本を食べる魔法使い ネタバレ6話【ピッコマ漫画】一番の欠点は自分の魔力不足

漫画『本を食べる魔法使い』6話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
テオドールが魔力を増やすようだよ・・!
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『本を食べる魔法使い』6話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「本を食べる魔法使い」5話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

本を食べる魔法使い6話の見どころと注目ポイント!

テオドールが放ったそのマジックミサイルは彼の体には不釣り合いだった。

今の自分には魔法に見合うだけの魔力が必要だ!魔力がを増加させることを決めたテオドール。

グラトニーの能力により新たに魔力を伸ばせるようになった!

そのグラトニーの新たな能力とは!?

本を食べる魔法使い6話のあらすじ込みネタバレ

器から溢れる水

本にグラトニーの能力「シンクロ」により本の王子の傍観者になった後、テオドールは図書室へと意識が戻る。

テオドールは自分の体に残る不思議な感覚を覚え片手を前に伸ばしました。

すると本の主人公アルフォードが極めた魔法マジックミサイル、その理論が手へと構築され凄まじい光を放っています。

 

テオドールは自分ではそれを制御することができずただただ見ているしかありません!

止まらぬ魔力の収縮そして、輝きをいっそうと増す光それが彼の限界に達したかと思うと凄まじい勢いと共に図書室の本棚へと射出されました!!

破壊される本棚、さらにはその後ろにある壁までもポッカリと穴が開いてしまっています。

 

テオドールは自分が学校の物を破壊したことよりも、自分の放った魔法がいかに強力でいかに今の自分に合っていないかを分析。

肉体に対して魔力の量が著しく少ない彼の体は手から自分にそぐわない力を放ったことでボロボロになってしまいます。

自分がこの魔法に合うような器を持つ必要があると考えたテオドールは、肉体に対する魔力を増やすことを目標にするのでした・・。

学校の外

魔力を一刻も早く自分の器が大きくなるために増やしたいテオドールはグラトニーにその方法について聞きます。

グラトニー曰く魔力を伸ばす方法は100もあるとのこと自分が教えられるのは1日一つだけだ!とテオドールを困らせます。

テオドールが選んだのは最短で魔力を増やす方法。

 

そのテオドールの答えに対して、グラトニーは自分の能力の一つを解放しました。

その能力とは「神髄抽出」それは、魔力を帯びる物を食べることでそれが持つ魔力を自分のものへと変換することができるというもの。

それを聞いたテオドールは早速能力を試したいとうずうずします。

 

学校の物は流石に吸収することができないと、テオドールは学校の外の物を吸収することに決めました!

そうと決まればすぐに実行、ビンス教授の元へと行き外出許可証を取得、門番にそれをわたし学校外へと出ていきます。

学校を出たらそこに広がるのは大きな一本道。

 

中世様式の建物がその両端をたたずみ市場がその道の両脇に続いています。

しかし彼がもともと行こうとしていた場所はそんな賑わう市場ではなく、その外れにある路地裏。

そこを抜けると、市を流れる大きな川、その端に目的の店がありました。

 

店に入ると武器や防具が乱雑に置かれており店主の女性が一人カウンターで座っています。

この店に売ってあるものは全てどのような能力を持っているかわからず運試しのようなもの。

すごい能力を持っている物もあれば呪いの防具である可能性もあるそれは全て手に持って見るしかわからないのです。

 

しかしそれは鑑定が使える人にとっては別の話、テオドールは手を武器へ向けると鑑定を発動するのでした・・。

続きが気になるもっと詳しく読みたい!と思った方はピッコマ本編で見てね!

本を食べる魔法使い6話の感想

今まで魔法が使えなかった人が突然力を持つとその人の体がそれに追いつかないという事はよくある話ですね・・。

もし仮にグラトニーが最初に食べた本が神話級の本だったらテオドールがどうなっていた事か・・。

新たな能力「神髄抽出」も魅力的ですね・・魔力の乏しいテオドールにとっては最高の能力だと思います!!

次回は店で何を買うのでしょうか?すごい武器でも発見するのかな?

まとめ

今回は漫画『本を食べる魔法使い』6話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

本を食べる魔法使いの6話のまとめ
  • 自分に見合わない力はその体に影響を与える。
  • 体の器を大きくするには魔力の増加をする必要がある。
  • グラトニーの能力「神髄抽出」で物を食べることができその物が持つ魔力を自分のものにできる。

≫≫次回「本を食べる魔法使い」7話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら