークが超え家で暴れに暴れた柳忠。

そんな父を抑え込んで冷静になるように言っていた花蓮のおかげか、少し冷静さを取り戻しました。

 

柳忠と一緒に家に帰ってきた柳江に気づいた花蓮は、本当に久しぶりに会う2番目の兄へ抱きつき帰還し会えたことを喜びます。

そんな花蓮を抱きとめ成長した妹の姿に喜ぶ柳江。

 

戦地に行って会えていなかった兄の無事を喜ぶ娘とそんな妹の病気が治ったことを喜び体調を気遣う息子。

和気あいあいとした雰囲気と姿に自身の心配や不安ごとをよそに楽しそうな2人に心を痛めた柳忠。

 

家族団欒である夕食時、沈黙が続く中黙々と食事を進めるその様は、まさに雰囲気が最悪の状態でした。

しばらくしてまた怒りが湧いてきた柳忠。

 

これまでの一連や今回の皇太子妃の話も全ては自身への復讐だと言う父に、冷静に発言を控えるように言う柳江。

柳忠は、息子の花蓮が皇太子妃に選ばれるはずがないと断言したことに、怒っているらしいです。

 

あまりにも皇太子の肩を持つ息子に、皇太子が花蓮を選ぶはずがないという皇太子の兄のような発言に、戦地で一緒にいたために情でもできたのかとぐちぐちと息子を責めます。

父の発言を黙って聞いていた柳江は、静かに箸をおき自身が発した言葉はそういう意味ではないと言います。

 

花蓮に皇太子妃として足りない部分があるのではなく、皇太子の欠点が多すぎるので花蓮が皇太子妃になることはないと言う柳江。

皇太子が性格が多少問題あっても家柄や顔、体格に財力など全てを鑑みても婿として申し分がないのは理解している柳忠は、息子の言葉に疑問を持ちます。

 

しかし柳江は、それらの認識を客観的に見た事実だと言い否定します。

皇太子と5年ほど戦場で一緒だった柳江だからこそ分かることがあったと伝える息子。

 

柳忠はそのわかったことがわかりません。

柳江は、静かにその時その場にいた時を思い出し静かに父に伝えました。

 

皇太子には、人の心がないと・・・。

野獣のような皇太子に愛されすぎてる9話の感想

柳忠と蓮皇帝の自身の子供たちを自慢する喧嘩が勃発した話でした。

柳忠の娘、花蓮に対する溺愛っぷりはこれまでの話で出てきていましたが、蓮皇帝の息子、皇太子に対する自慢もなかなかなものです。

 

蓮皇帝としても、息子が家柄もルックスも学歴・財力も全てにおいて優れていると説得する姿は、息子自慢をしているような様子でした。

しかし、柳忠の自身の娘でも嫁がせるのかという質問に一瞬躊躇したところを見ると、外面は結構いいようですがやはり周囲が怖がっているように内面に問題があるのかも知れません。

 

実際に共に戦場にいた柳江も皇太子を獣や人の心がないと言っているあたり、人として欠落しているところがあると感じる部分が沢山あると考えます。

 

実際の皇太子が本当にそんな残虐性が目立つ人間なのか?

皇太子妃をちゃんと選ぶのか?

 

今後、花蓮との関わりにも注目です!

まとめ

今回は漫画野獣のような皇太子に愛されすぎてる』9話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

絶対に花蓮を嫁がせたくない柳忠と自慢の息子を否定される蓮皇帝。

 

2人の激しい口論の中、1人冷静な柳江。

柳江は、花蓮を嫁がせないと暴れる父に静かに、皇太子が自身の妻を迎えることはないと断言します。

 

その理由とは?

≫≫次回「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」10話はこちら

無料漫画アプリおすすめ

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

☆電子書籍で読むメリット☆

無料で漫画を読める「違法サイト」はありますが、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

・登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

・毎日最大50%ポイント還元!

1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪