悪女に義理などありません ネタバレ12話【漫画】|ドロテアとアルベルトの関係は?

漫画『悪女に義理などありません』12話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
皇帝の座にふさわしい人物とは?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『悪女に義理などありません』12話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「悪女に義理などありません」11話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

悪女に義理などありません12話の見どころと注目ポイント!

これからを問われたルスランの考えとドロテアとアルベルトの関係が分かります。

皇帝の座についてルスランは何を考えているのでしょうか。

皇帝でいるためにシャロテを裏切ったアルベルトですが、シャロテに未練があるような様子がここで見れます。

悪女に義理などありません12話のあらすじ込みネタバレ

自分のことを王子と思った事がないと言うルスラン

イペニアの後継者であることは偶然そう生まれただけだと。

父は国と国民を守れず、母を逃すことしかできなかった結果、生き残った自分が王子と言うのは身勝手な行動と言います。

 

それを聞いたジュジュは、それでも何も計画がないのか尋ねます。

ルスランは静かに言いました。

リヒトは現皇帝アルベルトと元は同じ家柄であったため、直系の子孫がいない皇帝が他界すれば傍系から新しい皇帝を探すことになると。

 

そしてリヒトは皇帝が暗殺するほど高い地位におり、ドロテアは家系図を辿ればアルベルトの従兄弟の娘でした。

ジュジュは察します。

ドロテアは病弱な体で大公家を守ろうと交渉していた人物であり、嫌いなルスランの頼みを受け入れる人格者。

 

ルスラン自身は皇帝の座に興味はありませんが、その座にふさわしい人物を知っているのです

ジュジュはライバル視して暗殺したリヒト大公の娘が皇帝になった時、アルベルトはどんな顔をするのか考えました。

アルベルトが跡継ぎに恵まれればどうなるかは分かりませんが、ルスランは今の自分にはジュジュがいるからと真っ直ぐに言います

 

それを聞いたジュジュは、今立っているモーデンでアルベルトにティアラをかぶせると告白を受けたことを思い出しました。

そんなまだ見ぬ未来への誓いは意味のない約束に過ぎなかったと思います。

比べてルスランは未来については話しませんが、今についてはっきり言いました

 

これからどうするのか、という問いへのルスランの答えを聞きスッキリしたジュジュ。

帝都へ着いたらまずはヒラリオンを処理するつもりです。

どう処理していくか尋ねるジュジュにお客としてヒラリオンの店に行くことを提案します。

 

組織を買い取ることを提案して受け入れれば裏で処理、断ればそこで・・・。

お金で釣ることに納得しつつもヒラリオンのお店に商売しに行く訳ではないからと考え込むジュジュにルスランは手を差し伸べて、大金を払ってでも手に入れたい女性がいれば話が違ってくると言いました。

ここで第1話の競売場の場面と繋がります。

 

夜、静かな皇室で眠る冷たくなったシャロテを見つめながら、彼女を名前を呟くアルベルト。

その顔は悲しそうなのか何かを悔いているかのような表情です。

シャロテへの思いのを言っているアルベルトの後ろに立つディートリヒが立っていました。

 

ヒラリオンが亡くなったことの報告をしに来たのです。

詳細は不明、毒の調達で利用していたため皇室側で排除する機会を逃した事を言います。

そしてアルベルトに死人に溺れることのないようにと忠告しました。

 

その日は皇后バチルダと枕を共にする日

ディートリヒは追悼よりも皇后と過ごすべきだと言います。

そんなディートリヒとルスランが北部の実権者と言う話しをしながら、それが事実であることを都合良く思います。

 

皇后の元へ行こうとするアルベルトは、ディートリヒにシャロテの遺体を自分の部屋に運ぶように言います

驚くディートリヒを気にすることなく部屋を出るアルベルト。

皇后の元に向かいながらシャロテを恋しく思うのでした。

 

帝都へ着いたルスランとジュジュは買い物をしていました。

馬車一台分の値段がする手作業で作られた帽子を高く思うジュジュですが、ルスランは気にせず・・・。

悪女に義理などありません12話の感想

ルスランはどこまでも謙虚な姿勢でいて素敵です。

ドロテアにもいつかルスランの気持ちが伝わるといいですね。

 

シャロテに未練がありつつも、遺体を自分の部屋に運ばせるのはびっくりです。

皇后とジュジュとなったシャロテが知ったらどう思うのでしょうか・・・。

バチルダを選んだのであれば、とことん向き合ってほしいと思いました。

まとめ

今回は漫画『悪女に義理などありません』12話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

悪女に義理などありませんの12話のまとめ
  • ルスランは自分のことを王子と思ったことはなく、偶然そう生まれただけと思っている。
  • 大公女ドロテアはアルベルトの従兄弟の娘。
  • ルスラン自身は皇帝の座に興味はないがふさわしい人物を知っている。
  • アルベルトはシャロテに未練がある様子。

≫≫次回「悪女に義理などありません」13話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら