廃妃に転生した私は小説を書く ネタバレ&感想

ピッコマで配信中の人気漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』のネタバレ全話一覧まとめページです。

 

最新話から最終回まで『廃妃に転生した私は小説を書く』全話のネタバレ内容が網羅できちゃいますよ♪

また原作やキャラクター情報もまとめているので、気になる人はぜひチェックしておいてくださいね。

 

※ご注意
当サイトのネタバレは文字のみです。絵付きでご覧になりたい方はピッコマでご覧ください。

【漫画】廃妃に転生した私は小説を書くネタバレ全話まとめ

ゴジさん
お好きな話数を選んでクリックすると、該当話数の詳細なネタバレと感想が読めるガオ♪
気になるところを読んでみてガオ!
「廃妃に転生した私は小説を書く」ネタバレ一覧
第1話 第2話 第3話
第4話 第5話 第6話
第7話 第8話 第9話
第10話 第11話 第12話
第13話 第14話 第15話
第16話 第17話 第18話
第19話 第20話 第21話

4月11日更新!

【漫画】廃妃に転生した私は小説を書くの作品情報

廃妃に転生した私は小説を書くのあらすじストーリー

父が働けず幼い頃から家族の世話に追われ続けた主人公ですが、それをバネに努力を重ね成功をおさめます。

さらに自身が執筆した小説が評価され彼女は幸せの絶頂。

しかしその先に待っていたのは不慮の事故という結末に主人公は絶望します。

主人公が次に目覚めると今まさに殺されそうになっている王朝時代の廃妃に憑依している事を理解し困惑…。

なんとか危機を脱出しますが、皇帝は主人公の話に耳を傾けず投獄されてしまいます。

しかしそこで出会ったのは前宰相の蘇様で文芸創作に秀でた彼に感化され主人公も小説を書き始める事にします。

幸い暇を持て余していた事もあり創作活動は進んでいきます。

そして蘇様と交流を重ね彼の信頼を得た彼女は逆転の一手を狙い協力をこぎつけます。

思惑通り牢屋に皇帝と犯人をおびき寄せ主人公は冤罪を晴らす事に成功、皇帝が悔しがる顔を後目に牢屋から脱した主人公は再び成り上がるために行動を開始します。

廃妃に転生した私は小説を書くの主なキャラクター

衛瑜槿
現代から王朝時代の廃妃に憑依した女性です。
現代で苦労した経験から肝が据わっておりめげない性格の持ち主です。
小説の才があり、不遇に置かれた彼女を助けてくれます。
結構苛烈な女性で悪役顔負けの表情も良く見せます。
曖昧な廃妃の記憶を頼りに宮中で生きる事になります。
内なる声は結構毒舌をはきます。

皇帝
廃妃の旦那であるイケメン皇帝です。
主人公を毛嫌いしていましたが彼女の変化に戸惑います。
冷静に見えて意外と抜けている所も見られます。
プライドが高いですが、自分の過ちはきちんと認める王らしい部分も覗かせます。
憑依後の廃妃に興味を持ち何かとちょっかいをかけてくる人です。

前宰相のご老人です。
地位があるにも関わらず牢屋で文芸創作を行うかわり者です。
廃妃の小説を気に入り気にかけてくれる存在です。
有能な人ではありますがほんわかした言動でやり過ごす不思議な人です。

廃妃に転生した私は小説を書くの原作情報・ピッコマ以外で待たずに先読みは可能?

中国発の漫画作品で原作の中国語版は「腾讯动漫」のサイトで公開されています。

こちらはだいたい70話話ぐらいまで無料で読む事が可能です。

英語版などについては明記がないため日本語と中国語のみ展開がなされています。

廃妃に転生した私は小説を書くに似た作品

アイコン

なな
廃妃に転生した私は小説を書くを面白いと感じている人におすすめのピッコマ作品をご紹介します!良かったらこちらもどうぞ♪
遠慮なく召し上がれ!
【遠慮なく召し上がれ!】
有名シェフとして生きていた主人公は事故で亡くなり朝鮮時代に転生します。
名門の末っ子として生まれた彼女は何不自由なく生きていたが家族が惨殺されてしまいます。
それでも彼女は不思議な天命に導かれるように前世で培われた料理で道を切り開いていきます。
公爵夫人の50のお茶レシピ
【公爵夫人の50のお茶レシピ】
現代で一目を気にして生きて生きた女性は会社をクビになり泣きながら眠りにつきます。
次に目覚めるとなんと異世界の侯爵夫人に憑依していて驚きます。
しかもこの夫人は使用人達にもバカにされる不憫な女性で頭を悩ませます。
主人公はそんな息苦しい生活から逃れるため唯一の楽しみであるお茶を極める事にします。
公爵家のメイドに憑依しました
【公爵家のメイドに憑依しました】
好きな小説の主人公の破滅する結末に幻滅する主人公は泣きながら眠りにつくと小説の世界に入り込んでいて驚きます。
しかしその役どころは名もなきメイド「イベリナ」です。
ですがひょんなことから押しキャラリアンドロの世話役となり彼女は喜びます。
そして彼が救われるように祈りながら彼と親交を深めていきます。

廃妃に転生した私は小説を書くのネット上の口コミと感想