ダメ貴族になりたい公爵令嬢ネタバレ&感想

漫画『ダメ貴族になりたい公爵令嬢』48話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
アドリーヌもいつの間にかペトルスのことを考えてる…!
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『ダメ貴族になりたい公爵令嬢』48話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」47話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

ダメ貴族になりたい公爵令嬢48話の見どころと注目ポイント!

アドリーヌは公爵邸に戻る前に、どうしてもやりたいことがあるとグリッツに言いました。

それは、ミルクティーマイスターを探すこと。

 

しかしミルクティーは社交界では人気がありません。

茶葉本来の風味を楽しむのが正統な紅茶の楽しみ方とされている社交界で、ミルクなんて安いものを混ぜる事は品位を下げることだとされているのです。

 

アドリーヌはそのことをグリッツに聞いて、自分の評判を下げるチャンスだと思い、なおさら連れてくるように言いました。

 

それからアドリーヌの元へやってきたミルクティーマイスター。

初めはあまり乗り気ではありませんでしたが、アドリーヌの沢山のアイデアを聞き、やる気になり、二人はさっそく厨房に行くことにしました。

 

そんな様子を物陰に隠れて見ていたひとりの男性は、あれはミルクティーマイスターじゃ…と思うのでした。

 

アロエや白玉など、かなり強いアイデアを抱いていたアドリーヌですが…良いミルクティーはできあがるのでしょうか?

そしてミルクティーマイスターを知っているあの男性は、何者なのでしょうか?

ダメ貴族になりたい公爵令嬢48話のあらすじ込みネタバレ

アドリーヌのアイデアの試してみると…?

厨房には沢山の材料が保管されており、ミルクティーマイスターは入るや否や、素晴らしい!と興奮しました。

 

さっそくアドリーヌは、手作りのバラのジャムを入れてみましょうと言って準備を始めます。

ミルクティーマイスターは、本気ですか!?と引き気味ですが、アドリーヌは入れてみないと分からないじゃないと言って入れてみます。

 

試しにアドリーヌが飲んでみると…アドリーヌは美味しい!ととても笑顔になりました。

その反応を見たミルクティーマイスターは、冷却の魔法をかけて温度を下げたら風味がより引き立つと言って魔法をかけました。

 

その間、アドリーヌはこれならお店を出せるレベルよ、あなたが店長よ、上手くいけば支店も出せるかも!と話します。

ミルクティーマイスターは、なんですって!?と驚いてしまい、魔法をかけすぎて紅茶を凍らせてしまいます。

 

アドリーヌは、私は本気よ!開店費用は私が全額出すわ!やる気満々。
それを聞いたミルクティーマイスターは、ありがとうございます!それじゃあさっそく弟子を集めてきます!と言って凍った紅茶を持って出ていきました。

 

ミルクティーマイスターの嬉しそうな後姿を見ながらアドリーヌは、猫の姿のペトルスだったら喜んで飲んでくれるかな…と思いました。

そして、でも人間の姿のペトルスだったら、酷い味だ!ってしかめっ面で言いそう…と笑います。

 

そんなアドリーヌをグリッツは、あんなに嬉しそうに…そんなにミルクティーが好きだったとは…紅茶の楽しみ方なんてどうでもいい、アドリーヌ様が喜ぶなら、と思います。

アドリーヌたちを監視していた人物

物陰に隠れて様子を見ていた人物…それはサデーロ侯爵の家臣でした。

サデーロ侯爵邸に戻ると侯爵にアドリーヌがミルクティーのカフェを開くつもりだという事を説明しました。

 

サデーロ侯爵は、そんなものを売っても誰も見向きもしないし、笑いものになるだけだろと笑います。

 

しかしサデーロ侯爵の家臣は、これ以上の監視は無理だと言いました。

そしてアドリーヌの飼っている猫が普通の猫ではなく、強力な魔法が使えるようなのだ、もしかすると秘密裏に雇った護衛かもしれない、と話しました。

 

サデーロ侯爵は、その言葉に、なんだって!?と驚くのでした。

ダメ貴族になりたい公爵令ダ嬢48話の感想

アドリーヌはバラのジャムを入れた紅茶を飲んで、美味しいと笑顔になっていましたが、本当に美味しかったのでしょうか?

初めは本当に美味しかったのかと思いましたが、人間の姿のペトルスに飲ませたら、酷い味だと言いそうという事は本当は美味しくなかったのか?と思いました。

 

売れないミルクティーを作るために、わざと美味しくないものを作ったのかもしれませんね…。

ミルクティーマイスターも、紅茶を凍らせてしまったので飲んでいませんし…。

 

ミルクティーが売れなくても、アドリーヌは困りませんがミルクティーマイスターが可哀想ですね…。

 

また、アドリーヌたちを物陰に隠れて見ていたのはサデーロ侯爵の家臣だったようです。

確かに、今までのことを考えると別荘に侵入者が居るのにペトルスに気付かれないのかな?とは思っていました。

 

今は公爵邸にいますし、その間に侵入したのかとも考えましたが、やはりサデーロ侯爵の家臣はペトルスのただならぬ力に気付いていたようです。

それを聞いたサデーロ侯爵…このまま引き下がるとは思えません、ペトルスに何かするのでは?と心配です…。

まとめ

今回は漫画『ダメ貴族になりたい公爵令嬢』48話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

早速二人は厨房に入り、アドリーヌはバラのジャムを紅茶に入れました。

ミルクティーマイスターは心配そうに見つめますが、アドリーヌは笑顔で美味しい!と言います。

 

そしてこれならお店を出せる、資金は全部出すからあなたが店長でこのミルクティーを売りましょう!と提案します。

その言葉を来たミルクティーマイスターは、驚きのあまり風味を引き立たせるために掛けていた冷却の魔法をかけすぎて、紅茶を凍らせてしまいました。

 

それからミルクティーマイスターは、弟子を集めてくると言って厨房を出ていきました。

アドリーヌはその後ろ姿を見て、猫の姿のペトルスなら喜んで飲むかな、人間の姿のペトルスなら酷い味だってしかめっ面するかな…と考えていました。

 

そんな様子を物陰から見ていた人物…それはサデーロ侯爵の家臣でした。

さっそくサデーロ侯爵邸に戻り、アドリーヌがミルクティーを売るためにカフェを開こうとしていることを話しました。

 

サデーロ侯爵は、どうせ売れないし笑いものになるだけだろうと言いました。

 

サデーロ侯爵の家臣は、これ以上、監視を続けるのは無理だ、アドリーヌの飼っている猫は強力な魔法が使えるようだ、と説明しました。

そして秘密裏で雇用した護衛なのではないかと推測したのです。

 

その話を聞いたサデーロ侯爵は驚きを隠せない様子でした。

≫≫次回「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」49話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら
Pixco | ピクコ
Pixco | ピクコ
公式サイト
  • オリジナル漫画を誰でも作れる完全無料の漫画アプリ
  • 人気のある漫画を一瞬で探せます。
  • スキマ時間に漫画が読める
  • ダウンロードはこちら