小説の中の悪女皇帝になったネタバレ47話【ピッコマ漫画】もうすぐユリアの初めての公式行事、新年舞踏会

漫画『小説の中の悪女皇帝になった』47話についてネタバレ有りであらすじや読んだ感想をご紹介します!

なな
ユリアに向けられたユーストたちの忠誠心が、ときどきユリアには重荷になる?
こんな方は必見!
  • ピッコマの待てば¥0では待ちきれない!
  • 『小説の中の悪女皇帝になった』47話のあらすじだけでも先に知りたい!
  • 面白そうな韓国漫画を探したくてあらすじを教えて欲しい!

>>前回「小説の中の悪女皇帝になった」46話はこちら

▼こちらの漫画アプリもおすすめ♪

マンガMee

マンガmee
公式サイト

  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら

小説の中の悪女皇帝になった47話の見どころと注目ポイント!

爵位返上の裏話&ユリアの初めて公式行事

前回、ベヌース伯爵だけでなくユーストも爵位を返上したことが、貴族の決断に大きな影響を与えました。

今回はなぜユーストが爵位の返上を決断したのか、そしてユリアの反応が描かれます。

 

またユリアの世界ではもうすぐ新年を迎えます。

新年舞踏会という恒例行事の準備をしなければいけませんが、今年はベヌース伯爵のアイディアで、特に特別なイベントとなる予定なのでした。

小説の中の悪女皇帝になった47話のあらすじ込みネタバレ

ユーストの思い切った決断にユリアは…

ベヌース伯爵が爵位を返上すると言ってくれたとき、正直に言って、伯爵一人が爵位を返上したところでそこまで効果がないのが問題だとユリアは思っていました。

するとドアをコンコンと叩く音がして、ユーストが部屋に入ってきたのです。

 

ユリアとベヌース伯爵の会話を部屋の外で聞いたユーストは、自分も公爵の爵位を返上すると言いにきてくれたのです。

実のところ、ユリアもユーストならと期待していたのは事実でした。

 

しかしユーストがとても苦労して爵位を得たのを知っていたので、ここまであっさりと手放すと言ってくれたのは、ユリアにとっては意外でした。

 

ベヌース伯爵もユーストも、自分が思っているより大胆なんだなとユリアがつぶやくと、すかさずフェリックスが自分にも爵位があれば、とアピールしてきます。

しかしユリアがフェリックスは今も十分役に立っていると伝えると、とても嬉しそうな顔をしました。

 

ユーストとベヌース伯爵が爵位を返上したと伝われば、他の貴族たちはとても迷うでしょう。

でも、爵位の返上を決断するのは簡単ではないはずだとユリアが言うと、ベヌース伯爵とユーストはふふっと笑います。

 

どうして笑うのかとユリアが尋ねると、他の貴族たちにどうやって爵位を返させるか考えるのは彼らの反応を見てからの方が良いとベヌース伯爵は言い、ユーストもそれに同意したのでした。

 

ベヌース伯爵とユーストの発言を聞いたときは、こうもすぐに、大勢の貴族が爵位を返上してくれるとはユリアは想像していませんでした。

フェリックスたちの忠誠心に、ときどきモヤモヤするユリア

貴族から回収された印章は世襲されない爵位として再び与えられる予定です。

印章にはフェリックスの手によって、受け取る人にだけ権限が維持されるという複雑な魔法がかけられます。

 

その魔法は難しく、フェリックスはげっそりした顔でユリアの前に現れましたが、休んでも良いというユリアの言葉をフェリックスは拒否しました。

陛下の側で働けないとダメなんだと訴えるフェリックスの忠誠心やキラキラした目に、ユリアはときどき心が痛みます。

 

がんばっているのはユリアとなったつぐみ自身ではありますが、でもここまでうまくいくのは結局ユリアの姿だからではないかと、今はユリアであるつぐみはときどき思うのでした。

 

あるとき、ユリアが羨ましい気持ちが高まり、自分だったら死んでも死にきれないだろうとつぶやいてしまったのをベヌース伯爵が聞いていたのです。

死なれては困りますとベヌース伯爵に声をかけられたユリアは心臓が止まるかと思うほど驚きました。

 

ベヌース伯爵は新年の舞踏会の話をしに来たのでした。

ユリアになったのが9月、それから慌ただしく働いて、あっというまに年末です。

 

新年の舞踏会は社交というよりも、政治的な目的が強いものです。

今年こそしっかり準備していただきたいが、まさか忘れていたわけでは…とユリアが舞踏会のことを忘れていたことはベヌース伯爵にはバレバレでした。

 

しかしユリアは、ベヌース伯爵が新年の舞踏会では以前のユリアが間違った命令で幽閉したり、追放した者の復権を正式に公表するべきだと提案してくれたのは覚えていました。

 

また過去2年はユリアがおかしかったり、フェーズ公爵の不正があったりで国中が混乱していたので、今度の新年舞踏会ではランチェア出身の貴族に加えて、他国出身の貴族も招く予定です。

つまりユリアが帝国を統一してから、初めての公式行事でもあるのです。

 

それは帝国に降伏し、協力的な元「王族」を呼び戻すことでもありました。

降伏した王族の命を助けたユリアは、彼らを2つの方法で管理していました。

 

一つ目は爵位を回収し、指定された領地で平凡に生きること。

二つ目は名誉爵位を与える代わりに領地はなく、首都で暮らすことです。

 

二つ目の方法は、どちらかというと危険人物である可能性がある者を監視するために使われていました。

 

小説ではユリアが傍に置いていた元「王族」は二人いました。

ついに彼らに会える、とユリアは思います。

小説の中の悪女皇帝になった47話の感想

ユーストやフェリックス、ベヌース伯爵がここまで協力してくれるのは結局自分がユリアの姿だから…ユリアが羨ましい…と思うつぐみは、本当に真面目な性格なんですね。

でもユリアが死んでしまう結末を避けられたのも、スチェータ地域の問題をうまく解決したのはつぐみであるユリアだから、つぐみはもっと自信を持って良いのではないのではないでしょうか。

 

特にベヌース伯爵はここ最近のユリアの実績を見て判断しているように思います。

 

ところで小説にも出てきた元「王族」とはどんな人物なのでしょうか。

ユリアが傍に置いていたということは、彼らもユーストたちと同じくらい頼りになる存在なのでしょうね。

まとめ

今回は漫画『小説の中の悪女皇帝になった』47話の見どころやネタバレ、感想をご紹介しました。

 

ベヌース伯爵に続き、ユーストまであっさりと爵位を返上してくれたことにユリアは驚きました。

しかしフェリックスを含む彼らの忠誠が、本来は元のユリアに向けられたものであることを思って憂鬱になるときもあります。

 

そんなとき、ユリアはベヌース伯爵からまもなく行われる新年舞踏会について提案されました。

今度の舞踏会で、ユリアはようやく小説に出てきた元「王族」たちに会うことになるのです。

≫≫次回「小説の中の悪女皇帝になった」48話はこちら

おすすめ無料漫画アプリ

マンガMee
マンガmee
公式サイト
  • マンガMeeは、集英社が運営するマンガアプリ。
  • マーガレット・りぼんなど、集英社の少女漫画の最新作や過去作品も多数配信。
  • 面倒な登録不要。
  • ダウンロードはこちら
FODプレミアム
FODプレミアム
公式サイト
  • FODプレミアム会員限定!対象のマンガが読み放題!
  • 青年マンガから少女マンガまで幅広いラインナップ
  • アニメ化作品もあるよ♪
  • ダウンロードはこちら
マンガPark
マンガPark
公式サイト
  • 初回ダウンロード限定:30話分無料で読めるコインを全ての方に配布中!
  • 白泉社の全レーベルが集結!大量のマンガ作品を配信
  • マンガParkでしか読めないオリジナル作品が続々登場!
  • 日常漫画からホラー漫画まで幅広いジャンルが無料で読める!
  • ダウンロードはこちら
マンガがうがう
マンガがうがう
公式サイト
  • 双葉社双葉社発のまんがアプリ!
  • 小説家になろう発の異世界・転生マンガが大集合!
  • 「がうポイント」を使って、毎日無料で読める!
  • 30日間無料で読み返せる!
  • ダウンロードはこちら
Pixco | ピクコ
Pixco | ピクコ
公式サイト
  • オリジナル漫画を誰でも作れる完全無料の漫画アプリ
  • 人気のある漫画を一瞬で探せます。
  • スキマ時間に漫画が読める
  • ダウンロードはこちら