ダメ貴族になりたい公爵令嬢ネタバレ&感想

なな
この記事を読むと韓国漫画『ダメ貴族になりたい公爵令嬢 ネタバレ』6話のネタバレ込みあらすじが3分で分かるよ!

 

こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • ダメ貴族になりたい公爵令嬢 ネタバレ』6話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

ダメ貴族になりたい公爵令嬢の前回のネタバレはこちら

ダメ貴族になりたい公爵令嬢6話の見どころと注目ポイント!

アドリーヌの溺愛

アドリーヌの変わり様を身近で見てきた護衛騎士だが、その正体が明かされることになります。

彼は敵か、味方か・・・注目していきましょう。

 

連れ帰った猫たちと早く遊びたくて仕方ないアドリーヌ。

猫たちの正体は明らかになるのか・・・

 

ドラゴンだという猫は、アドリーヌに心を開いてくれるのでしょうか。

そんな心配とは裏腹に、アドリーヌの溺愛っぷりが見られてほっこりするところもあるので見どころです。

ダメ貴族になりたい公爵令嬢6話のあらすじ込みネタバレ

護衛騎士の正体

アドリーヌの行動に、ずっと何かを感じていた護衛騎士のグリッツ。

猫を連れて帰った時、やっとその沈黙を破り、アドリーヌを呼び出します。

 

しかしそんなことより、早く猫たちと遊びたくてソワソワするアドリーヌ。

グリッツは、アドリーヌが獣人市場を買い取ったことに感謝をするのです。

 

実は、グリッツは「獣人人権協会」の会員だと言います。

今までのアドリーヌは、頭の悪いフリをしているだけで、本当は獣人の人権に関心がある心優しい令嬢だと悟ったようです。

 

協会の会員であるにも関わらず、自分は何の行動もしてこなかったと・・・。

しかしアドリーヌの勇気ある行動に、グリッツは尊敬し、忠誠を誓いました。

 

少し面倒な奴だと思いながら、猫たちと早く遊ぶために適当に受けて、下がらせるのでした。

アドリーヌ、猫の正体を掴む!

やっと猫たちと遊べると、大はしゃぎなアドリーヌ。

早速、名前を決めたり、猫グッズを買うんだと楽しそうに話す彼女の溺愛っぷりに少し戸惑う猫たち。

 

中身はドラゴンである猫は、アドリーヌの感じたことのない懐の温かさに魔法のようだと感じるのです。

アドリーヌのことを、自分がかけられた呪いに何か関係するのではないかと考えました。

 

中身はドラゴンであるという猫は、世界に飽き飽きし、滅亡させようとしたところで、世界の樹に呪いをかけられ、力を封印されて猫の姿になったと言います。

アドリーヌを見つめながらもそんなことを思っていると、彼女から名前の提案がありました。

 

可愛らしい名前をつけられると、プライドの高そうなドラゴンである猫は、ようやくその怒りから沈黙を破り、アドリーヌに訴えかけたのです。

驚いたアドリーヌは、話ができることに感動するのです。

 

しかし、本当の名前を問いかける彼女に対してプイっとし、心を開かないドラゴンである猫。

アドリーヌは天然なのか、話ができる猫に対して、挑発するかのように可愛い名前で呼びながらうまく名前を聞き出すことができたのです。

 

猫たちの名前は、ドラゴンである「ペトルス」と、獣人族の王子であろう「クラウス」と言います。

その瞬間、小説を読んで知っていたアドリーヌは、やっとこの2匹が例の猫たちだと確信するのでした。

ダメ貴族になりたい公爵令嬢6話の感想

5話までなんとなく謎の騎士だと思っていたグリッツですが、やっと正体を明かしたと思ったら、まさかの獣人人権協会の会員。

最初は、アドリーヌを監視する何者かと思っていましたが、味方になりそうで一安心しました。

 

しかも、結構熱いタイプの男で、アドリーヌは少し苦手なようですね。

これからも、登場回数が多いキャラなのでしょうか。

私は嫌いじゃないです♪

 

それよりも面白いところは、アドリーヌの猫への溺愛っぷりです。

前世で、保護猫たちの面倒を見ていたくらいなので、愛おしくて仕方ないのでしょうね。

 

ペトルスのプライドの高さを知ってか、挑発をして名前を聞き出すことに成功していましたが、アドリーヌの策略だったのでしょうか。

 

そんな天然的な部分が多く見られるアドリーヌですが、主人公らしく明るくて元気な可愛いお嬢様。

ペトルスのプライドの高さと、アドリーヌの愛らしいキャラコンビはきっと物語を楽しくしてくれるでしょうね。

 

味方になってくれたら、かなり力強いですね。

アドリーヌのあの優しくて、愛らしいキャラなので、敵にはならないとは思いますが・・・

 

どんな関係性になっていくのでしょうか。

 

次回7話では、アドリーヌの挑発に乗ったペトルスが、やっと名前を教えてくれたので、今度はその本当の正体も明かされるのではないでしょうか。

まだ、クラウスは沈黙を続けているので、クラウスのキャラ設定も気になるところです。

 

ペトルスがドラゴンということは、クラウスが獣人族の王子様なのではないかと考えます。

ペトルスとクラウスの関係性も気になります。

 

それと気になるシーンが、二匹が人間になる姿です。

どんなイケメンキャラが出てくるのでしょうか♪

 

女性読者としては、そこも重要な部分ではあります。

気になるところがたくさんありすぎます!

 

7話でペトルスとクラウスの素性がもう少しわかるのではないかと期待します。

まとめ

今回は漫画『ダメ貴族になりたい公爵令嬢』6話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。