廃妃に転生した私は小説を書く ネタバレ138話【韓国漫画】斎盈の心の棘を取りたい

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』は原作GUWO先生、漫画BEIBEI先生の作品でピッコマで配信されています。

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』138話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
まだ沛霖に好きな相手を誤解されたままの瑜槿は…!?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『廃妃に転生した私は小説を書く』138話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「廃妃に転生した私は小説を書く」137話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

廃妃に転生した私は小説を書く138話の見どころと注目ポイント!

瑜槿が書いた詩が風南至に対しての恋の詩であると勘違いしている沛霖。

誤解が解けぬまま、どんどん瑜槿と風の距離が縮まっていってしまいます…。

沛霖に招待されて詩会に参加していた斎盈は、宝寧に詩を見られることをやたらと気にしている様子で…!?

廃妃に転生した私は小説を書く138話のあらすじ込みネタバレ

恋は盲目

瑜槿が書いた詩の最後に読み手側に答えを聞くような表現があり、それは風兄さんあてたものだよと伝える沛霖。

それを聞いてにやけながら喜ぶ風南至です。

一見食べ物の「ハスの実」についての詩のように見えますが、よく文学を嗜む沛霖からするとその詩の表現の仕方の真意を見抜いたようで、恋の詩だとわかったようです。

 

ですがいくら有能な沛霖でも、書いている相手が風ではない事には気づいていないようで、引き続き二人が上手くいくようにおせっかいを焼いているのでした。

瑜槿からすると陛下に向けて書いた詩なのですが、沛霖から見たらいつも陛下のことをいじめていて、まさかその二人が思い合う二人だとは思っていないようです。

今回の詩も瑜槿が書いた紙を沛霖から風南至に渡したようで、中庭で風南至が待っているから早く行けと追い払われる始末です。

大きな勘違いをされたまま、またどこかへ行ってしまう沛霖でした…。

斎盈の正体

詩会で作った詩を全て確認するために、一旦自由時間に入りました。

するとその間に斎盈が教師に「宝寧様も見るのか」と焦って確認している様子を見た沛霖。

詩たちは宮中に提出するものなので、宝寧が事前確認することは目に見えています。

 

本当はその審査から棄権したいし、宝寧に見られたくない斎盈は一度取り乱しますが、仕方ないと諦めて落ち込むのでした…。

その後斎盈が庭を歩いていると、桜を手に取り悲しげに眺めている沛霖を見つけ、気まずくなって沛霖に背を向けて歩き出そうとします。

ですがその斎盈の後姿を見つけた沛霖はすぐに声をかけるのです。

 

沛霖は斎盈が書いた詩をすぐに見抜いており、実際にその立場にならないとわからないくらいの悲憤した婦人の心境が描かれていたものでした。

誰が書いた詩なのかすぐに見破った沛霖に対して憎しみを込めたような言い方で斎盈が怒鳴り始めました。

宝寧が父親であること、恐らく斎盈が大切だと思っている斎盈のお母さんのことを宝寧が覚えているのかどうか確認するための詩だったと強がっているのです…。

 

いつも全てお見通しである沛霖に、まだ心を許しきれていない斎盈は、またしても沛霖を怒鳴り散らすのです…。

もうバラしたければ皆にバラセともいう斎盈ですが、もちろん沛霖は人の秘密をばらすような人ではありません。

むしろ口元が宝寧に似ていたので親子だということももう既に気づいていた、と話すのです…!

心の棘をなくしてほしい

自分の秘密がバレてしまった斎盈ですが、秘密をばらさないという沛霖に対して素直になれず、また沛霖を突き放すような発言をします。

今回も沛霖を利用させてもらったんだ、と必死にいう斎盈に対して、いつになったらその心の棘をしまってくれるんだと、斎盈を気遣うような言葉をかける優しい沛霖です…!

廃妃に転生した私は小説を書く138話の感想

瑜槿が風南至を好きなのではないと沛霖に一度はっきり説明しないと、このままずっと二人の間を取り持つ役割になってしまいそうですね…。

風は本当に瑜槿のことが好きなようですが、瑜槿は陛下のことが大好きなのはさすがに沛霖が相手だとしても説明するのも難しそうです。

早く兄の誤解が解けるといいですね…。

 

そして今回のお話では斎盈のことも少しずつ情報が明らかになってきています。

まだ敵対心が強い斎盈ですが、心優しい沛霖には心を許していってほしいと思います。

まとめ

今回は漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』138話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

廃妃に転生した私は小説を書くの138話のまとめ
  • 瑜槿の書いた詩が風南至への恋の詩だと勘違いしている様子の沛霖です。
  • 斎盈は自分が今回書いた詩が宝寧も読むのかどうか、気にしています。
  • 斎盈は自分が宝寧の子どもで、この詩は宝寧宛てに書いたものだと沛霖に話しました。

≫≫次回「廃妃に転生した私は小説を書く」139話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら