お兄ちゃんたちに気をつけて!ネタバレ&感想

なな
この記事を読むと韓国漫画『お兄ちゃんたちに気をつけて!』8話のネタバレ込みあらすじが3分で分かるよ!

 

こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『お兄ちゃんたちに気をつけて!』8話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!
←前回 今回 次回→
第7話 第8話 第9話

≫お兄ちゃんたちに気をつけて!の全話ネタバレ一覧はこちら

≫お兄ちゃんたちに気をつけて!漫画や小説の先読み方法はこちら

 

エレンスト家の亡くなったアリナにとても似ていることから、養女として引き取られたハリ。

そのことが許せない3人のお兄ちゃんたちとの日々の物語。

 

前回は、ユージンがハリに迫りすぎたことによって、ユージンはエレンスト公爵にほうを叩かれ、叱られていました。

その後、ユージンとハリの関係がどうなっていくのでしょうか…!?

お兄ちゃんたちに気をつけて!8話の見どころ・考察

今回は、その後のユージンとハリの関係が気になるところですね!

 

そして、ハリはエレンスト公爵夫妻がとても優しくしてくれることに少し違和感を感じ始めます

それは一体なぜなのか。ハリは今までしたことのない愛想笑いをするように。

 

また、キャベル兄さんの性格を完全に把握したハリは、キャベルの扱いがお手のもの!

今回もまた面白くなりそうです。

お兄ちゃんたちに気をつけて!8話のあらすじ込みネタバレ

エレンスト公爵からのプレゼントと違和感

エレンスト公爵がハリの飴を買いに行ったつでに、3兄弟にもプレゼントをお土産に買ってきたのです。

兄さんたちはとても喜び、はしゃいでいます。

しかし、そこにはユージンの姿はありません。少し気まずかったからいなくてよかった…。

 

エレンスト公爵は、飴を受け取ったハリにだけ「他にも欲しいものがあればなんでも言うんだよ。」と声をかけました。

そして、キャベルとエーリッヒに「ハリとも仲良くしないと、次のプレゼントはないぞ。」と続けたのです。

 

キャベルとエーリッヒは、同意するしかありませんでした。

 

エレンスト公爵夫妻がとハリにとても優しくしてくれていることに、ハリは少しずつ違和感も感じ始めていたのです。

エレンスト公爵夫妻を、独り占めしてしまっている罪悪感

キャベルとエーリッヒの後ろで、ハリがひとりでぼーっとしていると、エレンスト公爵夫人と目が合ったのです。

ハリはなぜだかとっさに、愛想笑いをしてしまいました。

 

すると、エレンスト公爵夫人は、「昨日はユージンとケンカをしたんだってね。許してあげてね。」と言いハリのもとへきました。

ハリは、心配をかけまいと元気なふりをして見せると、身体が弱っているせいか急にめまいに襲われたのです。

 

気分が悪くなってしまったので、エレンスト公爵夫妻が揃ってハリを部屋まで送ってくれることになりました。

 

その光景を見ていた、キャベルとエーリッヒは少し寂しそうな表情をしていたのです

ハリは、3兄弟が憎いが、自分だけ特別扱いさせていることに少し気が引けていました。

見栄っ張りのキャベルの扱いは、ちょろい?

ハリがペニとボールで遊んでいると、そこに突然キャベルがやってきてハリの投げたボールに当たってしまいました。

キャベルは、「わざとか!」と言いながら涙目になっていました。

 

心配になったハリは、キャベルのおでこに触れ、腫れているのを確認しました。

ボールが当たって、少し痛かったのかもと反省。おでこの痛いところをなでてあげました。

 

すると、キャベルはハリに優しくされ「もう大丈夫!」と照れていました。

見栄っ張りのキャベルは、「こんなの痛くない!」と言い、見栄を張っています。

 

その後、ポッケに入っていた食べ物をハリに渡し、あとで食べるように言いました。

ハリはそんなキャベルを見て、見栄っ張りでハリが少し優しくしただけで食べ物までくれるなんて、ちょろいなと思うのでした

執事のヒューバートの優しさ

キャベルとの様子を見ていた、執事のヒューバートがハリに声をかけてきました。

子供に戻る前に「ヒューバート」と名前で呼んでいたクセが出てしまい、名前で呼んでしまったのです。

 

焦ったハリは「早く大人になりたくてそう呼んだの。」と、とっさに言いました。

ヒューバートは、「大人より、子供のときの方が幸せなことがたくさんあるはずです。」と言いながらハリの頭をなで、任務に戻っていきました。

 

ハリは、ヒューバートが心配してくれていることに嬉しく思い、幸せな気持ちになりました。

お兄ちゃんたちに気をつけて!8話の感想・続話の考察予想

今回は、さらにエルンスト公爵夫妻が優しくなり、ハリは少し違和感を感じてきていましたね。
その違和感は一体なんだったのか、まだハリの心のうちは分からないままです。
今後、分かっていくのでしょうか!?
そして、ハリはエルンスト公爵夫妻からの優しさが、3兄弟へ後ろめたくもなってきました。
長年いじめを受けていたんだからと、好き勝手生きているハリですが、それでも優しい心を持っているんだなと思いました。
キャベルも、少し見栄っ張りでいじわるなところもありますが、本当は悪い子ではなさそうですね。
ハリと遊びたくて仕方ない様子で、それがまた可愛らしくもありました!
また、今回はユージンの登場がありませんでした。
気まずい雰囲気のままのふたりは、これから打ち解けることができるのでしょうか!?

まとめ

子供の頃に戻ったハリは、エレンスト公爵夫妻の優しさや、執事のヒューバートの優しさに改めて触れることとなりました。
また、ハリは中身が27歳になったことにより前と性格が劇的に変わり、3人のお兄ちゃんたちとの関係も以前よりよくなっているのかも…!?
「お兄ちゃんたちに気をつけて!」は今後もどんどん面白い展開になっていきそうです!