漫画『小説の中の悪女皇帝になった』33話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
ユーストが焼きもち!ユーストのユリアへの気持ちが見え隠れします
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『小説の中の悪女皇帝になった』33話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「小説の中の悪女皇帝になった」32話はこちら

小説の中の悪女皇帝になった33話の見どころと注目ポイント!

ユーストとユリアの夜の散歩!気になる二人の会話の内容は

ユリアはユーストと散歩に出かけます。

ユリアが命令を下せば自分は何でもすると言うユーストに、ユリアはどう答えたのでしょうか。

 

ユーストのユリアへの気持ちも描かれます。

小説の中の悪女皇帝になった33話のあらすじ込みネタバレ

ユーストが気に入らない!フェリックスの嫉妬心

ユーストがユリアの部屋の扉の前で警備をしていると、中からユリアが顔を出しました。

ユリアはユーストと散歩に出かけます。

 

その頃フェリックスはスチェータ男爵の腐敗の証拠集めをしていました。

書物をしながら、汚いお金で作り上げた城のせいだと恨みを募らせるフェリックス。

 

今度は腕を動かしたときに肘がグラスにあたり、水がこぼれました。

それもこれも全部、スチェーテに来る途中から嫌な予感がしていたんだとフェリックスは不安を感じています。

 

スチェーテに向かう途中の馬車の中で、ユリアはユーストとフェリックスに向かって、放蕩な皇帝を演じるつもりだから、不自然に思われないよう夜の警備はどちらか一人にしてほしいと言いました。

僕が、自分が、と名乗りをあげるフェリックスとユースト。

 

それならジャンケンで決めろと言うユリアの意見で、ユリアの夜の警備はユーストに決まったのでした。

そのときのことを思い出しながら、フェリックスはユーストがチョキ」を出すなんて卑怯だ、とペンを強く握りしめます。

 

どう見ても「グー」を出すタイプなのに、何から何まで気に入らないとイライラしながら仕事を進めようとしたフェリックスですが、やはり嫌な予感がして集中できず、部屋を飛び出しました。

ユーストの思いにユリアは

ユリアとユーストはこっそりと街を見てまわり、城のある丘の上へ戻ってきました。

たしかに景色は素晴らしいと思うユリア。

 

すると、ユリアの後ろをついて歩くユーストが、陛下のように自分も放蕩な演技をするべきだったのかと突然言いました。

そしたら男爵に気づかれていただろうと笑うユリアにムスッとするユースト。

 

身長も体格もユリアより大きいのに、ユーストが素直にやきもちを焼くところがかわいすぎるとユリアは思います。

こんなにわかりやすいのに、本当にユリアはユーストの気持ちに気が付かなかったのだろうかと考えながら、ユリアは近くの木からリンゴの実を一つもぎ取りました。

 

ユーストの気持ちに気付けるのは原作を知っているからなのでしょうか。

 

2年間乱れた姿ばかり見せていたが心配しなくていい、部屋の男たちは眠らせただけだからと言うユリアの手に、ユーストがそっと触れました。

そして気配だけでわかります、陛下がやりたくないことを無理にやるのが嫌なだけだと切なそうな顔をするのでした。

 

普段と違うユーストの姿に、ユリアは胸がくすぐったいような感覚を覚えます。

 

陛下が命令してくださればなんでもすると言うユーストに、そんな発言を軽々しくするなと言うユリア。

もちろんユーストが覚悟なしに言っているわけではないことはユリアはわかっています。

 

しかしユリアは自分がユーストの望む本当のユリアでないことをわかっているので、より一層、彼が望んだ、そして誰よりも本当のユリアが望んでいた完璧な皇帝になりたいと考えているのでした。

そのため、ユーストにはお前の言葉は甘いが、帝国で一番高い地位にいる者が楽をするわけにはいかないと言いながら、リンゴをユーストに手渡します。

 

リンゴを見つめながら、今にも泣きそうな顔を浮かべるユースト。

ユーストは元に戻ったユリアを以前よりも遠く感じています

 

前は傍にいられるだけでいいと思っていた、2年間は元に戻るだけでいいと思っていた、それなのに自分は何を欲張っているのか。

 

覚悟を決めたユーストは承知しました、と頭を下げました。

 

そんなユーストの姿に、ユリアはどうして元のユリアがユーストを信頼していたのかわかるなと思います。

しかしユーストが自分の気持ちを抑えてまでユリアに捧げる忠誠心は、小説のなかで何度も見たもののはずなのに、実際に見てみるとあまり良いものではないように感じられるのでした。

 

ユリアが泊まる部屋の窓の下までそっとたどり着いた二人。

気づかれないように部屋に戻ろうとユリアが窓枠に登ったところで、ユリアを呼ぶ声がしました。

小説の中の悪女皇帝になった33話の感想

ユーストがジャンケンで「グー」を出すタイプってどういうイメージなのでしょう(笑)
今回は前半はユーストに嫉妬心を燃やすフェリックスがコミカルに表現されてたのに対して、後半ではユーストのユリアへの複雑な気持ちが描かれていました。
原作のユリアは本当にユーストの気持ちに気づいていなかったのでしょうか。
気づいていたとしたら、その気持を受け入れなかったのはどうしてだったのかが気になりました。
さて、最後のコマで部屋に戻ろうとしたユリアを呼び止めたのは誰だったのでしょう。

まとめ

今回は漫画『小説の中の悪女皇帝になった』33話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

ユーストと夜の散歩に出かけたユリアはあらためてユーストの自分への忠誠心を感じますが、あまり居心地の良いものではないと感じます。

一方ユーストは元に戻ったユリアに以前よりも距離を感じるのでした。

≫≫次回「小説の中の悪女皇帝になった」34話はこちら

無料漫画アプリおすすめ

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

コミックDAYSコミックDAYS

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・講談社の公式漫画アプリだから安全安心!

・オリジナル作品や、アニメ化・ドラマ化・映画化された有名作品、雑誌の人気作を毎日更新♪

☆電子書籍で読むメリット☆

無料で漫画を読める「違法サイト」はありますが、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

・登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

・毎日最大50%ポイント還元!

1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪