私の旦那様は3歳児 ネタバレ50話【ピッコマ漫画】姉ではないと疑う司琴。司琴がとった行動は!?

漫画『私の旦那様は3歳児』50話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
どんどん大胆に唯に迫る謝祈。そして謝祈は司琴に対しどういう感情を抱いているのでしょうか!?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『私の旦那様は3歳児』50話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「私の旦那様は3歳児」49話はこちら

私の旦那様は3歳児50話の見どころと注目ポイント!

謝祈は唯とキスをするのか?それともしない止まりなのか?よく分からない所で終わったので、今回は結果が明らかになると思います。

 

そして、司琴は今回行動にでると思うので、今回はどういった行動にでるのかがポイントですね。

その内容によって唯や謝祈はとるべき行動が決まりそうです。

 

前回の感じをみてると、まだ二人とも探り探りだった感じがしますし。

特に謝祈は司琴が来たことにより、色々と裏で動きそうです。

私の旦那様は3歳児50話のあらすじ込みネタバレ

ちゅっちゅしたい謝祈

謝祈は唯の唇を触れた指を自分の口にあて、味をたしかめました

口づけの味はしょっぱいのか?と心の中でつぶやく謝祈。

 

唯はキョトンとして、何してるの?と突っ込みます。

そして、横で一部始終を見ていた司琴は、姉上に口づけしましたね?と、すごい激怒状態。

 

謝祈は、そうだと言いながら、今しゃしゃり出るとは目障りだと心の中で思います。

すぐに謝祈は子供の振りをし、お嫁さんと毎日ちゅっちゅしなきゃーとはしゃぎました。

 

さらに激怒した妹は、姉上に口づけするとは恥知らずだと制裁を加えようとします。

それを阻止してなだめたのは唯で、とりあえずご飯を食べようということに。

 

謝祈ははしゃぎながら、唯の頬についてるご飯粒を笑顔でとりますが、俺が司琴を殺さないか心配なんだよなと小声で唯に確認しました。

私の考えがわかっていたと驚く唯は、さっき謝祈が見せた顔が怖かったからもしかしたら司琴を・・と思ってたのです。

 

豫王の時や、今もお嫁さんは他人を助けるために僕を遠ざけると悲しそうな顔で言う謝祈。

私が他人を気にかけると嫌ということ?それってヤキモチなのかな?それとも独占欲なのかな?と考える唯。

 

謝祈は無理してしょっぱいご飯を食べて、お嫁さん怒らないでとなごませます。

ですが、毒がはいってるからしょっぱいと口から出さいてしまう謝祈。

 

私がたくさん塩をいれたからだと笑いながら謝祈を指差す司琴。

怒って膨れる謝祈を見て笑う司琴ですが、馬鹿殿が何をしようとしてるか知らないが、姉上を傷つけはしないと思うのでした。

 

唯の部屋に来た人物は・・・

夜になり、部屋に戻る唯ですが、ずっと警戒してて疲れてきてました。

そこへクナイを唯の首にあてて脅してきたのは、なんと司琴。

 

あんたは一体何者?と脅し、唯は落ち着かせようとします。

死にたくないなら林十一がどこにいるか白状しろと怒る彼女。

 

やっぱり飛花閣の人間だったとわかり、私は林苑であり林十一だと答える唯。

しかし、林十一は殺し屋の中でも冷血で有名だから、あんたとは違いすぎると言い、騙せるととおもってるのかと凄む司琴。

 

なんとか落ち着かせようと唯は頑張りますが、姉上をどこにやったか言え!と聞かないのです。

挙げ句クソ女呼ばわりするので、呆れてきた唯は、とりあえずクソ女でいいから落ち着いて話し合いましょうと促しました。

 

そして、この焦りをみてみると、林十一はこの子の姉で間違いなさそうと確信し、私は唯で魂が入れ替わってるだけだからなんとかこの子をだませるはずと考える唯。

唯は悲しい顔をしながら、目が覚めたときは何も覚えてなかったと記憶喪失のふりをします。

 

興奮しながら嘘だ!と叫ぶ司琴は、記憶がなくなっても性格が変わることはないと言います。

それに対し唯は、私が本当の姉ではないとどうしてわかるの?と質問し、普通の女の子ならだれだってお姫様になりたいはずだし、殺し屋なんかになりたくないと説得しました。

 

本当に記憶喪失なのか?・・・と思いながら司琴は1年前の琴を思い出します。

肩書に拘る姉に、なぜか理由を聞くと、守らないといけないものがあるから行くしかないと言って行ってしまった林十一。

 

私達はよくても母上には必要だと言ってたのでした。

 

くないを持つ手をゆるめた司琴に唯は、記憶喪失ネタはやっぱり有効だと感じます。

あなたが信じようが信じまいがこれが真実だし、私はただの林苑だと言う唯。

 

殺し屋には戻らないし、あなたの正体も聞かないからもう今日は帰ってと言いました。

司琴は、追い出すの?と悲しい顔をして言うと、まだ子供なのに・・と手を差し伸べる唯。

 

しかし、その言葉がいけなかったのか、私はそこらの単純な子供じゃないと怒り、姉上が記憶をなくしても私のことを覚えてるはずだと言いながら唯の肩に手をかけると、唯の服がはだけました。

そして、唯の肩には兎のようなアザが・・・

 

アザに見覚えがある司琴は本当に姉なのかと思いました。

唯はいきなり手をだされたと思って、条件反射で抵抗してしまい司琴を突き飛ばしてしまうのでした。

 

謝祈の司琴対策とは

一方謝祈は黎霜からの報告を受けてました。

飛花閣は我々の監視下にあるのですが、司琴という人物の正体と目的については情報が入ってないとのこと。

 

そして、司琴が王妃(唯)に手をだしたことも報告する黎霜。

謝祈はニヤつきながら、林苑のことは心配無用だといい、あやつはそんな事を対処できないほどではないし、その程度だったら俺がこんなに・・と語ります。

 

ぼそっと、惚れてはないと?と、続きをいってしまう黎霜。

にやけてた謝祈の目つきは鋭くなり、邵涛を呼び戻すよう命令します。

 

邵涛がいれば司琴も林苑にこれ以上手出しはできないと考える謝祈なのでした。

私の旦那様は3歳児50話の感想

あらたな人物として邵涛という司琴とつながりがありそうな人物が登場しそうですね。

最後あたりの謝祈のニヤケ具合は、かなり自分に酔っているように感じられる顔だったので、今後何かやらかしてしまわないかと心配してしまいます。

 

前回はキスするかどうかで終わりましたが、間接キスという感じだったんですね。

でも時代背景から考えると、謝祈がとった行動でも大騒ぎといった事なのかな?と・・・

 

そして、司琴に対して表した表情を唯は気にしていたことも感じ取っていたので、どこまでが本心でどこまでが演技かわからない所がありますね。

 

司琴に関しては、今回の件で結構唯の琴を信用したのかもしれませんね。

中身は違っても体は一緒で、力も一緒なので、アザと林十一並の技を食らった司琴は、疑うことをしなくなりそうです。

 

次回は司琴にかなり焦点をあてた話しになりそうかな?と予想しますが、次回の展開が楽しみですね。

まとめ

今回は漫画『私の旦那様は3歳児』50話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

林十一ではないと思った司琴は行動に移しましたが、唯も割と演技派で難を乗り越えた回でした。

 

≫≫次回「私の旦那様は3歳児」51話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

☆電子書籍で読むメリット☆

無料で漫画を読める「違法サイト」はありますが、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

・登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

・毎日最大50%ポイント還元!

1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪