皇帝の一人娘 ネタバレ126話【ピッコマ漫画】アヒンとの沈黙に耐えかねたアリアドネの失態
スポンサーリンク

漫画『皇帝の一人娘』126話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
アヒンとの会話は難しい!?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『皇帝の一人娘』126話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「皇帝の一人娘」125話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
スポンサーリンク

皇帝の一人娘126話の見どころと注目ポイント!

アリアドネの失態

思いがけずアヒンと二人で歩くことになったアリアドネ。

ただどうしても、二人で歩いている時間の沈黙に耐えきれませんでした。

沈黙を破ろうとして、アリアドネは失言を連発してしまいます。

スポンサーリンク

皇帝の一人娘126話のあらすじ込みネタバレ

ピュアなアリアドネ

そうそう、とアリアドネは口を開き、皇帝になるんだって?とアヒンに尋ねました。

来月誕生日なんだって?と尋ねるくらいのテンションです。

アヒンは足を止めて硬直しました。

 

その反応にアリアドネは慌てます。

余計なことを聞いてしまったかもしれないと思ったのでした。

ただなんとなく聞いただけだったのです。

 

アヒンについてこの前ペルデルから話を聞いたばかりで、他にあまり知っている情報がないからというのもありました。

しかし、いろいろとあってアヒンはここに来ているんだったということを、遅まきながらアリアドネは思い出します。

これはダメな話題だったと気付き、アリアドネは急いでアヒンに謝りました。

 

謝っても発言を取り消すことはできません。

この気まずさをどうにかしようとすればするほどヘマばっかりしてしまうと思い、アリアドネはどうしようと焦りました。

いいのですよとアヒンは答えます。

 

いいっていったい何が?とアリアドネは落ち込んだまま思いました。

完全に私が悪いのにと思いながら、納得のいっていない顔でじっとアヒンを見つめます。

アヒンは迷ったように口を開きました。

 

皇女様はとてもピュアですねと伝えて微笑みます。

その言葉にアリアドネは赤面して絶句しました。

10歳の子どもに褒められたことに妙なショックを受けます。

 

身体年齢はアリアドネよりアヒンのほうが年上ですが、精神年齢は自分のほうが上なはずだとアリアドネは思っていました。

こんな子どもに褒められてもまったく嬉しくないどころか、逆にプライドが傷つけられたような気分です。

ついに子どもにまでバカにされるのかとアリアドネは思いました。

アリアドネはもう一度別の質問をしてみることに

もちろんアヒンにバカにする意図はないでしょうし、バカにされたわけでもないとは思いますが、なんだか複雑な気持ちです。

まあ確かに私はちょっとピュアだけど…と考えながら、アリアドネはアヒンの後ろをくっついて歩きました。

余計なことを言ったのに、当のアヒンは別に気にしていないようです…が、もしかしたら気にしているのかもしれません。

 

もう知らない!と思い、アリアドネは口を開きました。

聖痕ってどんなものなの?と尋ねます。

沈黙が気まずいのでどうにかしたい一心でした。

 

アヒンは驚いてアリアドネを見つめます。

どうしてそんなことを聞くのかというような顔をしていました。

なんだか気になって、とアリアドネは笑みを浮かべます。

 

こういうときこそ笑顔が役に立つということをアリアドネは知っていました。

翼の形をしているとアヒンは笑顔で答えます。

翼?とアリアドネは聞き返しながら、少し驚いていました。

 

教えてくれないかと思ったのに親切な子だと思ったのです。

アヒンはアリアドネにニコッと笑いかけました。

笑顔が尊い…と思いながら、攻撃力抜群の美少年の笑顔にアリアドネは見惚れます。

 

こいつは間違いなく顔で食っていけるだろうと、次期皇帝に対して的はずれなことを考えました。

スヘルトーの国旗を見たことはあるかというアヒンの問いかけに、翼の6つ生えた雲の花でしょうとアリアドネは頷いて答えます。

アヒンも頷き、あれは聖痕をモチーフにした柄なのだと教えてくれました。

 

そうなのかとアリアドネは驚きました。

つまり聖痕は翼が6つあるのかもしれないと思ったアリアドネはつい口を滑らせて…!?

続きはピッコマで!

スポンサーリンク

皇帝の一人娘127話の感想

沈黙に耐えられないというアリアドネの気持ちは痛いほど分かります…!

ただ世の中には沈黙を気にしないタイプの人も少なくありません。

気まずいと思っているのは自分だけで、相手は特に気にしていないなんてこともありますよね。

 

何か喋らなきゃと思うと失言をしてしまうというのはどこの世界でもありがちな失敗だと思います。

アヒンがどんな性格なのか気になります。

まとめ

今回は漫画『皇帝の一人娘』127話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

皇帝の一人娘の127話のまとめ
  • アリアドネは自分の質問がまずかったことに気付き、慌ててアヒンに謝りました。
  • アヒンからピュアだと告げられたアリアドネは複雑な気分になります。
  • またしても沈黙が続くので、アリアドネは思い切って聖痕について尋ねてみました。

≫≫次回「皇帝の一人娘」128話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら



スポンサーリンク