廃妃に転生した私は小説を書く ネタバレ135話【韓国漫画】陛下を虐めなければいけない瑜槿

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』は原作GUWO先生、漫画BEIBEI先生の作品でピッコマで配信されています。

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』135話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
心苦しいですが皇帝陛下の前なので、陛下を虐めなければならない瑜槿ですが…。
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『廃妃に転生した私は小説を書く』135話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「廃妃に転生した私は小説を書く」134話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

廃妃に転生した私は小説を書く135話の見どころと注目ポイント!

皇帝陛下(陛下の父)と仲が悪いように見せたい陛下と瑜槿は、危険は伴いますがクナイ投げを続行しようとします。

緊張のあまり瑜槿が投げたクナイが陛下に当たりそうになりますが、ギリギリのところで皇帝陛下にフォローしてもらい、危険は回避します。

それでも自分のせいで愛する人が怪我しそうになったこと、このような行いをしたことを後悔している瑜槿は、申し訳なく思い、陛下に対して謝罪するのですが…。

廃妃に転生した私は小説を書く135話のあらすじ込みネタバレ

やめるにやめられない

瑜槿がわざと陛下を虐めているという状況を作り上げ、二人の仲が本当に悪く見せようとします。

瑜槿はクナイを投げるのをやめたいと思いますが、第一皇子だけではなく皇帝陛下まで見に来ているので途中でやめるわけにはいきません。

陛下の頭の上に括り付けたリンゴにしっかりクナイを当てるように、集中して投げる瑜槿ですが、おそらく陛下の顔にぶつかりそうです…。

 

それでも逃げようとせず、そのまま的となり立ち続ける陛下ですが、クナイが刺さるギリギリのところで、皇帝陛下(陛下の父)が指輪のようなものを投げ、クナイにぶつけます。

その衝撃でクナイの軌道が変わり、何とか陛下の顔に直撃せずに済みました…。

すると皇帝陛下がみんなの前に出て、大笑いをして面白いものを見せてもらったと瑜槿に伝えるのでした。

 

そして陛下に近づくと、遊びであろうと皇子たるもの呆けて立っているなと注意したのです。

自分の子供が命の危険にさらされていたのにもかかわらず、ただ子供の心配をするのではなく、遊びだとしてもボケっとするなと注意するという、通常の親子関係とは異なる関係性の二人でした…。

本当の瑜槿と陛下の関係性

その夜、軌道を変えたとはいえほほに擦り傷を負った陛下を瑜槿が治療してあげていました。

先ほどは怪我してないように見えましたが、クナイが頬をかすめていったようでした。

本当に怪我をさせてしまってごめんねと謝る瑜槿です…。

 

ですが陛下は、大したことはないから気にするなと瑜槿を励ましてくれます。

瑜槿からしたら陛下に辛い思いをさせたことを申し訳なく思って泣いてしまうのですが、父の目を気にして、

瑜槿と待ち合わせしていた灯篭流しの夜に自分がいけなくて瑜槿を待たせてしまったことの方が申し訳ないと謝るのでした。

二人とも寂しい思いや痛い思いをしているのに、お互いのことを思いやり、お互いを慰め合っている瑜槿と陛下でした…。

瑜槿に転生する前の話をしよう

普段は早く陛下は城に戻らなければなりませんが、今日は監視役の気配もないため、瑜槿の部屋に泊まっていくことにしました。

日頃皇帝陛下に監視され、陛下との関係性を見られている瑜槿からすると、目をつぶってもなお皇帝陛下の顔が浮かぶまでになってしまいました…。

そんな瑜槿の気を紛らわせるため、陛下は彼女がこの物語の瑜槿に転生する前の、バリバリのキャリアウーマンとして働いたり小説を執筆していた現代人として生きていた時の話をしてほしいというのでした。

 

彼女の両親の話や家の話をしている間に眠りについてしまった瑜槿。

陛下は以前渡そうと思っていましたがなかなか渡せなかった、綺麗な花を折った折り紙を瑜槿に贈ったのでした…。

その頃沛霖は、瑜槿と風南至が思い合っていると勘違いしている様子で、運命は何とか変えられないものかと悩んでいる様子です。

瑜槿と陛下の本当の関係性を知らないので、第二皇子(陛下)が皇帝になってしまったら瑜槿は処刑されてしまうなどと色々考えこんでしまっているようで…。

廃妃に転生した私は小説を書く135話の感想

本当はとても大切に想っている相手のことを、わざと虐めなくてはいけないのは辛いですよね…。

私だったらそんな人に対してクナイを投げるなんてできないかもしれません。

安全の保障はない中、覚悟を決めて投げた瑜槿も、瑜槿に身を任せた陛下も強い信頼関係で結ばれているのだと思いました。

 

結果皇帝陛下のお陰で助かりましたが、本来なら陛下にクナイが刺さっていた可能性は大いにありますが…。

陛下の瑜槿に対する愛が再認識できた回でした。

まとめ

今回は漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』135話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

廃妃に転生した私は小説を書くの135話のまとめ
  • 皇帝陛下と第一皇子の前で、愛する陛下を虐めなければならず、苦しい気持ちの瑜槿です。
  • 瑜槿が投げたクナイが陛下に当たりそうになり、間一髪のところで皇帝陛下に救ってもらいます。
  • 傷を負った陛下の治療をしてあげる瑜槿は、陛下から素敵な花の折り紙を受け取ります。

≫≫次回「廃妃に転生した私は小説を書く」136話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら