小説の中の悪女皇帝になったのネタバレ&感想

漫画『小説の中の悪女皇帝になった』26話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
ベヌース伯爵との信頼関係が強まります!
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『小説の中の悪女皇帝になった』26話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「小説の中の悪女皇帝になった」25話はこちら

小説の中の悪女皇帝になった26話の見どころと注目ポイント!

ベヌース伯爵とユリアの信頼関係

スチェーテ地域からの嘆願書をユリアのもとへ持ってきたベヌース伯爵。

ユリアはその行動の裏に隠された伯爵の真意を読み解きます。

 

またユリアのことを完全には信頼していないベヌース伯爵の心を動かしたユリアの言葉とはなんでしょうか。

小説の中の悪女皇帝になった26話のあらすじ込みネタバレ

ベヌース伯爵が自分で処理できる嘆願書をわざわざユリアに見せた理由

前回、ユリアが自分でスチェーテ地域へ行くと言ったシーンの少し前。

ナスラン王国はもともと領主の権力が強く、王権は名ばかりの状態の国でした。

 

そのため、皇帝よりも実権を握っていそうなフェーズ公爵に近づいたのでしょう。

以前より王権が強いランチェア帝国とは全然違う性質の国なのです。

 

ユリアは嘆願書を改めて読んでいます。

この世界はまだ物々交換が主流で、特に食料は自給自足がほとんど。

 

収穫の時期から次の収穫の時期がくるまで、一時的に食料が尽きてしまうこともありました。

その場合、食料が十分にある人から借りて、次の収穫時期に返すという方法を取る人が多いのです。

 

問題はそのときの利子。

ユリアは嘆願書を握りつぶしながら、利子だけで借りた量より多いのはやりすぎだと言います。

 

しかしベヌース伯爵は冷静に、それがわかっていれば嘆願書が出されることもないでしょうと答えます。

わかって借りた人が悪い、というわけだなとユリア。

 

そうは言っても、食料がなければ命に関わるのでやむにやまれないこともあるでしょう。

それに、ナスラン王国には暴利を制限する法律がありませんでしたが、ランチェア帝国では利子は最大30%という法律があります

 

ナスラン王国はランチェアに近く、軍事力が弱かったことから、ランチェア帝国は初期の段階で占領したはず。

ベヌース伯爵に確認すると、ナスラン王国がランチェア帝国に統合されたのは5年前でした。

 

それならユリアが出るまでもなく、ベヌース伯爵が高利貸し業者を呼び出して処罰すれば済む話です。

それなのにわざわざ嘆願書をユリアのもとへ持ってきたということは、伯爵の目的は他の腐敗した貴族たちを牽制することだとユリアは読み解きました。

 

法律通り処理するだけではバレなければいいと考える人が出てきてしまうが、ユリアが直接処罰すれば、彼らも真剣に受け止めると伯爵は考えているのでしょう。

そう考えて、ユリアは自分が行く、と言ったのですが、伯爵が陛下がですか、と言ったのでちょっとイラッとします。

ベヌース伯爵の性格を把握しているユリアの言葉

そのために持ってきたのじゃないのかと言うユリアに、勘の鋭い方ですねとしらばっくれるベヌース伯爵。

いったい私をなんだと思っているんだと言うと、いまとは違う陛下を見てきたので、と答える伯爵をユリアは憎たらしいと思います。

 

お前にとっては私も便利な駒ということかと言うユリアに伯爵はピクっと反応しました。

ユリアは続けて、そろそろ私を試すような態度はやめてもいい頃ではないかと諭します。

 

気分を害されましたかというベヌース伯爵に効率が悪いし、お前は効率が悪いことは嫌いだろうとユリア。

陛下を信頼するよう努力します、という伯爵ですが、続けて、フェーズ公爵の件があったのに私を信用して城を空けても良いのですかと尋ねます。

 

それの何がいけないのかわからないユリアに、伯爵が私が次のフェーズ公爵の位置を狙っているとは思いませんかと言ったのでユリアはつい吹き出してしまいます。

反逆を企てている人はそんなこと言わないわよ、と心の中で思うユリア。

 

ユリアが城には私が信頼する者もいるし、彼らはお前とは仲が良くないはずと言うと、伯爵はその者たちが演技をしているかもしれませんと答えました。

ユリアは半分呆れつつ、そんなに誰も信用できないなら皇帝なんてできないと言います。

 

そしてベヌース伯爵の肩をたたきながら、私はお前を信じている、お前はそんなことをするくらいなら死を選ぶ人間だろう、と伝えました。

その言葉に伯爵は心を動かされたのか、陛下は思っている以上に私のことをよくわかっていますねと笑顔を見せました。

小説の中の悪女皇帝になった26話の感想

久しぶりにベヌース伯爵の笑顔が見れた回でしたね。

ユリアがベヌース伯爵を宰相に任命し、一緒に仕事をする機会は多くなってもいまだに距離があるように感じていたベヌース伯爵と、ようやく少し打ち解けた感じがします。

 

皇帝として、お互いに信頼できる仲間が増えていくのは心強いですね!

まとめ

今回は漫画『小説の中の悪女皇帝になった』26話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

ベヌース伯爵がスチェーテ地域の嘆願書をユリアのところへ持ってきたのは、ユリアが直接処罰することで他の貴族たちを牽制したいと考えていたためでした。

ユリアと話した伯爵はユリアが想像以上に自分のことをよくわかっていることに気づき、ほっとしたような笑顔を見せます。

≫≫次回「小説の中の悪女皇帝になった」27話はこちら

無料漫画アプリおすすめ

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

コミックDAYSコミックDAYS

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・講談社の公式漫画アプリだから安全安心!

・オリジナル作品や、アニメ化・ドラマ化・映画化された有名作品、雑誌の人気作を毎日更新♪

☆電子書籍で読むメリット☆

無料で漫画を読める「違法サイト」はありますが、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

・登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

・毎日最大50%ポイント還元!

1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪