後宮契約 ネタバレ6話【漫画】禮華を狙う侵入者はマヌケな雑魚?仕掛けた追跡香の漂う場所は監察部の本部

漫画『後宮契約』6話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
禮華を監視する侵入者は雑魚?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『後宮契約』6話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「後宮契約」1話〜5話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

後宮契約6話の見どころと注目ポイント!

侵入者は間抜けな雑魚?

禮華は紅覇が牢屋で何をしているのか気になりますが、私生活に関与するのは止めておくことにしました。

 

明からもらった礼儀作法の本で勉強します。

突然物音が聞こえたので侵入者だと思い、警戒する禮華。

 

しかし侵入者はかなり間抜けな雑魚のようです。

バレバレの監視の上、屋根から落ちて怪我をします。

 

そして禮華が声を掛けると逃げて行きました。

侵入者の正体がわかるように、禮華は香水を取り出し振り撒きます。

 

特殊な香水で、これを辿ると侵入者の居場所がわかるというものです。

香りの先にいるのは誰でしょう。

後宮契約6話のあらすじ込みネタバレ

禮華が礼儀作法勉強中に侵入者の影

牢屋で紅覇が何をしていたのか気になる禮華。

しかし依頼者のプライベートに干渉する必要はないので考えるのを止めました。

 

兄役設定の明が禮華に礼儀作法を教えます。

禮華は紅覇が囚人に対してどんな趣味を持っていても関係ないと言いました。

 

何を言っているのか意味がわからない明。

とりあえず礼儀の本をしっかり読んでおくようにと指示します。

 

明はサッサと部屋を出ました。

紅覇が牢屋で何をしているのか、明は知っていて知らないふりをしているのでしょうか。

 

一旦気にしないでおこうと、明が置いていった本を読みます。

これを読めば立派な宮廷人になれるという本です。

 

食事、挨拶、その他色々な作法が書いてありますが、つまらない内容だと思う禮華。

気付くと夜になっていました。

 

本の中で官服について書いてあります。

成の国では所属が菅服の色でわかるそうです。

 

監察部は黒、情報部は白。

その時、部屋の外から物音が聞こえます。

 

サッと起き上がる禮華。

屋根の上から音が聞こえます。

 

紅覇が付けた見張りでしょうか。

足音が丸聞こえです。

 

もしくは監視目的の侵入者かもしれません。

禮華は目を閉じ、音に集中します。

 

禮華のすぐ上にいるようです。

少し様子を見るか、こっそり外に出て襲うか、どちらにしようか考えます。

 

礼儀作法の本を見るよりも楽しくなる禮華。

しかし侵入者は大きな声を出して屋根から落ちてきます。

 

禮華はまだ何もしていません。

侵入者は落ちた衝撃で体を痛めたようです。

 

禮華は窓を開けて侵入者に話し掛けます。

侵入者は、簡単に顔を見せるので禮華は驚きました。

 

かなり素人のようです。

禮華は笑顔で世間話をします。

 

侵入者は少し間を置いて逃げて行きました。

見付かったら逃げるのは当然です。

 

紅覇の言う通り、最初は雑魚しか動かないのでしょうか。

しかし雑魚でも見逃す訳にはいきません。

 

禮華は香水を手にし、息を吹き掛けます。

明日、この香りを手掛かりに誰が雑魚を送ったのかわかるはずです。

仕掛けた追跡香で侵入者の正体がわかる

翌日になり、明に侵入者の報告をします。

明は禮華が侵入者を殺していないか心配です。

 

なぜか禮華ではなく侵入者を心配しています。

禮華は香水の瓶を見せました。

 

明は毒だと思い驚きます。

禮華は明をからかい、笑ってしまいました。

 

殺していないことを理解する明。

禮華は侵入者に追跡香を付けていたのです。

 

きっと今は香りを付けながら主人のところにいるでしょう。

追跡香は軽い粉で、3日は取れません。

 

この香りを追跡すれば侵入者を探すのは簡単です。

しかし、明が香水の瓶の香りを嗅ぎますが何も匂いがしません。

 

これは禮華のように特別な訓練をした者しか嗅ぎ分けができないのです。

そこらへんの刺客では香りに気付くこともないでしょう。

 

普通の人では使えない香水ということです。

その香りは、黒服の官職がいる監察部の本部を漂っていました。

 

監察では白衛が仕事をしています。

その近くを大きなたんこぶを作った侵入者が通りました。

 

白衛は、侵入者に対して新人と呼び、足を止めます。

そして担当はどこかと確認しました。

後宮契約6話の感想

紅覇の予想通り、最初に現れた侵入者はとてつもなく間抜けな雑魚でした。

物音を立てる、屋根から落ちる、声を掛けられても逃げないなんて素人目でも驚きです。

 

侵入者としてセンスがないですね。

禮華の仕掛けた追跡香は監察部にあるようです。

 

監察部はいわゆるエリート組織だと思います。

いくら皇妃相手とは言え、こんな間抜けな侵入者を使うのでしょうか。

 

侵入者の主人は白衛が濃厚です。

追跡香は禮華しかわからないでしょうが、直接監察部に乗り込むのでしょうか。

 

まずは紅覇に相談した方が良いと思いますが、禮華がどのように犯人を誘き出すのか楽しみです!

まとめ

今回は漫画『後宮契約』6話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

侵入者が禮華を監視しますが、かなり間抜けな雑魚だとわかりました。

追跡香を付けたので犯人を捜すのは簡単です。

 

禮華のような手練でなければ嗅げない追跡香。

その香りは監察部の本部を漂っていました。

≫≫次回「後宮契約」7話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら
Pixco | ピクコ
Pixco | ピクコ
公式サイト
  • オリジナル漫画を誰でも作れる完全無料の漫画アプリ
  • 人気のある漫画を一瞬で探せます。
  • スキマ時間に漫画が読める
  • ダウンロードはこちら