野獣のような皇太子に愛されすぎてるネタバレ&感想

漫画『野獣のような皇太子に愛されすぎてる』32 話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
あの皇太子に意中の相手が!困惑と驚愕する周囲の中、とうとう動き出した皇太子妃選抜!花蓮は、今後どうなるのか?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 野獣のような皇太子に愛されすぎてる』32話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」31話はこちら

野獣のような皇太子に愛されすぎてる 32話の見どころと注目ポイント!

とうとう、本格的に動き出した皇太子妃を決める大会。

帝国内の一定の条件を満たした有名な家の女性を、集めた後それぞれテストをした後条件に合い選抜を勝ち抜いた女性が皇太子妃となるみたいです。

 

父である蓮皇帝や蓮皇帝の横暴に振り回され続ける柳忠を始めとするそこに勤める人達は着々と準備をしてきていました。

そんな中、あの残虐性と横暴が目立つ皇太子に意中の女性が!

 

女性を好きになる感情など、見張り役をはじめとする周りの人たちに困惑する質問をし続けます。

そして、その矛先は花蓮の兄である柳江にも注がれていました。

 

果たして、皇太子の意中の女性とは?

そして、柳忠が猛反発していた花蓮の皇太子妃選抜の大会に出るのか?

 

皇太子の心境の変化にも、注目です。

野獣のような皇太子に愛されすぎてる 32話のあらすじ込みネタバレ

皇太子に意中の相手が!皇太子の心境の変化と皇太子妃選抜大会

皇太子に心境の変化があったのか、女性について質問攻めをしてくる皇太子。

矛先は、とうとう花蓮の兄である柳江までにもとどいていました。

 

質問内容は、女性に喜ぶ贈り物についてでした。

その質問について、逆にどんなものがあるのかと聞くと堂々と自身の体という皇太子に、呆れる柳江。

 

その質問に、ため息を零しつつも女性が喜ぶものを、髪飾りなどアクセサリーをはじめとする光り輝くものという比喩を付け加えながら返答しました。

他にも、優しく親切に大切に接したり、聞き上手になったり、おねだりやお願いを可能な限り実現するなど態度や行動について返答した柳江。

 

その返答に、感情の読めない顔のまま皇太子は納得したのでした。

その後、自宅に戻った柳江は寝込んでいた父に会いに部屋にいました。

 

寝込んでいた父である柳忠は、花蓮に対する溺愛する感情を吐露しつつも皇太子妃候補として大会に出るということに心配でたまらない柳忠。

その心配に、即答で問題解決したと言う柳江に訝しげに理由を聞きます。

 

しかも穏便に問題を解決できると言い、蓮皇帝の言う通りに行動をしろという意見にまたもや怒りが出る柳忠。

父を宥めつつも、詳細な計画を伝えます。

 

蓮皇帝の一定の年齢制限にこだわり、候補者である有力な女性を1人でも増やすと言うやり方は、これまでの皇帝が行ってきた方法なので元々効率的に有能な女性を集めれるため反対する理由がないこと。

しかも、そこで反発して年齢制限の幅を広げてもただただ蓮皇帝と官僚たちが喜ぶだけなので、結果柳忠は賛成するしか道はないのです。

 

とにかく花蓮を皇太子妃に選ばれたくない柳忠は、頭を悩ませますが、だからこそ仕事場へ行きちゃんと蓮皇帝の動向を見つつ、仕事を面目に皇太子妃についての事柄に対することに要請ができるようにいると言うことを提案します。

そして、その後は皇太子妃を選ぶ時は候補の選抜から最終的な決定まで、絶対に皇太子が決めるという条件を蓮皇帝に出すと言うことを言う柳江。

 

その条件の理由を、またもや訝しげに聞く柳忠。

柳江は、皇太子とのこの前の質疑応答を思い出し、こう父に答えました。

 

皇太子には、意中の女性がいるということを。

信じられない柳忠でしたが、この前の質疑応答をうけた柳江は、自身のこの考えが間違ってないと断言したのでした。

 

その数日後、皇太子妃を選ぶため様々な決め事が決められ国民に伝えられました。

皇太子妃を選ぶため、3ヶ月間婚姻を禁止する禁婚令の発令。

 

17歳〜26歳の女性は、宮に来ると言う招集するという発表。

25年ぶりに皇太子妃を決めると言うお祭りに、帝国内は騒がしくなり国中の有名な家の女性たちが宮に集まり始めていました。

 

その中には、もちろん花蓮も該当していましたが、そんな決まり事や騒がしさを他所に、柳家では祝祭の宴の真っ最中だったのでした。

1人で池を眺める花蓮 そこにあの男が!

そんな祝祭で賑やかな家の中、花蓮は1人で家の庭にある池を眺めていました。

1人物思いに眺める花蓮。

 

そんな時、突然男性の声が聞こえ驚くと同時に振り返ると、足を崩してしまいました。

池に落ちると目を強く瞑り衝撃に備えると、間一髪のところで手首が掴まれ池に落ちることを防ぐことができました。

 

その相手は、あの行宮であった赤髪の大柄の男でした。

少し赤くなった手首をみた男は、心配してくれます。

 

心配と落ち込んでしまう赤髪の男に、助けてくれたことに感謝する花蓮。

また、いつものように肌けた状態で服をきている赤髪の男に、体調を気遣いながらも服を直していきます。

 

無言でされるがままの赤髪の男でしたが、ふと手を見ると拳を強く握りしめていました。

その指の間からは、血が落ちてしまうほどで慌てて拳をやめさせようとさせ拳に触る花蓮。

 

血が落ちていく様に、早く手当をしようと思っていると体が震え始めます。

そして前世で起きた、悲しくて辛い過去を思い出してしまった花蓮。

 

表情が絶望に染まり、体から力が抜け慌てて赤髪の男は花蓮の体を支えます。

そして花蓮が、倒れないように強く花蓮を抱きしめたのでした。

野獣のような皇太子に愛されすぎてる 32話の感想

これまで、蓮皇帝の横暴と柳忠の怒り上のご乱心でなかなか話が始まらなかった「皇太子妃選抜」が、本格的に始まりました。

当の本人である皇太子は、意中の女性がいるのか見張りの役人や柳江に女性について質問攻め。

 

あの凶暴で横暴な皇太子に好きな人がいると言うことに、困惑や驚愕の周囲がとても面白いです。

その返答に素直に聞いて納得する様がとても可愛いです。

 

皇太子妃が選抜される大会で、該当している花蓮ですが柳忠が猛反発しているため、あまりそのことについて考えたり、悩んだりする描写がないのでここから前世のトラウマもあって、どんな風に花蓮が動いているくのかがとても興味深いです。

そして皇太子妃の候補として宮にきた女性たちとどんな風に、関わっていくのか楽しみです!

まとめ

今回は漫画野獣のような皇太子に愛されすぎてる』32話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

皇太子から女性についての質問をされた柳江。

そのことに困惑する周囲と柳江でしたが、とうとうあの凶暴で獣のような皇太子に意中の相手がと騒ぎます。

 

その一方で、動き出した皇太子妃選抜。

色々と条件される中、該当する花蓮はどのように行動していくのか?

≫≫次回「野獣のような皇太子に愛されすぎてる」33話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee

公式サイト

・登録不要!無料でダウンロード!・集英社の公式漫画アプリだから安心安全!

・大人気少女マンガ名作から限定作品まで多数配信!

FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
・無料期間中にポイント付与!有料作品も楽しめる!・月額料金よりもらえるポイントの方が多いのはFODだけ!

・最新雑誌も読み放題だよ♪

☆電子書籍で読むメリット☆

無料で漫画を読める「違法サイト」はありますが、あなた自身が罪に問われる危険性や、ウイルス感染の可能性もあります。

今回ご紹介した配信サービスを上手に使えば、安心して漫画を楽しむことができますので、ぜひお試しくださいね。

おすすめ電子書籍サービス

まんが王国

まんが王国

公式サイト

・登録無料&クレカがなくてもOK!電子書籍サイトで業界最大級

・毎日最大50%ポイント還元!

1巻無料からそれ以上も♪じっくり試し読みできる!

U-NEXTU-NEXT
公式サイト
・無料トライアル31日間!・初回31日間は2,189円(税込)が無料!おまけに登録時に600円分のポイントが貰え、さらに継続すると1200円分のポイントが毎月もらえる。

無料期間中は解約してもお金はかからないので初めやすい♪

ebookjapanebookjapan

公式サイト

・登録時に6回まで使える50%OFFクーポンが貰えます!クーポンの上限金額は500円なので、1000円購入したら500円引きに!・約50万冊が漫画作品を取り揃えてる♪

半額キャンペーンなどセールも定期的に行われているので漫画がお得に読めるチャンスが何度も♪