本を食べる魔法使い ネタバレ5話【ピッコマ漫画】シンクロ、本の中に入り込みます

漫画『本を食べる魔法使い』5話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
本の中に入ったテオドールに何が起こるのかな!?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『本を食べる魔法使い』5話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「本を食べる魔法使い」1話〜4話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

本を食べる魔法使い5話の見どころと注目ポイント!

貴重な本をグラトニーに食べさせたテオドール。

グラトニーの力「シンクロ」により本の世界へと入ってしまった!

そこでテオドールが見たのは理論により強く射出することができるようになった基礎魔法!!

この本の王子そしてそれをみるテオドールに注目です!!

本を食べる魔法使い5話のあらすじ込みネタバレ

シンクロ

目の前にある貴重な本。

これは学院の所有物であるためグラトニーに与えるかどうかを迷います。

誰も管理していない学校の図書室とはいえこれほどの貴重な本をグラトニーに食べさせるのは盗むと同等。

 

結局、テオドールはグラトニーにそれをあげることを決意、グラトニーがそれを食べました。

その瞬間!天地が反転したかと思うと、「シンクロ」という言葉と共に、目の前に戦場が広がりました!!

そして自分がその本の王子アルフォードに変わり戦場の最前線で立っています。

 

テオドールは戸惑っています、体を動かそうとしますが自分の意思で動かすごとはできず目の前に起きていることをただただみる事しかできないのです。

どうやら相手の布陣のリーダーを打ち落とすことが目的の戦いらしく今まさに出撃をしようとしているところです。

王子が剣を上に掲げたかと思うと王子は馬と共に軍隊の先頭に立ち前へと走ります。

 

両陣の先頭が衝突するとすぐに戦場は阿鼻叫喚な様子へと様変わり。

互いに殺し合いが始まってしまいます。

王子アルフォードが中心に至ると敵陣営の将官や歩兵が王子を囲みました!

 

しかし王子は全く焦る様子もなく襲いかかる兵士達を手からはなつ光線で瞬殺

その光線とは基本魔法のマジックミサイル。

基礎魔法だけあって普通はそこまでの威力はないのですが、王子が放つ魔法はまた特別。

 

魔法研究により改良に改良を重ねたマジックミサイルの射出速度は異常に早くその威力も人間を軽く貫通します

その魔法の凄さに驚きを隠せないテオドール。

魔法の使えなかった自分にとってこれほどの単純で高度な魔法は彼を魅了するには十分な力を持っています。

 

敵の大将をロープで結びつけ捕らえてきたシーンになると、あれこれ叫ぶ大将の目の前に王子がやってきて指を顔の前へと差し出し・・。

手の先が光ったかと思うと先ほどより威力の高いマジックミサイルが大将の首を跡形もなく消し飛ばしました。

すると突如王子がテオドールを認識しているような発言をしたかと思うと、元いた図書室に戻っていました。

 

突発的な情報の多さにまた混乱していたテオドールでしたが、頭と手には今までにない感覚を覚えています!!

それは先ほど王子アルフォードが使っていたマジックミサイルの概念。

手を上に伸ばし手に魔力を集中させると、光が手のまわりに集まります。

 

しかしその光の大きさは先ほど見た王子の威力よりもさらに上のらしく図書館を壊しかねないと慌てる暇もなくテオドールはそれを射出するのでした・・。

続きが気になる!もっと詳しく読みたい!と思った方はピッコマ本編で見てね!!

本を食べる魔法使い5話の感想

魔法の応用により放てる速度も威力も違うということにこの漫画は面白いと感じました。

他の漫画のように単純なスキルのような魔法ではなくこの漫画の世界では魔法が学問とされ、理論に基づいて作られていることにファンタジー感をそそられますね・・。

テオドールにとって魔法とは彼にとってのストレスであり、人生であることを考えるとグラトニーによって与えられた力は代償を払っても使いたい力ですね・・。

 

次回は図書館を破壊しそうですが、大丈夫でしょうか?

また新しい魔法を覚えたりと期待が膨らみますね!!次回に期待です!!

まとめ

今回は漫画『本を食べる魔法使い』5話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

今回の話を簡単にまとめると・・。

本を食べる魔法使いの5話のまとめ
  • 図書室にあった普通の本とは異なり貴重な本を渡すと「シンクロ」により本の中の世界へと入ってしまします。
  • その本に出てくる王子になると物語に介入することはできずただただ傍観するのみ。
  • 王子の力は凄まじく襲いかかる兵士達の脳天を的確にマジックミサイルだけで貫いていきました。
  • 本の世界から抜け出すとその王子の魔法理論が頭に刻み込まれ行為力のマジックミサイルを打てるようになっていたのです!!

≫≫次回「本を食べる魔法使い」6話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら