廃妃に転生した私は小説を書く ネタバレ&感想

漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』38話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
風将軍に嫉妬した皇帝だったけど、ユキンの気持ちを聞いて…
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『廃妃に転生した私は小説を書く』38話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「廃妃に転生した私は小説を書く」37話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

廃妃に転生した私は小説を書く38話の見どころと注目ポイント!

ユキンは再び皇妃を目指す!

風将軍の名前を聞いて動揺したユキンを、皇帝はやっぱりまだ風将軍に気持ちがあるのではないかと責めました。

しかしそこでユキンが本当の気持ちを打ち明けると…?

 

そしてユキンは、あの座を取り戻すことを宣言します。

廃妃に転生した私は小説を書く38話のあらすじ込みネタバレ

風将軍に嫉妬する皇帝に、ユキンが見せた涙

風将軍の名前を聞いて動揺してしまったユキンを、皇帝は責め始めました。

凡人修仙記の新しい登場人物は風将軍を参考にしたのだろう、そもそもタイトルの凡人というのも、わざと風の字に似たのを使ったのだろうなどと言う皇帝。

 

風将軍に嫉妬する皇帝は、ユキンのことを疑っています。

 

すると、ユキンは自分は努力して変わったのに、そんなふうに言うなんて、陛下は私を冷宮に戻したいのでしょうと泣き出しました。

予想外のユキンの涙に皇帝は大慌てです。

 

ユキンに機嫌を治してもらおうと、早く海鮮を持ってくるように叫びましたが、ユキンは風将軍のものを食べたら何と言われるかわかりませんと拗ねたまま。

皇帝は運ばれてきたエビを自らユキンのために剥いてあげて、さあ食べてごらんと差し出すなど、ユキンの機嫌を治すのに必死です。

 

今回は私が悪かったと皇帝が謝ったので、ユキンはようやく、皇帝が差し出してくれたエビをパクっと食べました。

そしてこれからも私を信じてくださいと涙をぬぐいながら微笑みます。

ユキンの皇帝への気持ち

今度はユキンが、エビを皇帝に差し出す番です。

エビを食べさせながら、ユキンは幼い頃に入宮してからずっと皇帝に仕えてきたこと、皇帝の食べ物の好みも良く知っていることを話しました。

 

幼い頃から皇帝と一緒に遊び、大人になってからは後宮に入ったため、ユキンはそもそも皇帝以外の異性をほとんど知らないのです。

陛下にはたくさんの女性がいても、私には皇帝だけだと言うユキン。

 

小説の主人公だって皇帝を参考にしたくらいなのに、今後は疑わないでほしいとユキンは言いました。

皇帝はユキンの気持ちを聞いて嬉しそうに微笑み、二人はキスをしたのでした。

皇妃を目指すと宣言するユキン

翌日、ズイケイはユキンが皇帝の怒りをうまく収めたので驚いたと話します。

ユキンは収めようとしてやっただけでなく、いつの間にか自分も本気になってしまったのだと言います。

 

将軍にも興味ないというユキンに、ズイケイは今のユキンなら皇妃に戻っても安定して治められそうだと言いました。

するとユキンは、自分が皇妃じゃなくなってからも後宮の女性が増えず、他の人が皇妃の座につくこともなかったのはどうしてだと思うかと不敵な笑みを浮かべます。

 

それは、あなたの主人が座るべき座だからよ、とユキンはズイケイに言いました。

ユキンはいずれ皇妃に返り咲くつもりでいるのです。

 

その頃、皇帝は一人で考え事をしていました。

ユキンは皇帝を参考に魏則堂を書いたと言いましたが、本の中で魏則堂は不能という設定があります。

 

それを皇帝は気にしていたのでした。

我が不能だって、と怒った皇帝は宦官たちを部屋から追い出しました。

 

しかし実はこの騒ぎに先立って、皇帝はユキンに六の宮を管理させるという詔勅を用意させていたのです。

皇帝がユキンに怒っているので、もしかして気が変わったのかもしれないと思った四全は恐る恐る、皇帝に意向を尋ねに行きました。

 

するとさっきまでユキンに怒っていたはずの皇帝は、どうして渡さないんだ、さっさと渡せと四全に命じます。

廃妃に転生した私は小説を書く38話の感想

皇帝の怒りが収まっただけでなく、ユキンの気持ちを知ったことで皇帝のユキンに対する愛情もかえって深まったのではないでしょうか。

これだけ皇帝に愛されていれば、ユキンが皇妃に返り咲くのも時間の問題のようにみえますね。

 

魏則堂の件で怒っているように見えても、ユキンに六の宮の管理権をさっさと渡せと命じるあたり、皇帝はもうユキンに関しては、何をしてもお咎めなしなんだと思いました。

まとめ

今回は漫画『廃妃に転生した私は小説を書く』38話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

皇帝はユキンが風将軍のことをまだ好きなのだと疑い、嫉妬していましたが、ユキンから自分には皇帝しかいないという言葉を聞いて嬉しくなります。

皇帝に本気のユキンは再び皇妃を目指すつもりでいます。

≫≫次回「廃妃に転生した私は小説を書く」39話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら
Pixco | ピクコ
Pixco | ピクコ
公式サイト
  • オリジナル漫画を誰でも作れる完全無料の漫画アプリ
  • 人気のある漫画を一瞬で探せます。
  • スキマ時間に漫画が読める
  • ダウンロードはこちら