廃妃に転生した私は小説を書く ネタバレ139話【韓国漫画】蕊沁との再会

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』は原作GUWO先生、漫画BEIBEI先生の作品でピッコマで配信されています。

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』139話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
風南至のことが好きだと勘違いされている瑜槿は、中庭で待っているという風のもとに向かえと言われてしまって…!?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『廃妃に転生した私は小説を書く』139話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「廃妃に転生した私は小説を書く」138話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

廃妃に転生した私は小説を書く139話の見どころと注目ポイント!

相変わらず沛霖に風南至のことが好きだと勘違いされているので、中庭で待っている風のもとに行けと言われた瑜槿。

風に会わないように庭をさまよっていると迷子になってしまったのですが、その先で侍女同士が揉めていました。

話を聞くと、小豆という侍女が宝寧の如意宝珠を盗んだと言われており…!?

廃妃に転生した私は小説を書く139話のあらすじ込みネタバレ

迷ってしまった瑜槿

沛霖に風南至が待つ中庭に行けと言われた瑜槿ですが、会いたくないので中庭から離れようと歩き回っているとどうやら迷子になってしまったようです…。

たまたまこの府邸の召使に会ったのでここがどこなのか尋ねると、宝寧の書物庫であると教えてくれました。

すると説明を受けている途中で宝寧の如来宝珠を盗んだ者がいる、との大きな声が聞こえてきました…。

蕊沁との再会

声の聞こえる方を見てみると、侍女たちが揉めているようで、一人の侍女が地面に倒れこみ、責められているようで、足を切り落とすなどと言われていました。

来賓に見苦しいものを見せてしまったと思い、焦ってフォローしようとする召使ですが、その侍女たちに近づいていく瑜槿です。

待ちなさい、と侍女たちを静粛する瑜槿は、その責められている侍女の顔を覗き込みます…。

 

見覚えのあるその顔は、まだこの時代では関わりはないものの、大人の瑜槿が大好きだった蕊沁でした…。

この時代では小豆という名で呼ばれているようで、本人はまだ瑜槿のことを知らないし初対面ですが、瑜槿は彼女の顔を見て、会えたことが嬉しくて泣き出してしまうのです…。

この「小豆」という侍女は身分が低く、周りの侍女に虐められていて、罪を擦り付けられているようでした。

罪を擦り付けられる

瑜槿は彼女が物を盗むような人ではないことを知っているため、皆に怒鳴りつけてそんなことをする人ではない事を主張しました。

真犯人を見つけるため、彼女を責めていた侍女たちを責め立てる瑜槿。

侍女たちが言うには、いつも彼女は被害者ぶっているので決して騙されないように、と瑜槿に警告します。

 

どうやら棚の上にある玉を、腰掛を使って盗ったのだろうと言い、盗もうとした者の足跡が付いた腰掛を見せてきたのです。

確かに小さい靴の足跡が残っていますが、小豆が言うには最近靴が盗まれたことがあり、先ほど靴が戻ってきたとのことで、誰かが自分のことを陥れようとしているのだと言います。

小豆と他の侍女の言い分は食い違ったままなので、瑜槿はその小豆の靴を使って検証をします。

本当に小豆がやったのか

瑜槿は小豆に実際に靴を履いてもらい、足跡を残してもらいます。

すると小豆の足跡は靴のサイズがあっているので足全体の跡が残っていますが、腰掛の足跡は靴のサイズが履いている人にあっていなかったようで、後ろの方の跡がしっかり残っていませんでした…。

腰掛の足跡をつけた者が小豆と別人だったことが証明され、瑜槿の命令で侍女たちは捕らえられてしまいました…。

 

瑜槿は、いままで侍女たちから何かといじめられていた小豆を連れて自宅に帰ったのです。

家に帰ると、風が二時間も瑜槿を待っていたのに行かなかったことと、勝手に伯父さんのところの侍女を連れて帰ってきたことに、沛霖は呆れかえっているのでした…。

廃妃に転生した私は小説を書く139話の感想

たまたま迷い込んだ先で蕊沁に会うことができたなんて、やはり運命ですね…!

他の侍女から虐められているようなので、瑜槿に救われてよかったですね。

これから二人がいい友人、いい仲になる日も近いような気がします♪

まとめ

今回は漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』139話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

廃妃に転生した私は小説を書くの139話のまとめ
  • 風南至に会わないように中庭を避けて歩き回っていたら迷子になってしまった瑜槿です。
  • 侍女たちが揉めていて、見るとそこにいたのは蕊沁で、この時代では小豆という名で呼ばれていました。
  • 小豆はやってもいない罪をかぶせられていて、瑜槿が彼女の身の潔白を証明してあげました。

≫≫次回「廃妃に転生した私は小説を書く」140話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら