野獣のような皇太子に愛されすぎてるネタバレ&感想

漫画『野獣のような皇太子に愛されすぎてる』25話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな

花蓮との時間を邪魔をする蓮皇帝。怒りに満ち溢れる中、蓮皇帝が吉日の話をしていたと事実が判明。一体、蓮皇帝の策略とは・・・?

こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 野獣のような皇太子に愛されすぎてる』25話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」24話はこちら

野獣のような皇太子に愛されすぎてる25話の見どころと注目ポイント!

皇太子の謎すぎる質問攻めがあった後、また何かを企んでいそうな表情のまま前話が終わりました。

25話は、その次の日だと考えられますが皇太子がどんな風に動くのかがとても気になります。

 

そして今回のこの25話では、柳一家にとってとても重要な事態が発生したようです。

まだ話が止まったままの皇太子妃の話から今後、花蓮と皇太子の関係に注目です。

 

蓮皇帝と柳一家の争いごともですが、それに振り回される周囲など難しい話や暗い政治や人間関係の話というよりは、どこかギャグやコミカルが強いすごく読みやすい漫画なので、今後の展開にとても期待します。

野獣のような皇太子に愛されすぎてる25話のあらすじ込みネタバレ

花蓮が行宮へ 楽しい昼食中に・・・

出入り口で1人待つ柳江。

そこで声をかける1人の女性。

 

顔をそちらに向けるとそこには、狩布を被った花蓮がいました。

場所を行宮の食事をするところに移動すると、父である柳忠と兄の柳江と一緒に食事をしていたところに、1人の内官が訪れました。

 

柳忠を呼びにきたようですが、内容を聞く前に拒否します。

内官は、そんな殺気立つ柳忠に怯えながらも蓮皇帝が呼んでいると言う旨を軽く伝えると、柳忠の怒りの声が部屋中に響きました。

 

大声で怒りの声を上げながら暴れる父を、必死に抑える花蓮と柳江。

また柳忠がこんな風に暴れるのは、花蓮が行宮へ訪れる毎日のこの時間に蓮皇帝が計ったように内官を送ってくることにも原因があるようです。

 

蓮皇帝の用事で大切な花蓮との食事を抜けて、実際に皇帝に呼んだ理由を聞くと、ただただ寂しいというだけの理由でした。

花蓮という娘と一緒に食事をとる自分に対しての陰謀だと、暴論を言う蓮皇帝に怒りが募ります。

 

自身の息子である皇太子は、絶対に蓮皇帝と一緒に食事などは取らない人間なので、そんな親子団欒をする柳忠に嫉妬して故意に邪魔をしているんだと考えます。

そんな邪魔が毎日のように続きとうとうストレスと怒りがまた爆発した柳忠。

 

花蓮と食事ができないと内官に怒りをぶち撒けますが、内官も蓮皇帝に言われて呼びに来ているためどうしよもうない状況に、怒りまくて暴れます。

あまりの父の暴れっぷりに呆れた柳江は、念のため内官に用事の内容を聞きます。

 

しかし、内官は内容を知らずに困ったように謝罪すると、柳忠は頑固に蓮皇帝の呼び出しに応じないと言い切り知らんぷり。

罰で殺されようとも晒し者にされようとも花蓮と食事をすると、言って聞かない柳忠に内官は困り、柳江と花蓮は呆れます。

 

そして、内官に蓮皇帝にこれ以上呼び出すならタダじゃなおかないと伝言を言うと、板挟みになっている内官は困り果てました。

花蓮と内官の困りように、柳江は助け舟を出しました。

 

暴れ怒り狂う柳忠の言動は問題ですが、しかしにこうなるまでには家にも帰らず行宮に籠りっきりで業務をしているという一つの原因もあるので、蓮皇帝の食事の時間の時だけは時間を空けてくれないかと許可をとります。

そんな柳忠と柳江の話を聞いていた内官でしたが、蓮皇帝は呼び出しに応じないなら今後、柳忠の全ての物を預かると言われていると伝えます。

 

蓮皇帝の脅迫とも取れる発言ですが、怒りを通り越して呆れた柳忠は花蓮以外の望むものを全て預けるから花蓮との時間を邪魔をするなと念通し言う柳忠。

柳忠の伝言を蓮皇帝に伝えるために、部屋を出ようとする内官。

 

しかし柳江は、蓮皇帝の言葉に引っ掛かりを感じていました。

蓮皇帝の発言 不吉な予感

蓮皇帝の今度全ての物を預かると言う言葉に、適当に言ってるのではなく何か明確な目的があるのではと考えた柳江。

離れようとする内官を呼び止め蓮皇帝が最近、積極的にやっている仕事について探りを入れる柳江。

 

内官は、呪桓瑞と言う帝国の礼法や宗教的な部分を担っている部署の人間が、蓮皇帝に謁見を申し込んでいたのを見たためその事柄に関することなのではと言います。

しかし、この時期になぜ蓮皇帝あてに呪桓瑞が来ているのかが、分からない柳江は首を傾げます。

 

しかし話を聞いていた柳忠は、顔面蒼白で内官に呪桓瑞と蓮皇帝が吉日を決める話をしていたのではないかと言うと内官は戸惑いながらも肯定しました。

その事実にきつい顔で爪がくいこむほど、強くにぎります。

 

父の異常な様子に呪桓瑞と蓮皇帝が決めた吉日に何かあるのかと考える柳江。

父の反応を見ている柳江は、一つの仮説が立ちます。

 

それは、とうとう皇太子妃に関することに動き出したのではないかという仮説です。

これまでは、皇太子妃となる候補を集めたりなど大したことではないことしか動かなかった蓮皇帝達が本格的に動き出したのではないかと考えます。

 

もしそうなった場合、皇太子のような獣に花蓮を近づかせたらとんでもないことになると考えた柳忠と江は、その事実に暗い顔を出します。

話が分からない花蓮は、顔が暗くなった父と兄の様子に吉日などの意味が分からないので、何かよくない事なのかと心配する花蓮。

 

そんな娘を見て、駄々をこねていた柳忠の態度が変わり花蓮から離れ、蓮皇帝がいるところに行ってくると言います。

突然の父の変わりようにびっくりするも、吉日はめでたい事があるはずなのに顔が暗い2人に首を傾げながらも父を案じた花蓮は、心配する父にちゃんと帰ると伝えます。

 

兄も父に同行するようで、1人で帰る花蓮に注意事項をちゃんと伝え1人で無事に家に帰るように伝えます。

それを快く承諾した花蓮。

 

そして、柳忠と柳江は強い意志を感じる瞳をしながら、蓮皇帝に挑むような雰囲気で内官に案内するように言いました。

ただ1人、蓮皇帝と柳一家のいざこざに巻き込まれた内官だけがただ、不憫でした。

野獣のような皇太子に愛されすぎてる25話の感想

今回の1番の被害者は、内官でした。

柳忠の暴れっぷりには子供かと思うくらい少々呆れてしまう部分もありますが、辞めたいといっているのにやめさせてもらえず家族団欒も家に帰ることもできない状態が続いているようなので、これは現代でいうパワハラに耐えてると考えるとしょうがないような気がしてきます。

 

しかし、今回の話でとうとう皇太子妃についての話が進んだような気がします。

そして同時に嫌な予感がすると花蓮を溺愛する2人の、覚悟を決めた戦闘態勢にそこまで花蓮を嫁に出したくないのかと笑ってしまいました。

 

1番の被害者だった内官は、とても不便でしたがとても面白かったです。

まとめ

今回は漫画野獣のような皇太子に愛されすぎてる』25話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

行宮で働き詰めの柳忠に、昼食と荷物を届ける花蓮。

 

家族団欒の中を、壊す蓮皇帝に殺意を出す父を必死に抑える光景が見慣れてきた頃、蓮皇帝がなぜか吉日を決める話し合いをしていたと聞いた柳忠と江。

蓮皇帝の行動に嫌な予感がする2人は、花蓮を守るために立ち上がり大切な花蓮との時間を犠牲にして蓮皇帝のところへ向かうのでした。

 

蓮皇帝は一体何を企んでいるのか?

≫≫次回「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」26話はこちら

無料漫画アプリおすすめ

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

無料で漫画を読める「違法サイト」はありますが、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

・登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

・毎日最大50%ポイント還元!

1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪