レディーメイドクイーン ネタバレ90話【ピッコマ漫画】パサカリア皇后の死因を特定した
スポンサーリンク

漫画『レディーメイドクイーン』90話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
パサカリア皇后の死因がついに判明?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『レディーメイドクイーン』90話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「レディーメイドクイーン」89話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
スポンサーリンク

レディーメイドクイーン90話の見どころと注目ポイント!

パサカリア皇后の訃報を聞き、その亡骸と対面した皇帝は帝国中で噂されている毒殺ではないと判断したようです。

皇后の周囲を直接お世話していた侍女と侍女長から聴取し、問題なさそうだからと検死の代わりにしようとしました。

綺麗な身体を刻みたくないという気持ちと、自分の正妻である地位の皇后が毒殺されるわけがないという思い込みからでしょうか。

 

しかし、医師は納得しないばかりかある情報を手に入れてくるようです。

事態は急展開を迎えます。

そして、皇后を失ったアビゲイルとラキエルは大丈夫でしょうか。

スポンサーリンク

レディーメイドクイーン90話のあらすじ込みネタバレ

急展開

皇帝は侍女たちかたの聴取を終え、侍医のカルティエにこれで十分かと確認するのです。

しかしカルティエは平常時の症状を確認する事では検死の変わりにはならないと考えていました。

皇帝には、証言を全て記述したから毒物学者たちの見解を聞くと伝えます。

 

その時、ある者が部屋へと入って来て侍従に耳打ちしました。

その情報はすぐに皇帝へと伝えられます。

6日前に第三皇妃のメイドが薬剤師から、様々な種類の薬物を購入した記録があったというのです。

 

それを聞いたビルセン男爵夫人は青ざめました。

皇帝は顔を歪ませ、検死についてに協議の延期すると伝えます。

その前に話を聞く女がいると立ち上がったのです。

 

アビゲイルはラキエルの元へと向かっていました。

その顔は泣きはらしたように見えます。

それでも、ラキエルの名前を何度も呼び抱き着いて泣きづつけるのです。

 

ラキエルは落ち着いてきたアビゲイルにそっと寄り添い、泣かれるとどうしていいか分からない旨を伝えました。

アビゲイルはもう2人だけになってしまった事が悲しく、不安にも感じているようです。

ラキエルもまた、2人きりになってしまった事に悲しみを感じていました。

薬物を手に入れるよう指示した人物

一方、あるメイドが口を割り侍医のカルティエは多くの情報を得ることが出来たようです。

第三皇妃の命令により、リリー・フレネが8種類の毒物である薬物を手に入れていました。

その8種の中で皇后を平穏な死に至らしめるのは一つだけなのです。

 

その薬物はイル・サレルノという薬物でした。

先住民族が矢尻に塗り使っていたものをミルニロの開拓者が持ち込んだ薬物なのです。

西大陸には存在しないものでした。

 

イル・サレルノは特別な症状は出ないものの、対象者の息の根を止める事だけを目的としたものだったのです。

それは皇后が持病を抱えていたとしても、薬物が死因だとすぐに断定されました。

断定された理由が第三皇妃との連絡係が見つかったせいだったのです。

 

その連絡係からルビーを受け取ったメイドは、ビルセン男爵夫人の持っていたブランデーにすべて毒物を入れたのでした。

毒物を入れた本人は、それがどんなものかを知らなかったようですが連絡係は知っていたようです。

連絡係は自分の罪を軽くしようと共謀者たちの名前を挙げましたが、すでに捕まっていた第三皇妃の侍女たちだったのです。

 

その侍女たちも刑を軽くするために、第三皇妃への忠誠などないと主張し些細な事から重要な事まで、全て話しました。

話した情報は全て皇帝へと伝えられたのです。

さらには、侍女たちはルビーがなくとも近いうちに皇后は死ぬ運命だったと伝えたのでした。

 

ある次女は、第三皇妃は首都に戻ってから初めて会ったけど依然とまるで別人だったと印象を話します。

昔から気が強かったが、最近手を出すようになり、不安から酒を煽り皇后の名を叫んでいたと証言したのです。

さらには、ベロン候と怪しい会話をしていたと伝えました。

侍女たちの証言は、皇后の暗殺事件の全貌ではなく第三皇妃の企みを暴くようなものだったと。

皇帝の決意

皇帝は自ら第三皇妃の元へと行きました。

挨拶をする第三皇妃へ最後のチャンスだと皇帝は伝えます。

最後の最後まで与えたチャンスを無駄にしたと皇帝。

 

第三皇妃は死んだように生きろと伝えられたと証言しますが、皇帝は違う意味のようです。

なぜまだ生きているのかを問いました。

第三皇妃は、こわばりながら自分に聞きたい事はあるか尋ねるのです。

 

皇帝はいつからだと問いました。

第三皇妃はエル・ロ・ティラを春の間中毎日一粒入れさせてたと証言したのです。

誰に入れさせたのかと皇帝は尋ねますが、どうせ責任を全て自分へ押しつけるのだろうと口を割らない第三皇妃。

皇帝はある怖ろしい決意を述べたのです。

スポンサーリンク

レディーメイドクイーン90話の感想

毒殺ではないと判断していたところに、ある情報が入って来て一気に毒殺だった事が判明しましたね。

それにしても皇帝と言えどもすぐに重大な情報を得られるのはすごいと感じました。

春中気が付かずに毒物を摂取させられていたそうですが、いったい誰が混入されていたのでしょうか。

 

亡くなるきっかけを作った人物とは違いそうな印象です。

さらには、また身内のように大切にしてくれた皇后さえも暗殺で亡くしたラキエルとアビゲイルが心配でした。

遂に後ろ盾がなくなってしまった形のアビゲイルですが、それは皇帝の座に居られる条件の皇后を失ってしまった皇帝も同じなのかもしれません。

次回、どんな真相があきらかになるか目が離せません。

まとめ

今回は漫画『レディーメイドクイーン』90話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

レディーメイドクイーンの90話のまとめ
  • 毒殺ではないと断定しそうなところに新たな情報が入った
  • 第三皇妃の指示で8種類もの毒物を入れた薬物が購入されていた
  • ルビーのやり取りで死因となった薬物をいれたメイドがいた
  • 皇帝は第三皇妃の元を訪ね、チャンスを無駄にした事を伝えた
  • 共謀者を聞こうとする皇帝に第三皇妃は誤魔化そうとしているようだった

≫≫次回「レディーメイドクイーン」91話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら



スポンサーリンク