廃妃に転生した私は小説を書く ネタバレ&感想

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』47話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
小説を募集し始めたユキン。今度もユキンの計画はうまくいくのでしょうか?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『廃妃に転生した私は小説を書く』47話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「廃妃に転生した私は小説を書く」46話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

廃妃に転生した私は小説を書く47話の見どころと注目ポイント!

世の女性から小説を募集!

女性限定で発売した小説に小説を募集するという文言を入れたユキン。

果たして応募は集まるのでしょうか。

 

ユキンの斬新な計画に、ズイケイ・ズイシンはもちろん、皇帝まで結果が気になっています。

廃妃に転生した私は小説を書く47話のあらすじ込みネタバレ

ユキンの新作のもう一つの狙い

私一人ではこんなことはできないとユキンは言ったのは、同じ考えを持っている人がいるという意味でした。

 

今回ユキンが書いた5つの物語は、氷山の下で眠っている者たちを招くためのエサ、本当の目的は週刊小説を書くことだとユキンは言います。

 

話についていけずキョトンとする蘇大人に、ユキンは説明を続けます。

週刊小説とはその名の通り、毎週刊行する小説のこと。

 

ユキンは今回の新作の末尾に、一緒に小説を書いてくれる女性を募集しているから手紙を出してほしいと書いたのでした。

 

こうすれば、もし自分に何かあっても世間の女性たちが味方をしてくれるだろうというのがユキンの読みです。

 

前から計画していたことではありましたが、このタイミングで発表したのはやはり、妖怪女の噂が出始めたからです。

もちろん、蘇大人もその噂を知っていました。

 

蘇大人は、噂もあながち間違いではないと言いますが、ユキンはいまいち、過去のユキンが何をしたのかはっきりとした記憶がないのでした。

 

しかし今、噂以上に気になるのは、本当に小説の応募が来るのかどうかです。

でもユキンはなぜか自信があるのでした。

応募が来ない…

小説の発売から8日経ちましたが、未だに応募は一通もありません

今回はさすがのユキンも失敗したのではないかと花顔や花涼は不安そう。

 

ズイシンは妃を信じると言い、ズイケイも遠くの方は郵便が届くのに時間がかかると言いましたが、すぐ近くの京城からも一通も応募が来ていないのはたしかに変です。

 

それでもズイシンは、ユキンを信じようと思うのでした。

 

ユキンを気遣って、ズイケイはたくさんのごちそうを用意しました。

するとユキンは、さすがに量が多すぎるから皇帝も誘おうと言います。

 

食べきれない分を皇帝にって、いくら愛されていてもやり過ぎじゃないかとズイケイとズイシンは冷や汗です。

思い切ってズイケイが四全にそのことを伝えに行きましたが、四全も真っ青。

 

もし他の妃が同じことをすれば皇帝は怒るに違いありません。

しかし、もしかしたら昭妃なら大丈夫かもしれないとひとしきり悩んだ結果、皇帝に伝えに行くことにしました。

 

四全がユキンからの誘いを皇帝に伝えると、案の定、皇帝は思慮が足りないと怒っています。

やってしまった、また昭妃が冷宮送りになるかも、と冷や汗をかく四全に、皇帝は昭妃の本に対する応募は来たのかと言いました。

 

実は全然応募がないと聞いて、皇帝は食事が喉を通らなかったのです。

自分でさえそうなのに、作者であるユキンが焦っていないはずがないと言う皇帝。

 

それを聞いた四全が、昭妃がずっと皇帝を待っているから行ってみては、と言い終わるのも待たずに皇帝は停翠院へ向かいます。

どうして皇帝が計画を知っているのかユキンは不思議に思いました。

 

皇帝はユキンが蘇大人と話しているのを盗み聞きしていたのです。

朝食を取りながら、皇帝はユキンに焦っていないのかと尋ねました。

 

ユキンはもちろん焦っていないわけではありません。

でも焦っても良いことはないのでと言うユキン。

 

皇帝はユキンの手を取り、私がいればそなたに手を出す者はいないから恐がらなくて良いと言うのでした。

廃妃に転生した私は小説を書く47話の感想

次々と新しいアイディアを生み出すユキンですが、さすがに今回の小説募集のアイディアは時代を先取りしすぎたのでしょうか。

女性が小説を書くこと自体が珍しいのに、一般の女性が小説を応募するのは勇気がいりますよね。

 

まだ8日しか経っていないならもう少し様子を見ても良いかと思いますが、ズイケイたちや皇帝が焦ってしまう気持ちもわかります。

早く、一通でも良いから応募が届くといいですね。

まとめ

今回は漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』47話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

ユキンは発売した新作を通じて、女性たちからの小説を募集しました。

そうすれば自分に何かあっても、女性たちが味方になってくれると考えたのです。

 

ところが数日経っても、一通も応募が来ません。

≫≫次回「廃妃に転生した私は小説を書く」48話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら
Pixco | ピクコ
Pixco | ピクコ
公式サイト
  • オリジナル漫画を誰でも作れる完全無料の漫画アプリ
  • 人気のある漫画を一瞬で探せます。
  • スキマ時間に漫画が読める
  • ダウンロードはこちら