野獣のような皇太子に愛されすぎてるネタバレ&感想

漫画『野獣のような皇太子に愛されすぎてる』11話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな

会議中に突然の皇太子の登場!父である蓮皇帝に願い事があるというがあまりの傲慢な態度に・・・!

こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 野獣のような皇太子に愛されすぎてる』11話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」10話はこちら

野獣のような皇太子に愛されすぎてる11話の見どころと注目ポイント!

花蓮の父、柳忠のストレスの根源は蓮皇帝が深く関わっていそうな気がする中、御前会議が開かれていました。

帝国のトップである、皇帝を初めそれに通ずる重要な役職を持つ者達が集まり、今後の帝国についてなどの重要な話を会議するこの御前会議で、いかに皇太子が恐ろしいかを輸国の使節団に言われた柳忠。

 

今回の戦では、大きな利益と共に勝利したので報酬と役職を与えたいという皇帝からの意見に対する議題にそれぞれの、考えを言う中突然現れた皇太子。

国の政治などに興味がないと聞いていた皇太子が突然現れた理由とは何でしょう?

 

しかも国に対して重要な会議がある中、乱入してきたのでそのことに自由に振る舞う皇太子に苛立つ柳忠達。

皇太子の目的とは何か、とても気になるところです。

野獣のような皇太子に愛されすぎてる11話のあらすじ込みネタバレ

会議中、突然現れた皇太子 彼の目的とは・・・?

誰も入れない重要な会議中に突然現れ乱入した皇太子

周りは呆気にとらわれるますが、皇太子が会議中に乱入するのはこれが初めてでありませんでした。

 

国に関する政治や物事に興味がない皇太子でしたが、一度自分がしたいと思ったことには会議中であろうともなんであろうとも気にせず乱入していました。

皇太子という人間は、そういった礼儀や丁寧さに欠ける部分が多々あり、元々頭や体に礼儀という概念がないと言う方が正しいと周囲が思えるほどです。

 

見た目がどんなに端正でも皇太子という人間は、食欲・殺人・快楽この3つで埋め尽くされているような印象を与え、内面が腐りきっていると考える柳忠。

一度蓮皇帝へ、批難の目線と与えましたがすぐ逸らされました。

 

蓮皇帝の目の前に立った皇太子。

突然の息子の訪問に会議中に入るなと簡単に注意するとなぜ会議中に乱入したのかという理由を聞いた蓮皇帝。

 

周りが固唾を飲む中、蓮皇帝へ頭を下げた皇太子は静かな声でお願いがあると答えました。

突然のお願い事発言に驚く蓮皇帝。

 

しかし、頼み事があるという皇太子は皇帝の前でも頭は下げていても、傲慢な態度は変わらないため少しでも謙虚な態度がないものかと呆れる柳忠。

その姿は、後々即位する帝王という座には相応しい姿ではありますが、獣のような本能的な性格も目立つため少しでもなんとかならないものかと呆れます。

 

息子のお願い事宣言に、蓮皇帝は戸惑いながらもお願い事の内容を聞きました。

しかしその肝心の願い事の内容を言わない皇太子に、とりあえず願い事の内容を言ってみろと言うと皇太子は言ったら叶えてくれるのかと逆に質問し返します。

 

内容がわからないため、内容を聞いてから答えるという蓮皇帝の判断は正しいと感じますが、その返答が気に入らなかったのかすぐ出入り口へ体を後ろに向き、だったらいいですと帰ろうとする皇太子。

そのあまりの態度に、周囲は固まります。

 

それでもあえて引き留めまずは、願い事の内容を聞いてみないことには返答ができないと答える蓮皇帝に一瞬考えますが、それでもやっぱりいいですと答える皇太子。

その態度に周りの歳を召した役職の者達は、苛立ちが強くなります。

 

そんな周りの様子もお構いなしに、帰ろうとする皇太子に息子の突然のお願い事に興味があるのかある程度の事は叶えると伝える蓮皇帝。

帰ろうとする足を止めますが、拗ねたのか願い事を話そとしない皇太子に周りはどうすればいいのか慌ててきました。

 

そんな中、あまりの態度に呆れる柳忠に白羽の矢が刺さりました。

皇太子に呆れる柳忠 周りの無言の圧力に渋々・・・

周りの慌てふためく中、1人呆れていた柳忠に周りは助けを求めるような雰囲気で、代わりに聞いてくれというほどの無言の圧力を感じる柳忠。

蓮皇帝もどうしたらいいのか分からないのか、柳忠に助けの視線を送ってきます。

 

そのことに面倒くささを感じつつも、早く花蓮に会いたいため渋々蓮皇帝に提案するような形で、助言します。

それは先ほど議題に上がっていた皇太子の戦に対する大きな利益と結果に対しての褒美として、お願いを聞いたらどうかという内容でした。

 

公然的に願い事を聞いてもいい理由ができたため、蓮皇帝は戦の利益と褒美として皇太子の頼み事を1つ何でも無条件に聞くという意見を出し、その場にいる者達に同意を求める蓮皇帝。

しかし、1人の役職の老人が震える手を挙げ、その願い事が誰かを殺してほしいという願い事だったらどうするのかという意見を怯えながら出します。

 

その意見を聞いた皇太子は、1人ニヤリとし誰かを命や財産・家族を奪うというのは自分1人で十分だと答え、その関連の願い事ではないと否定する皇太子に、不穏なことを言いつつもとりあえず安心する周囲。

それでも願い事を言わない皇太子に焦れたのか会議が残っているため、早く蓮皇帝にその願い事を話せと言う柳忠。

 

その言葉に、蓮皇帝は再度願い事とはなんだと聞きます。

皇太子は、立ち上がり不敵な笑みを顔に出しながら願い事を言おうとします。

 

皇太子の雰囲気が変わり騒がしかった周囲も静かに皇太子の願い事に耳を傾けます。

そして柳忠も、耳を傾けますがその空気感と直感的に嫌な予感がすると一瞬感じました。

 

一体皇太子の願い事とは・・・?

野獣のような皇太子に愛されすぎてる11話の感想

やっと登場した皇太子。

今まで柳忠を初めとする周囲の印象や感想での人物像として出てきていましたが、ここでやっと目下の話の中心人物である皇太子が登場しました。

 

周囲の印象通り、父とは言え帝国の頂点にいる蓮皇帝に対しのすごい傲慢な言い方に流石の周囲も唖然としていました。

いきなり会議中に乱入したと思えば、願い事があるといいしかし聞くと断言しなかればじゃあいいとすぐ振り向く様は確かに、ちょっと生意気に感じます。

 

それでも、皇太子の願い事を聞こうとする蓮皇帝になんやかんやで話の節々にも出ていましたが、やはり息子が可愛いのかな?と個人的に感じる部分もありました。

そして、結局皇太子の願い事がわからないままこの話は終わってしまいましたが、会議中に乱入してまで聞いてほしい願い事とは何か?

 

今回はあまり予想ができません。

一体なんなのか、とても気になります。

まとめ

今回は漫画野獣のような皇太子に愛されすぎてる』11話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

会議中に突然乱入してきた皇太子。

 

蓮皇帝に願い事があると言う傲慢な態度に周囲は、苛立ちながらも突然の息子の願い事発言に興味深々の蓮皇帝。

願い事を必ず叶えてほしいと言いますが、全然その願い事の内容を言わない皇太子。

 

果たして彼の願い事とは一体?

≫≫次回「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」12話はこちら

無料漫画アプリおすすめ

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

☆電子書籍で読むメリット☆

無料で漫画を読める「違法サイト」はありますが、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

・登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

・毎日最大50%ポイント還元!

1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪