レディーメイドクイーン ネタバレ1話~4話【ピッコマ漫画】暗殺された皇女の代わりに生きていく?主人公を救った人物が巻き込んでいく計画とは。
スポンサーリンク

漫画『レディーメイドクイーン』1話~4話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
終身職として侍女なったはずが、皇女として生きていく事に??
命の代わりに提示された条件って??
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『レディーメイドクイーン』1話~4話のあらすじを知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
スポンサーリンク

レディーメイドクイーン1話~4話の見どころと注目ポイント!

皇女の暗殺

障害を持ち、離れた宮に幽閉されていたビオレッタ皇女に終身職として侍女として仕えたアビゲイル。

目の前で暗殺者によってビオレッタ皇女は殺されてしまいます。

 

アビゲイル自身も命を狙われていた瞬間に助けてくれた人がいたのです。

嘘を重ねる人生

助けてくれたのはビオレッタ皇女のいとこであるラキエルでした。

ラキエルはアビゲイルに、ビオレッタ皇女として生きていく事を提案します。

 

なぜ、ラキエルはビオレッタ皇女のフリをさせるのでしょうか。

アビゲイルの人生が一変して、嘘を重ねていく運命が始まります。

スポンサーリンク

レディーメイドクイーン1話~4話のあらすじ込みネタバレ

1話・皇女の暗殺と侍女の救出

怪しい二人組がどちらが皇女かと話しています。

彼らは暗殺者で、片方の男が二人とも殺せばどちらでも問題ないと言いました。

 

そこには殺された女性が横たわっています。

血が付いた剣を見て、主人公は可哀想なビオレッタ皇女様と思うのです。

 

ビオレッタ皇女は第5皇女でした。

5歳の頃から心の成長が止まっている悲運の皇族と言われています。

 

初めて主人公が仕えた時に笑顔で手を振ってくれた皇女は、同じ18歳ですがずいぶん幼い女の子でした。

ひとり宮に幽閉され心は子供のまま一生を過ごしていたのです。

 

たまにブランコに乗ったり絵本を読んだり、花冠をつくる事が全てでした。

こんな風に殺されてしまうとはと苦しくなります。

 

男たちはさっさと主人公も殺せと言いました。

背中を踏まれ身動き取れない状態で、喉元に剣を突きつけられて覚悟を決めます。

 

その時、男が何者かに倒されたのです。

もう一人の男も殺されました。

 

その人は皇女の遺体を見て遅かったかと呟きます。

振り向いて主人公に気が付き近づいてきて、剣を突き立て力を抜けと言いました。

 

衝撃で動けない主人公に、聞こえなかったかと問います。

言葉も出ないのに、なぜ何も言わないのかと尋ねるのでした。

 

主人公はビオレッタ皇女みたく自分もここで死ぬのかと思います。

そんなの嫌だと思った時、助けてくれた男性は何かに気が付き剣をしまいました。

 

主人公が赤褐色の髪色をしている事、そして目の色も皇帝と同じことに気が付いたのです。

運命はおもしろいと男性。

 

あの皇女となるよう主人公に言いました。

その後、ビオレッタ皇女がいた宮には火が放たれすべてが焼けてしまったのです。

 

それを見た主人公は狂ったように笑いしか出ません。

これが主人公を覆う全ての嘘の始まりでした。

2話・主人公の人生

初めてビオレッタ皇女に会った時の事を思い出していました。

主人公は終身職として侍女となったのです。

 

一生皇女の元で働いて暮らすと言う過酷なものでした。

主人公の父親は巨額な借金を残して自殺をし、祖父母にも裏切られ借金のせいで年老いた伯爵に売られそうになっていたのです。

 

母親は守るため家族で逃げるように故郷から去ったのでした。

しかし、その母親も病に倒れます。

 

子どもの頃なら自分が一番不幸だと思っていましたが、世に出たらこのくらいの不幸はそこらじゅうにあると知ったのです。

それでも一生を皇宮から一番離れた名もない宮で過ごす事になるとは思っていませんでした。

 

契約金が良かったのはその理由だったのです。

しかし、母親の治療費や借金も返せました。

 

あやよくば皇子を掴まえて人生を変えたいと思っていましたが、それも夢で終わったのです。

そう考えている時、ビオレッタ皇女は笑顔で振り向き主人公に花冠をくれました。

 

主人公は殿下は本当に優しい方だと頬を触った瞬間、ビオレッタ皇女は燃えてなくなってしまったのです。

そこで気が付き目が覚めた主人公。

 

馬車のカーテンを開けると、見えたのは燃えている宮でした。

まさかビオレッタ皇女はと言う主人公に、男性は既に亡くなっていたと言います。

 

だからと言って火まで放つ必要はあったのかと問うと、証拠を残してはいけないと言うのです。

アビゲイルとラキエル

男性は名を聞きます。

主人公はアビゲイル・デロアと答えました。

 

デロアとは聞いた事がないと男性。

知らないのも無理はないとアビゲイルは言います。

 

辺境の田舎の子爵であり、父親は借金を抱えて自ら命を絶ち母親は病に倒れて兄弟はまだ幼く、弟たちの乳母には給料を払えていないごく普通の家門だと答えました。

 

他のグラントニアの貴族令嬢のように普通に宮廷へ侍女として入ったけど、自分は終身職であり普通ではなかったのです。

そして仕えていた皇女は殺されました。

 

アビゲイルはなぜ自分を助けたのか、そして皇女は殺されたのか男性に聞きます。

そして、男性に一体あなたは誰なのかと問いました。

 

男性はラキエル・ド・エデルガルドと名乗り、エデルガルドの主人だと答えます。

アビゲイルは以前皇太子と一緒に殺された先代のエデルガルド公爵の息子かと思いました。

 

そいうことは、皇太子殿下の伯父であるエデルガルド公爵の有名な子息であり皇后陛下の甥でもあると言います。

ラキエルはよく知っているなと言いました。

 

そして、ビオレッタ皇女のいとこである方がなぜと呟きます。

なぜ身内が亡くなったのに悲しみもせず、事が上手く運ばなかったのを嘆いているのかと衝撃を受けました。

 

ラキエルはあの子が産まれてから今日初めて会ったと言い、初めて会ったら死んでいたのにどう悲しめと言うのかと問います。

今まで一切かかわらずに生きてきたから暗殺者たちの死と何も変わらないと言いました。

 

ただ、とラキエルが言った時アビゲイルは皇女殿下が急に必要になったからかと問います。

そうだとラキエル。

 

アビゲイルは心の中で皇女に問いかけます。

初めて殿下が必要とされたのにと思い、ラキエルに必要となったのに死んでしまったことに憤りを感じているのかと言いました。

 

余りの事に涙を流したアビゲイルに、ラキエルは鬱陶しいと言います。

自分は泣く人間が嫌いだと言うラキエルに、怒りがわいてきたアビゲイルは殿下に想いを馳せ思いっきり泣き喚いたのでした。

 

ラキエルは慌てて黙れと言うと、アビゲイルはピタッと泣くのをやめます。

人を困らせるのがといなようだと言うラキエル。

 

アビゲイルは褒めてもらった事に礼を伝えました。

 

馬車はあるところに到着します。

そこはエデルガルド公邸でした。

 

アビゲイルはなぜ自分をここに連れて来たか問います。

ラキエルは演劇をするにはまず脚本が必要で、それから練習もすると言いました。

 

演劇と驚くアビゲイルに、お前が皇女になる演劇だと言うラキエルでした。

3話・断れない提案

向き合ったアビゲイルの前に盃が置かれます。

ラキエルは誰も幽閉されていたビオレッタ皇女の事を知らないと言いました。

 

だからビオレッタ皇女と同じ髪色で皇族と同じ目の色を持つアビゲイルならビオレッタ皇女に成りすませるのです。

母親には最高の医療と兄弟の面倒も見るし、借金も返してやると言います。

 

アビゲイルは権力に抗えない甘い毒だと思いました。

もし提案を断ったらと尋ねます。

 

ラキエルは断る事はないと言いました。

断ったら待つのは死だけなのです。

 

よく考えろと言い、暗殺された皇女と生き残った侍女と言う事実があり皇宮が侍女を哀れな被害者と考えるかと問います。

真実は、暗殺者や共犯者として殺されるか皇女も死んだからお前も死ねと殺されると言うのでした。

 

ラキエルはその逆が起こった演劇が必要なのだと言うのです。

アビゲイルはこの男は狂っていると感じました。

 

お前が皇女だとラキエル。

アビゲイルは血の気が引いて行くのを感じていました。

ラキエルの目的

幽閉されていた可哀想なビオレッタ皇女の宮に原因不明の火災が起こり、皇后に会いに行っていきた甥のエデルガルド公がその家事に気が付いたと。

そして、皇女は側近侍女のアビゲイルのおかげで助かった事にすると話します。

 

アビゲイルはよくすらすらと嘘が出てくるなと思いました。

後日皇族救済の報酬として、デロア家の爵位を復権させ土地などを与えると言います。

 

そう言う脚本だとラキエル。

アビゲイル・デロアは亡くなり、お前は皇女として生きていくのだと言いました。

 

最初の計画とはだいぶ違うけど、アビゲイルを皇女にして計画を変更するのだと言うのです。

計画を変更とはなにかとアビゲイル。

 

ラキエルは、ウィルヘミナ、カリファ、アリアンヌとは誰か知っているかと問います。

アビゲイルは歴代の女帝だろうと答えました。

 

そうだと言うラキエル。

そして、全員皇后の子供だったと言いました。

 

まさかと思い振り返るアビゲイル。

ラキエルは思ったよりも察しが良いと言い、最初は継承構図だけを荒らすつもりだったと言います。

 

幽閉されていた皇女は実は障害などなく、幼い頃のものはすぐに治ったが幽閉されていたせいで外部に知らせる事が出来なかったせいにするのです。

それはつまりとアビゲイル。

 

ラキエルは、皇女は乳母と側近侍女から教育を受け幽閉されていた宮で読書をし、かなりの教養を身につけたと言うストーリーで皇女を普通の人間に戻すと言いました。

生涯のある皇女では継承権は得られないですが、アビゲイルなら可能なのです。

 

そして、ラキエルは皇室法例上親族間の結婚が可能だから皇城と自分が結婚すれば計画は成功だと言いました。

皇妃の子である皇子たちが騒ごうと、皇后の子である皇女が継承順位1位だからです。

 

そしてラキエルはアビゲイルを見ながら、ビオレッタが亡くなったのは不幸中の幸いだと言います。

ビオレッタと同じ年齢で、髪も目の全て皇帝とそっくりで、皇帝好みの顔をしていると言いました。

 

もう一度言うと言いアビゲイルの髪を触りながら、ビオレッタなら不可能だったけどお前なら皇帝になれると伝えます。

アビゲイルはあなたの目的は何なんだと問いました。

 

ラキエルはアビゲイルの髪を握り締めて、帝国の滅亡だと答えます。

そんなの無理だと言いますが、ラキエルは出来ると言うのです。

 

エデルガルドは帝国の開国をした最高の功臣であり、皇后を歴史上最も多く輩出しているのでした。

歴代侯爵の配偶者はほとんどが皇女なのです。

 

その血縁的には皇族に一番近い男が帝国を滅亡するために自分を皇帝にするのかと思います。

皇室と無関係な自分を皇帝にするなんてとアビゲイル。

 

皇女なるまでは理解できるけど、皇帝なんてどうかしているだろうと言うのです。

ラキエルは血統など所詮虚像に過ぎないと言います。

 

今の皇帝にどれほど初代の皇帝の血が流れていると思っているのか尋ねました。

アビゲイルはラキエルの地位もその血統によるものじゃないのかと聞きます。

 

ラキエルが言う限りなく薄い血によるものだと言うのです。

だから能力があるとラキエル。

 

自分にはないとアビゲイルは言いますが、備わるとラキエルは言いました。

無理だと言ってもラキエルはやれと伝えます。

 

震えながらアビゲイルは、ラキエルまで死なせてしまうかもしれないと伝えました。

そんな事にはならないとならないとラキエル。

 

私にはできないとすがりついたアビゲイルに、出来るようにすると言います。

アビゲイルではなく俺が出来るようにすると言うのでした。

4話・基本設定の勉強

ある本を取ると、扉が現れ開きます。

何も準備をせずにアビゲイルを外に出すわけにはいかないからしばらくここで生活しろと言うのです。

 

そこは、エルデルジウムと言い歴代公爵だけが使っていた部屋でした。

秘密の部屋みたいだとアビゲイルは思います。

 

ラキエルは早速お勉強を始めましょうかと言うのでした。

皇女役をするなら基本設定をしっかりと叩き込まなければなりません。

 

基本設定は、皇女は乳母と侍女に教育され毎日本を読み、かなりの教養を身に着けたというものでした。

一通りアビゲイルがやってみたのを見て、ラキエルはやれやれと首を振るのです。

 

それを見たアビゲイルは一朝一夕で身につくわけがないとイラっとしました。

夜、ベッドに倒れ込んだアビゲイルは遅くまで勉強して疲れたと思います。

 

強要が簡単に身に着いたら誰も苦労しないのです。

アビゲイルはボーっと今日会ったことを思い出していました。

 

そして、ビオレッタ皇女に心の中でこれからどうなってしまうのかと語りかけたのです。

設定の公表と幕開け

ラキエルが部屋に入ってきた時、未だにアビゲイルは熟睡していました。

泣き喚かれるよりはましだと思いますが、今の状況を分かっているのかと思うラキエル。

 

良く寝ていると髪を触ろうとした時、アビゲイルは寝言を言いました。

母親に頭のいかれた男が自分を皇帝にするとかバカの事を言ってきたと呟くのです。

 

思わずラキエルは殴ろうとしてしまいますが、優しく起きてと声をかけたのでした。

それでも起きないアビゲイルの布団を引きはがし、ぐっすり眠れたようで何よりだと怒っているように言うのです。

 

もうお昼だというラキエルに、寝ぼけながらもお昼と言うよりはと指摘します。

 

ラキエルは申し訳ございませんと言い、正確には1時だと告げました。

いらない事を言ってしまったと思うアビゲイルは、ラキエルに敬語を辞めてもらえないかと言います。

 

畏れ多いとラキエル。

皇女陛下だからと言うのです。

 

冗談だろうと言うけど、本気なのでした。

それよりも言っておくことがあると言うのです。

 

今日皇后が来ると、正確には明日の早朝だと言いました。

パサカリア・ド・エデルガルド皇后殿下の母親です。

 

アビゲイルは急に震えが来て、会った瞬間バレると怖くなりました。

ラキエルは世間には宮廷の家事により皇女はここで保護されたと脚本通りに発表したと伝えます。

 

そして、アビゲイルは死んだと言う事まで公表したと言うのです。

アビゲイルはまさかうちにも連絡をしたのか問います。

 

訃報はひとまずやめたが、家族が噂を耳にして生存確認してくる前に処理する必要があると言いました。

アビゲイル・デロアの痕跡は最小限にしなければならないのです。

 

アビゲイルはこんなにも事が早く進むとは思いませんでした。

母親がこの事を知ったらショックで倒れるかもしれないけど、それでもやっとちゃんとした治療を受けられるようになったと思います。

 

そして、アビゲイルは本当に死んでしまったのだと実感するのでした。

私の存在自体をこの世から消せばいいとラキエルに言います。

 

そう言いながらも分かっていると思うのです。

アビゲイルが死ねば自分の家族が皇女を救った功臣になれる事が分かるのでした。

 

自分に選択肢がない事は分かっていると言い、ラキエルの言う通りと言いかけます。

ラキエルは、アビゲイルの記録はあってもなくても関心が集まるからそもそもなくならないと言います。

 

アビゲイルは自分が言うとおりに動く下手人ではないと伝えました。

それを聞いて、慰めているのかと感じます。

 

お前は皇女になるんだと言い、少し考えますが確かに選択の余地はないと断言したのです。

アビゲイルは分かっているとイラつきます。

 

そして、しっかりと教養をつけてください皇女殿下と言いラキエルは去って行きました。

なんかムカつくと思うアビゲイルだったのです。

 

次の朝、ラキエルと声をかけた人物がいます。

ラキエルはついに来たかと、さぁ開幕だと思うのでした。

スポンサーリンク

レディーメイドクイーン1話~4話の感想

自分が死んだ事として皇女として生きていく提案を断れないアビゲイル。

理解はしていても、母親たち家族がその事を知ったらショックを受けてしまうかもしれないけど暮らしは豊かになる葛藤の中にいる事になるのはつらいなと感じました。

 

さらには皇女に仕えて優しさに触れた人が目の前で殺されたのに、その人のフリをして生きていかなければならない事も心の負担が大きいだろうなと思います。

教養を身に着けるにしても葛藤が生まれそうです。

 

皇后が会いに来ますが、無事にバレずに済むでしょうか。

次回の展開からも目が離せません。

まとめ

今回は漫画『レディーメイドクイーン』1話~4話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

父親の借金と母親の病、そして幼い兄弟のために終身職として侍女となったアビゲイルですが、目の前で皇女が殺され運命が一変しました。

 

ラキエルに保護され、髪色も目の色も皇族とそっくりだったアビゲイルは亡くなった皇女として生きていくと提案されます。

 

それは、ラキエルが帝国の滅亡を考えているシナリオ通りに協力させるためでした。

エデルガルド公邸に連れてこられたアビゲイルは皇女としての教養を身につける事となります。

 

最初の関門として、明日の朝皇后がやってくるとラキエルは言うのでした。

 

≫≫次回「レディーメイドクイーン」5話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら
Pixco | ピクコ
Pixco | ピクコ
公式サイト
  • オリジナル漫画を誰でも作れる完全無料の漫画アプリ
  • 人気のある漫画を一瞬で探せます。
  • スキマ時間に漫画が読める
  • ダウンロードはこちら



スポンサーリンク