廃妃に転生した私は小説を書く ネタバレ42話【韓国漫画】悪口を言う妃や宮女にユキンから反撃!

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』42話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
ユキンの悪口を言う妃や宮女たちにやり返す!
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『廃妃に転生した私は小説を書く』42話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「廃妃に転生した私は小説を書く」41話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

廃妃に転生した私は小説を書く42話の見どころと注目ポイント!

他の妃や宮女から悪口を言われるユキンに、反撃のチャンスが

相変わらず、他の妃や宮女はユキンを妬み、悪口を言っていますがユキンは気にしません。

皇帝もユキンにメロメロ。

 

そんなとき、ユキンが反撃をする絶好のチャンスがきたのです。

廃妃に転生した私は小説を書く42話のあらすじ込みネタバレ

誰がユキンの悪口を言っているか、メモを取るズイケイ

皇帝の誕生日にユキンが海鮮料理を振る舞うと宮中では噂になっていました。

 

昭妃は名家の出身なのに庶民的だ、手作りご飯が誕生日プレゼントだなんて笑える、など宮中で飛び交うユキンに関する噂をズイケイが紙にまとめて、ズイシンとユキンの前で読み上げています。

 

なかには料理に卑しい薬を混ぜて皇帝を誘惑するつもりじゃないかという噂までありました。

そのとんでもない噂の出どころは、月妃のところの蔡という宮女です。

 

ズイシンはたかが宮女にこんなことを言われるなんて、と怒っていますが、ユキンは好きに言わせておけば良いと涼しい顔。

そんなユキンの今日の装いは、桃色の着物に赤い羽織でいつにも増して綺麗です。

 

思わず見とれてしまうズイケイとズイシンに、ユキンは女は自分を好きでいてくれる人のために装うのよと微笑みます。

そこへ皇帝が来るのが見えました。

後宮内の人員整理の権限を任されたユキン

ユキンの宮へ来た皇帝は、今月、後宮内の人員を減らすことになったと話しました。

年齢がきたものや里帰りの希望があるもの、それから一部の妃たちも対象です。

 

どうして妃たちも帰してしまうのとユキンは知らないふりで皇帝をからかいました。

皇帝はここ数ヶ月、自分の書斎とユキンの宮以外で眠っていません。

 

なので寵愛のない妃たちの若さを無駄にしないために、帰そうと考えているのです。

しかしユキンは、本来皇妃がやるべき件に自分が関わっていいのかを気にしていました。

 

ところが現在、最高位の妃である棒藩皇貴妃は年齢や性格からこういったことを苦手としており、その次に位が高いのがユキンなのです。

 

それにユキンには六の宮の管理権もあるから、資格はあるのだと皇帝は言いました。

 

それならば、とユキンは誰を帰すかを決める役割を引き受けることにしました。

皇帝は話が終わるとすぐに帰ろうとしましたが、なぜかズイシンとズイケイに後ろを向いているように言います。

 

二人が後ろを向くやいなや、ユキンがキャッと声を上げるのが聞こえました。

皇帝は笑顔で、自分の分の夕食も用意しておけと言い残して去っていきます。

 

実はズイケイとズイシンとが後ろを向いている間、皇帝はユキンに口づけると、今日の昭妃は一段と美しい、今後も桃色を着ると私は嬉しいとささやいたのでした。

 

ユキンはさっそくズイケイに里帰り候補に上がっている妃たちの名簿を持ってこさせました。

名前が挙がっているのは一度も皇帝の寵愛を受けていない妃たちですが、かといって帰りたがっている者はいません。

 

するとユキンは、私は意外と根に持つタイプなのよとニヤリ。

これまでにユキンの悪口を言ったことがある妃たちに丸印をつけ、帰らせることにしました。

そなたの桃色は目に毒

しばらくして月妃が皇帝のもとへ来ました。

今日は月妃もピンク色の服を着ています。

 

今年は多くの妃たちを帰らせたから、陛下の誕生日の宴では席が埋まらず、見た目に支障が出るのではと月妃はさも心配そうな顔をして言いました。

 

しかし皇帝に、六の宮の管理権は昭妃にあるのに、なぜ月妃が心配しているのかと言われてしまいます。

 

ユキンによって帰郷を決められた妃は30人もいました。

ここ数日、至るところで妃たちは帰りたくないと泣いていると月妃は言います。

 

30人はたしかに多いと皇帝も思ったようです。

 

月妃は畳み掛けるように、ユキンは自分の元で長く仕えてくれた宮女の蔡も帰郷に追いやった、貢献者たちを昭妃は、自分と親しいという理由で追い出したのだと皇帝に言いつけました。

 

すると皇帝は、手に持っていた冊子を机に叩きつけ、月妃に怒鳴りました。

そもそも皇帝の所有物である後宮に月妃が口を出すことも問題ですし、蔡がなぜ追い出されたのかもわからないのかと言います。

 

何のことかわからず、うろたえる月妃の前に皇帝は冊子を投げつけました。

それはズイケイが今回の話の冒頭で、ユキンの前で読み上げていたのと同じものです。

 

ここには誰がいつ、昭妃の悪口を言ったかが書いてある、わからないなら持ち帰ってゆっくり読むんだなと皇帝は言いました。

月妃は慌てて皇帝の前にひれ伏し、許しを乞います。

 

すると皇帝はフン、と鼻を鳴らすと、月妃の着ている桃色の着物のことを、あまりにも似合わなくて目の毒だから、今後はその色の服を着るなと言ったのでした。

 

月妃はショックを受けます。

廃妃に転生した私は小説を書く42話の感想

皇帝は月妃には桃色が似合わなくて目の毒とまで言い、ユキンとの扱いは大違いです。
これはさすがの月妃もショックが大きかったのではないでしょうか。
いつもユキンをいじめている罰なんですけど、たいていこういうとき、月妃のようなキャラは逆恨みをするんですよね…
ユキンが珍しくやり返したので少しスッキリしましたが、腹を立てた月妃が何をしでかすかわからないのが怖いです。

まとめ

今回は漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』42話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

後宮の人員整理で、誰を帰郷させるかを決める権限を任されたユキンは、自分の悪口を言ったものたちを帰し、いつもいじめられていることの反撃をしたのでした。

≫≫次回「廃妃に転生した私は小説を書く」43話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら
Pixco | ピクコ
Pixco | ピクコ
公式サイト
  • オリジナル漫画を誰でも作れる完全無料の漫画アプリ
  • 人気のある漫画を一瞬で探せます。
  • スキマ時間に漫画が読める
  • ダウンロードはこちら