後宮契約 ネタバレ66話【漫画】虎蓮の印章を後宮の情報部の紫光が持っている理由とは?禮華は殺気を放つ
スポンサーリンク

漫画『後宮契約』66話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
虎蓮への繋がりについて急展開!
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『後宮契約』66話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「後宮契約」65話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
スポンサーリンク

後宮契約66話の見どころと注目ポイント!

思いがけず後宮で虎蓮の手がかりを掴む

花をダメにしたことを禮華に謝罪した紅覇

禮華は紅覇の様子がおかしいことに気付いていますが、紅覇の考えがよく分かりません。

 

花をきっかけに、禮華は虎蓮のことを思い出します。

寝殿に戻ろうとすると、虎蓮の印章を見つけて禮華は青ざめました。

禮華の不在時に通りかかったと言う情報部の紫光の元へ飛んでいきます。

スポンサーリンク

後宮契約66話のあらすじ込みネタバレ

花に触れて蘇る懐かしい記憶

紅覇は、自分が花をダメにしたことを禮華に告白して謝りました。

しおらしい態度の紅覇に、禮華は驚きながらも謝罪を受け入れます。

 

禮華にとっては特に大切な花というわけではありませんでした。

紅覇は目を泳がせながら、誰にもらった花なのかと尋ねます。

 

男なのかと聞く紅覇に、そんなことが重要かと呆れる禮華です。

そんなことより、どうして花をダメにしたのかと禮華は紅覇に聞きました。

禮華の視線に狼狽えた紅覇は口ごもります。

 

迷いながらそっと禮華の手を取り、「他の男から花を贈られるのが嫌だ」と伝えます。

禮華は「あの花は男から贈られたものではない」と答えました。

 

男からの贈り物だとばかり思っていた紅覇は驚き、本当に男からもらったものではないのかとしつこく念を押します。

 

赤くなった顔を手で隠し、今度代わりの花を贈るからと言って紅覇は走り去りました。

禮華は特に気に留めず、国のためにがんばれと言って適当に紅覇を送り出します。

 

実際のところ、送り主が誰なのかわからないのですから嘘ではありません。

禮華は裏庭の茂みにダメになった花を埋めました。

 

花に触れて、花に触れていた頃の記憶が蘇ります。

昔はよく花をもらったものでした。

 

虎蓮、羅音、羅壇と禮華は懐かしい名前を頭の中で繰り返し呼び続けます。

彼らに会いたくてたまりませんでした。

 

記憶の中の虎蓮は、首から印章を下げています。

ところが、その印章が後宮の禮華の寝殿の前に落ちていたのです。

 

それを見つけた禮華は胸騒ぎがしました。

舞陽を捕まえ、誰が訪ねてきたのかと聞けば、情報部の紫光が通りかかったと答えます。

禮華はすぐさま情報部へ向かいました。

禮華は紫光を殺すつもりで

禮華はアホな側室の演技を続けながら勢い良く情報部へ突入しました。

突然側室がやってきたので情報部は大騒ぎです。

 

なぜ情報部へやってきたのか、紫光に何の用なのかと皆口々に尋ねますが、禮華は気にも留めません。

「容姿端麗という噂を聞いたから」という、安定の脳内お花畑っぷりを発揮しました。

 

紫光のもとへ案内してもらい、案内人は部屋の外で待機してくれることになります。

禮華は一人で紫光の元へ足を踏み出しました。

 

紫光は冷静な顔で禮華を迎え入れました。

二人はきちんと顔を合わせるのは初めてでしたが、挨拶もそこそこに禮華が話を切り出します。

 

「自分に何か話があるんじゃないのか」と言いました。

紫光は動揺することなく、「自分を訪ねてきたのは禮華の方だろう」と言い返します。

 

禮華は机の上に、例の印章を叩きつけました。

紫光のものかと尋ねます。

 

紫光と禮華は睨み合い、紫光は肯定しました。

失くしてしまって困っていた、禮華が持っているとは思わなかったと言ってのけます。

 

紫光の見え見えの嘘に、禮華は怒りに震えました。

 

わざわざ目立つ場所に置いた上に、その印章が紫光のものでないことは禮華の方がよく知っています。

虎族の後継者が使う印章であり、虎蓮のものだったからです。

 

それをどうしてこの男が持っているのでしょうか。

禮華は紫光を殺す決意を固めます。

 

その様子を見ていた紫光は、禮華に尋ねました。

過去に虎族の恋人がいたかという質問を耳にした禮華の顔から、表情が抜け落ちます。

スポンサーリンク

後宮契約66話の感想

ほのぼのしている紅覇とは違って、禮華は殺気立っていますね。

わざわざ自分を挑発するかのように、大切なものをこれみよがしに地面に置かれたら当たり前かもしれません。

紫光の狙いは何なのでしょうか?

 

紫光は、以前禮華に似た女性を探していました。

禮華の味方なのでしょうか?

紫光との話の続きが気になります!

まとめ

今回は漫画『後宮契約』66話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

紅覇は花をダメにしてしまったことを、ようやく禮華に謝ることができました。

禮華は虎族の後継者が使う印章を発見し、それを置いたと思われる紫光の元へ向かいます。

自ら口を開こうとしない紫光に苛立ち、殺そうと決めた禮華でしたが、紫光の質問に動きを止めるのでした。

≫≫次回「後宮契約」67話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら
Pixco | ピクコ
Pixco | ピクコ
公式サイト
  • オリジナル漫画を誰でも作れる完全無料の漫画アプリ
  • 人気のある漫画を一瞬で探せます。
  • スキマ時間に漫画が読める
  • ダウンロードはこちら



スポンサーリンク