後宮契約 ネタバレ93話【漫画】太雲に監察部を辞めさせるには…?考えを巡らせる禮華

漫画『後宮契約』93話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
太雲に監察部を辞めさせたい禮華は…!?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『後宮契約』93話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「後宮契約」92話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

後宮契約93話の見どころと注目ポイント!

禮華と知使者の取引

文部のトップである知使者が太雲の父親であることは有名です。

彼に頼まれ、禮華は太雲が監察部を辞めるよう説得することにします。

太雲に監察部を辞めさせてくれれば、その代価として禮華を全面的に支持するという発言に、禮華は知使者が裏切り者ではないかと考えたのでした。

 

知使者が裏切り者ならスパイに続いて裏切り者まで見つけることになります。

禮華はどうやって辞めさせようかと考え込みました。

後宮契約93話のあらすじ込みネタバレ

幽綺の発言

そんなに自分に会いたかったのかと幽綺はニコッと禮華に笑いかけました。

突然どうしたのかと禮華は首を傾げます。

たくさんの花を手にした幽綺は、もちろん会いたいから来たのだと答え、歓迎してくれたのに会いたくなかったのかと幽綺はため息をついてみせました。

 

もちろん会いたかったと禮華は慌てて答えます。

禮華はハンサムな男性が大好きだから!と幽綺個人に会いたいわけではないという理由を付け加えるのも忘れません。

内心では変な発言ばかりで、相変わらず何を考えているのかわからない奴だと思っていました。

 

ハンサム?と聞き返す幽綺に、禮華はもちろん格好いいとニコニコして答えます。

適当に合わせて早いところ追い返すつもりでした。

自分も禮華が愛おしいと幽綺が告げます。

 

禮華はその雰囲気に戸惑いました。

さらに幽綺は、自分のことが気になるだろうと禮華に笑いかけます。

どういうことだろうと禮華は思いました。

 

まるで禮華に対する言葉ではなく、緋杏に対する言葉のようです。

それともまさか禮華にも興味が湧いたのかとハッとします。

面倒に思った禮華は、とりあえず話をそらすことにしました。

 

ところでどうして花を持っているのか、まさか自分へのプレゼントかとあたふたしながら禮華は話題を変えます。

違うと答えつつ、幽綺は花を一輪とって禮華に手渡しました。

花を持つ自分を鑑賞するために持っているのだそうです。

太雲の来訪

その夜、禮華は改めてその花を見つめながらぼーっとしていました。

突然花だなんて、知れば知るほど変わった奴だと考えます。

ただの怪しい変態とばかり思っていましたが意外と感情的なところもあるのか、それともまさか禮華が緋杏と同一人物であることを知っているのかと禮華は困惑しました。

 

意外と純粋ってことにしておこう…と禮華はボソッと呟きます。

そこへ窓の外から太雲がひょっこりと現れ、禮華に声をかけました。

しかし、声をかけた途端に太雲は足を滑らせ、無様に地面に落下していきました。

 

その音で禮華は顔を上げ、今日も落ちたのかと内心呆れます。

勢いよく窓を開けて、アホな側室らしく満面の笑みで太雲に挨拶しました。

腰は大丈夫かと笑いかける禮華に、太雲はプルプル震えながら挨拶を返し、禮華に包みを差し出します。

 

風呂敷包みのような物体に、一応受け取ったものの禮華は首を傾げました。

中にはたくさんのお菓子が入っていて、昨日慰めてくれたのでそのお礼だと太雲は爽やかに笑います。

自分は何もしていないと戸惑う禮華に、自分に勇気をくれたからと太雲はキラキラした目で答えました。

 

禮華はその勢いに引きながら相槌を打ちます。

監察部員が監視対象に堂々と会いに来てどうするんだと内心頭を抱えました。

太雲は窓から部屋に入り、机の上に置かれた花に目を留めます。

 

禮華は花が好きなのかと笑いかけ、花の名前を尋ねました。

キツネ花だと禮華が答えると、初めて聞いたと太雲は微笑み、可愛い名前だと褒めます。

禮華の脳裏にキツネの耳がついた幽綺の顔がよぎりました。

 

可愛いのは名前だけじゃないと呟いて禮華は笑います。

9割は変態と怪しさでできていると思いながら…。

太雲は思い出したように、お茶も持ってきたのだと禮華に伝えました。

 

禮華は笑顔でお礼を伝えつつ、そろそろこの子を説得しなければと考えます。

監察部を辞めさせるためには何から質問したらいいのかと考えた禮華でしたが…!?

続きはピッコマで!

後宮契約93話の感想

幽綺は本当に何を考えているのか分かりませんが、以前よりも禮華に対して露骨に絡んでくるようになったようです。

白衛が禮華との距離を縮めたことで焦ったのかもしれませんね。

緋杏であることはとっくに気付いていますが、それを知られていることに禮華が気付いていないのが心配です。

 

太雲は優しい子だなと思いました!

後半では彼が監察部を志した理由も明かされて納得させられるので、ぜひイラストつきのピッコマで読んでみてくださいね♪

まとめ

今回は漫画『後宮契約』93話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

後宮契約の93話のまとめ
  • 幽綺は禮華に、まるで緋杏かのように接して、花を一輪渡して去っていきました。
  • その夜いつものように屋根から落下した太雲が禮華にお礼を伝えて部屋に入ってきます。
  • 彼の持参したお茶とお菓子を食べながら、禮華はどう探りを入れるか考えました。

≫≫次回「後宮契約」94話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら